月別アーカイブ / 2022年06月


7月1日より鎌倉御朱印工房様より、僕がデザインした御朱印帳が発売されます。

詳細は明日のブログで。



8月7日(日)第2回お寺で御朱印帳作りとバナナアートワークショップ開催決定。


暑いとひんやりした床との接地面積増やすためか、この体勢になる。
だから、エジプトのスフィンクスはこの座り方なのかな?
エジプトの猫もこんな感じでよくこのポーズで休んでいたから、それをモデルにデザインしたんじゃないかなって、まりもちゃんを見ながら思った。


お世話になってる方からボイスエフェクト・サンプラー「PO-35 speak」が届いた。
子供へのプレゼントなのだが、自分もハマること間違いない。


この基盤剥き出しのようなデザインも好み。


さっそく試す。 慣れてきたらいろいろ出来そうだな。
とても感謝!


去年の9月にスーパーで買ったジャガイモをひとつだけ水につけて水耕栽培していた。
今年から出てきた葉が育ち始め窮屈そうだったので、鑑賞用の水耕栽培をやめて試しに土に埋めてみた。
それから約3ヶ月後、ジャガイモ豊作。
埋めた本人が一番驚く。


しかも大きくて立派。


彼曰く「以前行ったジャガイモ掘りの時よりも大きい」そうだ。
ひとつはジャガバターにしよう。




正面はCQデザイン、裏面はアマチュア無線の説明。

この部屋が1年経って



完全な遊び部屋になる。

屋根の断熱処理も半分以上終わり、この時期でも過ごせるほど室内温度は下がった。



久しぶりにGoogleマップでぶらり旅 。
今回はバングラデシュの圧巻選挙ポスター。万国旗状態。





よく見ると候補者と共にリンゴだったりパイナップルだったり記されている。
これは文字が読めない人でも図柄で投票できるようにしているのだ。
なるほど、これで誰もが投票できるという仕組みだ。


拡声器やシーリングファンも。
これ、自分で決めているのかな。
それとも図柄は選管から与えられて、選べないのかな。
「私もパイナップルが良かったな」なんて思いながら選挙活動してる人がいたりして。




8/7(日)第2回お寺で御朱印帳作りとバナナアートワークショップ開催決定。
前回大変好評だった鎌倉御朱印工房様とのコラボワークショップ。
開催場所は港区芝公園にある宝珠院様。
御朱印帳を作ってバナナにアートする充実の午前中を是非どうぞ。


◆時間
10:00~10:15  受付
10:20~11:00 御朱印帳作り
11:00~11:10 休憩
11:10~11:50 バナナアート
11:55~     お詣り&御朱印

◆参加費 3,200円 
 ※製作する御朱印帳は大判サイズです。
 ※布をご希望の場合は追加料金になります。100円(大判サイズ) 150円(見開き)
 ※見開き御朱印帳サイズをご希望の場合は 追加1500円

◆講師 
 御朱印帳作り  一宮ゆかり (鎌倉御朱印工房)
 バナナアート  エンドケイプ

◆予約
上記からお願いします。

※宝珠院では予約を受け付けておりません。こちらの予約サイトからお申し込みください
※申し込み完了後はチケットがメールで送られてきますので、当日の受付時にそちらのチケットを提示してください。
※チケットの発行時は無料と表示されます、参加費は当日直接お支払いください。
※今後の社会情勢によっては中止になる場合もございますので、ご了承ください。
※持ち物は特にありませんが、洋服の汚れなど気になる方は、エプロンをお持ちください。

作曲家と組んで歌が出来上がる過程が楽しい。
それをボーカルが自分の味付けで調理する過程も楽しい。
要するに作詞は楽しい。

エンドケイプ プロフィール : エンドケイプ 公式ブログ
クリエイター (作詞家・バナナアーティスト ・ 室外機マニア・ ニッチプラモコレクター・サバゲー・キャンプ) アマチュア無線3級お仕事案件・ご相談は僕の連絡先: endcape@sonzai.net までお願いします。(TV出演のご依頼に関しては提携事務所 FIT https://fit-fan.co.jp/
lineblog.me
ねぇワンハンドレッド|エンドケイプ|note
古くなったパッキンの蛇口の先から、何時間もかけてゆっくりと水がにじむ。それがシャボン玉のように少しずつ膨らみ一定の重みになると、雫となりシンクに落ちる。たった一粒の水が重い音を響かせる。  台所の床に敷いた冷たい布団の中で、ノエコはひとりその音で目を覚ます。そして、鳴る前の目覚まし時計を止める。毎朝この調子だから、時計が本来どんな音を鳴らすのか忘れてしまった。  しばらく布団の中で、直前まで見た夢を思い出そうとするが、頭の中にはシンクに落ちる水滴の音だけが残っていた。まるで自分の脳内にステンレス製のシンクがはめ込まれているようだった。 欠伸をしながらゆっくり起き上がると、調味料置き場に
note.com

