月別アーカイブ / 2020年10月

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0402.HEIC
まるで2匹いるようなまりもちゃん。
鏡や壁に映った姿を見ると、その先に世界が続いているように思える時がある。
もしかすると、
その反対側の世界こそが実は本当の世界かもしれない。
でも僕たちは、基本そうは思わない。
こちらが本物だと信じている。
それこそが思い込みだ。
思い込みはそう簡単に解けやしない。
間違っているなんて微塵も思っていないから。
実際、鏡の向こうにはきっと何もない。
真実の世界も、もうひとつの世界もないだろう。
ただの光の反射だ。
でも、何事も疑ってみるべきだと僕は思う。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0401.HEIC
それが新しい発想を生むのだから。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0328.HEIC
雨の合間を縫うように晴天を選んでキャンプ。
自分は設営が楽しいワンポールテント派。


そして、
キャンプで必ず僕が作るのは天ぷら。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0320.HEIC
今宵の食材はタコ。
水とみりん・醤油・砂糖に調理酒で出汁を作り、ほどよく煮込んでタコを柔らかくほぐす。



_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0321.HEIC
そしたら衣をつけてダッチオーブンで揚げる。
180℃程度で数十秒かな。
出汁も衣も基本全て目分量で作るが、油の温度だけはしっかりデジタル温度計で調節しながら作っている。
温度だけ真面目にやれば、なんでもそこそこ美味くなる。
ちなみに、てんぷら粉には水と卵ではなく、水とマヨネーズがおススメ。
マヨネーズはよりサクサクになって、味に重厚感を増してくれる(気がする)。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0323.HEIC
あっという間に外側さっくり、中はジューシーなタコ天の出来上がり。
割とこのまま食べても美味しいし、塩やマヨネーズでもいける。
そして、あらゆる酒にマッチするぞ。

キャンプで天ぷらは意外と簡単かつとても楽しいし、あまりの食材を天ぷらに出来ちゃうのでとても便利。是非どうぞ。
ただ、油の処理は必ずしてね。
100均でも油の凝固剤は売ってるので、しっかり固めて持ち帰ること。
間違っても地面や流しに捨てないように。
ルール・マナーはしっかりと。

本日発売!はやく飲みたい。

バナナヨーグルトとカルピスなんて最高の相性だと飲む前から断言できる。

10月20日の新フレーバー、果たして何か判るかな?
公式Twitterで発表されるのが待ち遠しい→ https://twitter.com/calpis_mizutama

0G5A0258.JPG
TOYS McCOYユーティリティジャケット"VF-17 ジョリーロジャース"がシンプルの中に個性が溢れ楽しく、割と下に何を着てもしっくりくる。
だから、下手するとこの季節ちょっと外出する時はいつもこれを着てしまったりする。

ジャケット前後には第17戦闘飛行隊のスコードロンマークで馴染みのある海賊旗が、はためいている。
スカルと言えば『超時空要塞マクロス』ロイ・フォッカーのスカル大隊を思い出す。
かっこいいおっさんだった。
おっさんに見えていたが20代である。
そしてそんなおっさんの年齢をあっという間に僕は超えていた。
ちなみにロイ・フォッカーのバルキリー機体が白・黒・黄色で目立つカラーリングにしているのは、未熟な一般パイロットを庇うため高視認色にしているからである。
ここ、テストに出るので覚えておこう。


HAT:THE H.W. DOG&CO
JACKET:TOYS McCOY U.S.NAVY N-3 HBT UTILITY JACKET" VF-17 JOLLY ROGERS "

写真:Masakiyo Tanaka

0G5A0907.JPG
バズリクソンズのType L-2B "18th TAC. RECONNAISSANE SQUADRON"である。
パッと見るとMA-1によく似ているが、ライニングが薄くMA-1特有のモコモコ感がないから体のシルエットをしっかり出す事ができる。
そしてジッパーエンドにフラップが付いていたり、肩章が付いていたり細部はだいぶ違い、1950年代中頃より長期間に渡り採用されていた。
そのカスタム"18th TAC. RECONNAISSANE SQUADRON"は、戦術偵察飛行隊でベトナム戦争において任務についていた一部隊である。
電に乗ってスコープを覗く姿が描かれた大型パッチは独特な雰囲気を醸し出す。

先に述べたようにMA-1ほど厚みも保温性もなくとても軽いため、この季節にぴったりである。

嗚呼キャンプ行きたいなぁ。


JACKET:Buzz Rickson's "18th TAC. RECONNAISSANE SQUADRON"

写真:Masakiyo Tanaka

0G5A0312_edited.jpg
雑誌の撮影。
撮影日和。
秋だねぇ。
この景色だけ見てると、とてもコロナの年には見えないんだけどねぇ。
姿の見えない相手が一番やっかいだ。
コロナもネットの世界もそう。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6386.JPG
以前、テレビ東京さんで放送された『凄技★クラフトマン』がどうやら再放送されたようで、友達から見たよってLINEきた。
その時に彫った作品がこちら。
小峠さん。

バナナに人物を彫る場合、髪の毛を描くのが大変なのだ。

その点、
バナナートと小峠さんの相性はいい。

理由は言わずもがな。

↑このページのトップへ