月別アーカイブ / 2021年04月

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2630.JPG
5月といえば、2年前。
令和最初の5月のドコモカレンダーが僕の作品だったのは嬉しい思い出。
この制作、想像の数倍大変だったな。

それはそうと、
『今日で4月最後』より『明日から5月』という視点の方が、人生のいろんな部分でプラスになる気がする。気持ちの置き方の問題ね。


昨今キャンパーのマナーの悪さが度々メディアに取り上げられている。
そのひとつが火の不始末だ。
炭の扱いはきちんとして欲しい。
必ず所定の灰捨て場に捨てること。
それがなければ持ち帰ること。
軽い気持ちで他のゴミに混ぜてはいけない。
どんなに消えていると思っていても炭は再燃する。
そもそも炭の処理を考えずにキャンプやBBQをしに来てはいけない。
事前にきちんと知識を持って挑もう。
適当にゴミを捨てて帰る人は本当に情けないぞ。
おっさんに「ぷんすかぷん」とか言わすんじゃないぞ。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2578.JPG
ニトリに安くて平らに折り畳める棚があったので衝動買いして車に積んでいた。
これがキャンプで予想以上に活躍してくれる。
なによりも『高さの概念』を持ち込みにくいテント内が、これひとつで立体的になり収納だけではなく豊かさが増した。
上部にはスマートタップのモバイルバッテリーとコールマンのLEDランタン、下部には調味料とダッチオーブンを置いた。
圧倒的なお値段以上。
ありがとうニトリ。
今もいろいろアウトドアの展開はしているが、もっともっとキャンプ寄りの商品を出してくれたら嬉しいな。




千葉にあるCampingGREENでソロキャンプ。
その様子を動画で短くまとめてみた。
もうとにかく癒しの時間だったな。
早く次のキャンプも計画したい。
先日、終電間際の乗り継ぎで池袋駅の構内を歩いていたら学生達が大勢で座り飲みしていた。
そんな状態だから酒の販売停止は当然だよね。
これじゃ若い子たちの感染率は下がらないと思ったもの。
学生よ、今は群れずにひとりでキャンプ行って緑の中で自分と向き合い枝でも拾ってろ。
それが将来役に立つ。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8101.JPG
本日土曜日は22:00〜
ラジオ市川うららFM『不適切なワンダーランド』



そしてその後からは、

p_mainv.jpg
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3 』4話放送・配信開始
TOKYO MX……22:30~
BS日テレ……24:00~
バンダイチャンネル……23:00~

西川貴教さんが唄う主題歌『Judgement』リリース中!

『Judgement』本日リリース。

それに合わせて西川貴教さんのインタビューで僕の話も出ているということでチェック。


「エンドケイプはナイスガイでね」とか言われていたらどうしよう。


結果、


「ずっとエアコンの室外機ばっかり見てる人だし」

「……」

結論:間違ったことは言ってない。



キャンプでテント設営動画を撮っていた。
すると後半…
テント型の虹が。
いにしえの言い伝えでこうある。

そのテント、虹をまといて千葉の野に降り立つべし。失われた大地との絆を結びついにキャンパーを清浄の地にみちびかん。

これが噂のテントの神様。
よし、完全に宿ってくれた。

0FuOp_gPW8.heic

楽しいコンテンツに参加。

ありがたいね、本当。

感謝だ。


昔、超絶ブラックな会社で長いこと働いていて、その時の経験をフルに活かして書いた小説がひょんなことからケータイ小説になった。

そのハンドルネームが『エンドケイプ』。


当時はとてもしんどかったけど、それがあるから今がある訳だ。

そう考えると人生の選択肢の是非を早い段階で決めるのはよくないな、と。

人生、ある程度流されつつも舵取りは自分自身だけどね。

現状どんな違う畑にいようとも、やりたい方向を向いていれば、少なくとも後ろに進むことはないからね。
何が言いたいかというと、文句ばかり言ってるとミライが作れないということ。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2414.JPG
本日4月17日は『恐竜の日』である。

