人生においてみなさんどうしても何を選択するかに重きをおきがちですが、

私はこう思っています。

何を選択しないかも重要だと。 

何を選択しないか
何を選択するか


で人生は変わると…わたしはそこを大切に選択しています。

世の中にはしたいことで溢れている。

物も人も溢れている。時間も物でも人でもあふれています。

あるものをみんなしてみたい! みんなほしい!全部全部!では
人生の限りある時間の中ではこなし切れません。

だから毎日何を選択するのか。
自分の人生には何が必要で何がいらないのか。

よく考えてみてください。

選択の基準をじぶんで明確にしておけば選択がたやすくなります。

 

例えば

友人に英語会話講習を誘われました。
自分は海外にいくこともないし、 英語に興味はない。
けれど付き添いでいくべきか? 私なら行きません。
そこになんらかの価値を見出したのなら行きます。
英語を使うことの可能性をみてみたい。

でも、
価値を感じてないなら、
その時間で自分がしなくてはならないことに時間をおいた方が ためになります。

その友人も嫌々付き合われるより、
他の同じモチベーションの方と行った方が楽しいかもしれません。
時間は永遠ではありません。 限りがあります。

人生は選択の連続です。

人生のしたいことを明確に選ぶ必要があります。

 

毎日での選択の連続が自分の人生と運命が決まっていくのです。

あなたの選択はあなたの未来に必要ですか? 一呼吸おいて考えてみてください。

私はそう思って些細なことも真剣に選びとっています。

あなたの未来はあなたの何気ない選択からすべてが決まっています。

あなたの本当にしたいことは何ですか?

自分の未来をつくるのは貴方です。


_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5497.JPG



 みなさんに私から質問です。
やりたいように生きてる?毎日楽しい?

私は昔から人の目を気にしないタイプ。
※意外と言われますが、ヤンチャな劣等生タイプなので、
本当に誰かの目を気にして生きたことがあまりありません。
でもお悩みの方の話をきくと周りにはなんと人の目を気にして生きている方の多いことか!
心が素直でステキな方ほどじぶんに何かに制限かけて生きておられることが多いです。

なぜだ!!!
親の目や世間体、自分の正しいと思っている価値観それは、してはいけない。
自分のしたいようにはしてはいけない。
Noであふれてる人生。
日本人は(というと語弊があるかもしれませんが)自分に制約をかけたり、制限することを善しとする文化なので、そういう概念が身についてしまうのかもしれませんね。

誰に遠慮する必要があるのですか!
あなたの人生はあなたのもの!
あなたがしたい!
気持ちよく生きるために選んでいい!


幸せになるために遠慮する必要はありません。
誰かのために人生を歩んでいる人が多いですが。
人生はあなたの為のものです。
誰かのために生きてもその人は責任はとってくれません。
親ですら、あなたの人生を制限する権利はないのです。

だってあなたの人生はあなたが主役ですから。

自分に制限や制約をかけている人ほど承認欲求が強く、なにかのタイミングで爆発して物事がうまくいかないこともあります。
まずは思い返してみましょう。
あなたは自分のために生きていますか?
女性は、仕事も時間も愛もすべて手に入れてもいいのです。
自分の人生を歩み、あなたが幸せになるための選択をしていいのです。
愛と仕事は両立出来ないという方もいるけれど、それは絶対ありません。
私がお仕事をして出会った方々は叶えられています。
あなたが幸せになるために必要なことはたった一つ。

自分がじぶんを幸せにすると決めること自分は幸せになる!
と信じることです。

さぁあなたの人生を幕開けさせましょう。
楽しくてしょうがない人生がまっています。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4596.JPG

みなさん、コンプレックスをお持ちですよね?
女の子らしく見せたいのに、男っぽくしてしまう。
強くみられがちだけど、実は弱い
男の子なら、見た目は男らしいけど、実は甘い物が大好き
顔つきは可愛いタイプだけど実は男っぽいとこが…。

でも皆さん…
自分だと他人に見られなくないと思うコンプレックスでも。
実はそんなギャップに惹かれることは往々にしてあります。
皆さん、ギャップはお好きです。

いつも強気な女の子がちょっと女の子っぽい物が好きだったり…
女らしく料理なんかしたらドキッとしてしまいます。

男の子でも男っぽい感じなのに、
少年のように何かに夢中になってたり
可愛い笑顔だとドキッとします

女の子でも男の子でも
あれ…意外と思ってた印象と違うな…と思うと少し気になり。
いつの間にか惹かれてることもあります。

自分のコンプレックスをよいギャップとして強みにしちゃいましょう。
そのためには自分を知ること!!
ギャップを味方にしよう


plnZYTfc7R.jpg

↑このページのトップへ