カーボン凍結されたハン・ソロの居場所(置き場所)がやっと決まった。
一年前からDIY中の秘密基地の壁上部、そこにまるで計算されたようにピッタリとハマった。


きれいにハマりすぎだろ。
しかも、
ちょっと内装としてもクール(凍結だけに)。



好評を博している室外機スカルTシャツに、全面デザインTシャツが仲間入り。

この夏いかがでしょう。


そういえば先日久しぶりにトークライブに出て話した。
まぁ、室外機の話をしたんだけど、有観客ライブは楽しいねやはり。
他の演者さん若くてね、僕ひとりでビール飲んでるのよ。
お客さんと共に酒飲んで話すのがデフォルト(個人的見解)だと思っていたから、ロフトのトークライブでそんなひとり酒みたいな演歌的世界になるとは想定外でね、酒量を控えたよ。さすがに。
時代だね。


今日は窓と屋根の隙間のベニヤボードスペースが少し寂しかったので、




板を天井の角度に合わせて一枚一枚カットしてニスを塗り




ピッタリ貼りあわせて




山小屋風に。



角を添えればそれらしくなる。


「今だけ〇〇円!だからお得!」の「今だけ」はいつまでなのか。
この「今だけ」という非常に便利なうたい文句はとても幅広い解釈が効く言葉だ。
明日までかもしれないし、10年先かもしれない。
「今」という定義がとても難しいなと様々な広告を見て思うのである。


ラジオステッカーを貼りたいと渋谷のロフト9の店長に頼んだところ、喫煙室に貼って良いとのことでぺたり。



その日いた方々のスマホにぺたり。



歌舞伎町の飲み屋に貼られていたあべみほにもぺたり。
(あとで怒られるとアレなので、本人にLINEで事後報告済み)








そんなラジオ「不適切なワンダーランド」は市川うららFM  83.0MHzで毎週土曜日22:30-23:00 (30分)で聴けるので是非どうぞ。
PC、スマホの方はこちらから直接→ 市川うららFM

トークライブ終了後にコールサインのカッティングシールをいただいた。
嬉しいねぇ、こういうシールが欲しかった。
しかもカラーは四種類。
さっそく車にぺたり。
いい感じだ。
ありがとうございます。

当日
2日後
4日後

バナナアートは毎日その表情を変えるアート。
ここまで黒くなっても、バナナ自体の劣化はないから中身は真っ白で美味しくいただける。
バナナアートは変化を楽しむ生のアートでもある。
作品が日々変色していく様を劣化と捉えずに、変化と捉える。劣化を悲しむのではなく、変化を楽しむということ。
そんな価値観も大切なので、学校のワークショップでも子供たちにそう教えている。



是非ワークショップに呼んで下さい。


12日の日曜日は渋谷のロフト9でトークライブ。
「今、誰かが作った何かをきっかけに 創ったモノを見ていた者達が集い、 愛するものとして語り合う昼下がり」


OPEN 12:00 / START 12:30
★会場チケット 前売¥2,000/当日¥2,500(飲食代別/要1オーダー¥500以上必須)
“魅力溢れているのに、世の中にまだまだ愛されていない(評価されていない)”そんな愛するものを
愛わなび、エンドケイプ、シバノソウ、しんのすけ、ベテラン中学生が寺田寛明に熱くプレゼンするトークライブということで、お時間ある方是非どうぞ。
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/217587
詳細は上記より。


【超緊急開催6/12(日)OP12:00/ST12:30】
「今、誰かが作った何かをきっかけに 創ったモノを見ていた者達が集い、 愛するものとして語り合う昼下がり」
と、いうトークライブにゲストで出ます。
場所はLOFT9 Shibuya(渋谷)。
“魅力溢れているのに、世の中にまだまだ愛されていない(評価されていない)”そんな愛するものをゲスト達が熱く語り合うという内容で、一週間前に突然出演が決まる。
なかなか面白そうなテーマなのでお時間ある方は是非どうぞ。
会場観覧・有料配信どちらもあり。

楽しく乗っている愛車について、トヨタが運営するサイト「GAZOO」に取材していただきました。

この規模のベランダのない建物の多くは屋上に室外機を集約させるタイプが多いので、ひとつひとつを室外機専用ポケットに設置しているパターンは意外とそんなに多く目にする機会がない。

この均等にぶつぶつした感じが、規則性のあるハチの巣のようで割とくせになるのだ。


このタイプの王といえば、



湯島ハイタウンである。
室外機の王でもあり、ぶつぶつの王だ。
何度か訪れたが圧巻の一言に尽きる。

詳細はこちら。



それはそうと、全然関係ないのだが、

昔と違って、独りぶつぶつ喋りながら歩いている人が

果たして通話中なのか、唯の独り言なのか見分けがつかない時代になってきた。

以前なら100%ぶつぶつ言ってる人は、本当にぶつぶつ言ってる人だったが、今はそうとも言えない。

と、いう事は堂々とぶつぶつ独り言を言える時代になったとも考えられる。

街でもし僕が一人で「そうなんだよね、もう笑っちゃうよ」なんてぶつぶつ言っていたら、それは電話ではない。本当にぶつぶつ言ってるので、優しく見守って欲しい。



オリジナルデザインの御朱印帳“プロトタイプ”が完成。
写真でも少し判るが、表面は布地でしっかりしていて、とても良い質感。
すでに予約も入り大好評だそうです。
細部マイナーチェンジした後に、近く鎌倉御朱印工房様より正式販売開始。
楽しみ。

↑このページのトップへ