アメリカ自然史博物館のロイ・チャップマン・アンドリュースが化石発掘のために出発した日にちなんでいるようだ。

化石は浪漫だ。

その瞬間を閉じ込めたまま時間を超えて未来へ進む。
人間が見つけた化石なんて全体のほんのわずかだろう。
この大地には膨大な過去の記憶がまだまだ埋もれている。

バナナの化石がどこかにあってもおかしくはない。
いつか見つけてみたいなバナナの化石。




そして、17日は土曜日。
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3』の第3話の放送日。
OP曲『Judgment』は来週リリース、よろしくね。



先日ディーラーの人が車移動させるためにエンジン起動させて、この子に驚いていた。
スマホ充電時以外でも、わずかな電圧のブレによるものなのか、走行中にたまに喋り出すから面白い。今日は曇天。
通っているジムは人が少なくゆったり静かに泳ぐことが出来た。
アンニュイな気分で泳ぐ平泳ぎは最高である。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2365.JPG
雑誌の撮影で原宿へ。
事務所も原宿なのだが、向かう機会はめったにないし、このコロナ禍だ。
なんだか久しぶりの都内である。

そんな原宿は思い出深い場所だ。
10代の頃、中国留学へ行く前にバイトしていたのが原宿だった。
魚をメインとした少し高級な居酒屋だった。
そこで僕はなぜか「太郎」と呼ばれたっぷり働き、たっぷり叱られ育った。
店には店長とメインの板前さんがふたりいた。
そのひとりは今の僕くらいの年齢かそれ以上で、とても寡黙なお爺ちゃんのような顔立ちなのだが、髪はソフトモヒカンでばりばりのスケーターだった。
ストリート系のTシャツに短パン、VANSのスニーカーを履き、使い込まれたスケボーで開店前の店に来ていた。
まだ17歳の僕はそのライフスタイルがとても新鮮で「これが原宿というものか」とカルチャーショックなのか感動なのかよく判らない混沌とした気持ちになったのを覚えている。
その年配の板前さんがまるで原宿の象徴であるかのようにキラキラして自由に見えた。
そして、生き方に年齢は関係ないんだという気持ちが急激に芽生え始めた。
僕の中で『年齢を足かせにしてはいけない』というポリシーがあるのだが、その考え方の根底には板前さんの存在がある。

人は外見や生き方と年齢を比例させたがる、その方が安心できるからだ。
でも時としてそれは自分を誤魔化す結果にもなる。
もっと自由に縛られない生き方をすればいい。
何歳だから、こうあるべきだという思考は本当に旧時代の考えだ。
それに従うのが正解のような社会のシステムも同じく古いガラクタである。
どんなに小さな夢でもいい、どんなに大きな野望でもいい、年齢でその抱いたものを隅に追いやるのは間違いだと僕は思う。

居酒屋のみんな、元気かな。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2361.HEIC
CUNEの室外機Tシャツ。
なんともたまらないデザインである。
この室外機シリーズ、少し前の展開なのだがアウターやバッグ等いろいろ関連アイテムがあるので、集めていけたらいいなと思っている。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2341.HEIC
室外機といえば先日面白いものを見つけた。
こちら牧場にあったミルク冷却システムの室外機だ。
なかなか無骨で野性的なデザインである。
そんな室外機が繊細なミルクを冷やしてくれるなんて、照れ屋の力持ちみたいでいいよね。


p_mainv.jpg
10日土曜日『Thunderbolt Fantasy #東離劍遊紀3 』2話放送・配信開始。

TOKYO MX……22:30~
BS日テレ……24:00~
バンダイチャンネル……23:00~
ほか各配信サービスで!

こんなニュースがあった。

賠償も大切だが、やはり本人たちが積極的に復旧に参加することが何よりも大事だと思う。

昨今SNSはこういうことがあると、「ざまあみろ」というような溜飲を下げるだけのような書き込みで溢れる。

だが、それだけでは何も産まない。

彼らの人生を削るだけである。

削る制裁ではなく、伸ばす制裁こそ、社会全体が良くなるものだと僕は信じている。

今回その復旧費を賠償したところで彼らが罪の重さを心から感じる機会を得た訳ではない。

大人に混ざって自分たちが破壊したすべり台を元通りにすることが、物を作る苦労や社会に混ざる意味を知るきっかけとなる。

制裁とは潰すことではなく再生させることでもあるのだから。


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2290.HEIC
明るい時間から呑む酒はうまい。
よく行くおでん屋さんは3時からやっている。
そこで飲んでいると、ぽつりぽつりと常連さんがやってくる。
そこで他愛もない会話をする。


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2291.HEIC
最初はビール。
2杯目からは、おでんの出汁を焼酎で割ったダシ割を飲む。
赤羽の方では日本酒で割るが、横浜では焼酎で割る。
酒はおでんの沈殿物で濁り、それが旨みになっている。
呑みながら、同時におでんを食べているような究極の酒だ。
ここに梅干しを入れてもいい。
そして、適度に飲んだらさくっと帰る。
それでもまだ外は明るい。

のんびりと散歩しながら帰る。
そういう時、良いアイデアが浮かんだりする。
出汁が脳内を巡る。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2242.JPG
SNSを見ていると、あらゆる諸外国の批判がある。
個人的に他国批判は場合によってはしていいと思っている。
時としてそれは自国のためでもあるし、世界秩序を守るためでもある。
声をあげることは悪くない。
ただ、
批判の書き込みがその国に住む人達にまで及ぶことがある。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いなんて言葉もあるが、
その国の人間全員が悪であるかのように、攻撃対象が逸脱してしまっている。

国と人は違う。

一度でもその国に行けば判ると思う。
どの国にもいい人も悪い人もいる。
批判して良いのは政策やシステム、それを指導する立場の人間であり、憎悪の対象がその国に住む子供から老人にまで広がったら人として終わりである。

なんて、
SNSを眺めながら感じた今日此の頃。
写真は不満顔のまりもちゃん。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2285.JPG
MA-1はMA-1だが、これはちょっと変わり種。

ポロラルフローレンのMA-1である。

非常にしっかりとした出来で、中綿は固め少なめ(家系ラーメンみたいな表現だが…)だからキュッと引き締まっている。
そのためか一般のMA-1よりもフワッとした感じがなく、重みがある気がする。
シルエット的にはしっかりとしたL-2Bのようである。
胸のネームはRALPH LAURENになっており、遊び心満載。
すでにパッチ類が汚れるまで着ているが、それはそれでいい味になっている。
痩せ型の自分は、なかなか合うMA-1の形がなく難しいチョイスなのだが、これは丈や質感共に気に入っているし、なによりもミリタリースタイルのラルフローレンというギャップが楽しい。

JACKET:RALPH LAUREN/ MA-1
Pants:WAREHOUSE

写真:Masakiyo Tanaka

エンドケイプのアメカジ属性33 : エンドケイプ 公式ブログ
TOYS McCOYユーティリティジャケット"VF-17 ジョリーロジャース"がシンプルの中に個性が溢れ楽しく、割と下に何を着てもしっくりくる。だから、下手するとこの季節ちょっと外出する時はいつもこれを着てしまったりする。ジャケット前後には第17戦闘飛行隊のスコードロンマー
lineblog.me

EyCmTL8VcAIFrRp.jpg
僕のネーム入り刺繍パッチや子供のスカジャンなども作ってもらっている、
SHISHUMANIA氏の個展に行ってきた。
相変わらず突き抜けたクオリティ。


ちなみに僕が着ているシャツの左胸…

そこにもワンポイントで彼の刺繍が。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2275.HEIC
本当この存在感たまらん。


p_mainv.jpg

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀3』

第1話、4/3(土)22:30~放送・配信。

・TOKYO MX……毎週土曜日 22:30~
・BS日テレ……毎週土曜日 24:00~
各配信サイトはこちらをチェック

お楽しみに!!

↑このページのトップへ