皆さん、薄々は感じていると思います。今もこれからも結婚のスタイルは昔の我々の親の時もスタイルと随分変わってきています。

出逢いもその後も…。結婚への道も…。 

待っていれば誰もが自然と結婚できる…

という我々の親世代の流れは残念ながら消失しています。 

もちろん素敵な縁に巡り合い、自然に結婚した方もいらっしゃると思います。しかし昔でも恋愛結婚は15%ほど、あとはお見合いなどを経て結婚しています。そのお見合いやご近所さんのおせっかいな方があちこちにご紹介という流れがなくなってしまった。今も恋愛結婚の割合は変わってないそうです。他の結婚のスタイルが少なくなってしまった。昔が良かったという訳ではありませんが。 

ぼーっとしていてもいつか王子さまが いつか、現れるというのは、現実には起こりえないのです。

なので自分が積極的に動かないといけません。ぼーっと毎日会社と家の往復。そのうちなんとかなるか…というのは。

なんとかなりません!510年なんてあっという間に過ぎてしまいます。思ったら吉日!

友達に紹介をお願いするのでも、婚活パーティーに行くのでも、お見合い相談所に行くのでもいいと思います。

趣味の会に行ってみる、男女混合でする趣味を始めてみる

何でもいいのです

勇気を出して一歩踏み出しましょう。


_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3825.JPG

恋もビジネスも自分を犠牲にしてはいけない!!
女性の正しいしあわせのためにサポート事業をしています。
クリエイティブディレクター寺嶋美穂です。
わたしは全国でイベントプロデュース、企画運営を行っています。


2回ほどメディア取材を引き受け、掲載させていただきました。
婚活のイマを知る。
婚活アドバイザーmihoさんとして掲載されました。

面白いテーマだったので、記事を一部シェアしますね。
(解答はわたくしが行っております。)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年「どうしても結婚したい!」女性たちへ。ムダのない婚活ベストプランは?

_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3825.JPG


結婚相談所、婚活パーティー、マッチングアプリ、相席居酒屋…。
昨今、婚活ツールは増えてきていま
すが、色々と手を出していると時間的にも精神的にも消耗してしまい、疲れてしまいますよね。

そこで今回は
「2017年中に婚活を卒業したい!」と本気で考えている女性へ向けた婚活ベストプランを、婚活プロデューサーの寺嶋美穂さんに聞いてみました!

ネットを活用するならならマッチングアプリ。
対面が得意ならシングルズバー?



ーー早速ですが、ズバリ今年ベストな婚活ツールは何でしょう?
 
アプリなら「pairs(ペアーズ)」、「Omiai」ですね。
どちらも会員登録にFacebookアカウントが必要なので、相手の情報に対する信憑性が高いのが特徴です。
対面での出会いを狙うならシングルズバーがいいです。六本木の「Green」が有名ですね。恋人のいない男女が集まるバーで、仕事終わりに飲みに行く感覚で気軽に出会うことができます。仕事のできるイイ男には時間がないので、仕事帰りやお昼休憩など、隙間時間にできるツールを利用している方が多いんです。


ーーさすが、できる男は婚活に無駄な時間を割かないんですね!
ではそのアプリで素敵な男性と出会うにはどうしたらいいのでしょう?

アプリで出会いを探している段階で、お相手の条件を釣り上げすぎてはいけません。アプリではまずは数をこなすことが"いい出会い"に繋がります。
例えば31歳女性、Aさんの条件が下記のようだとどうでしょう?

・年収500万
・身長175cm以上
・じぶんの地元の東京都内
・学歴は慶応以上
・30~33歳

アプリには大勢の男性がいるからといって、自分の条件をマックスに上げて検索する方が多いです。でも、好条件の方には300~1000件の申し込みがあることを忘れてはいけません。30歳を超えている女性だとその時点で若い子たちに負けてしまう可能性が大きいんです。
まずは自分の理想的な条件より、下記のように少し間口を広げてみましょう。
・身長175cm→168cm
・年収400~450万
・学歴 大卒以上
大切なのは実際に会ってみて気が合うかどうか。だって、「学歴はあるけど今は無職」「年収600万だけど貯蓄ゼロ」は誰だって願い下げでしょう。逆に身長が170cm無くても、好青年であなたを大切にしてくれる男性ならいいと思いませんか?

ーー確かに、条件を上げすぎて素敵な男性を逃してしまうのはもったいないですね。



マッチングアプリでは肉食系に変身するべし!
マッチングアプリや出会いを最大に活かす具体的な方法も答えさせていただきました。
詳細が気になる方は下記をがご覧ください
こちらへ
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9134.JPG



家庭をもち、子育てもしながら活躍されているすばらしい女性のお二人のお話しを聞きに行ってきました。
会社を経営される方と大企業でトップを務めた方。
そのお二人に結婚についてお話を聞きました。

これからの女性が選ぶべき結婚の形

qEbhEw7xJd.jpg
時代がこれだけ、変化している中で
日本はまだまだ女性の働き方や結婚、常識が戦後からそんなに変わっていない。
社会で第一線で活躍される社長たちの考えはとても新しいものでした。
さまざまなお話を聞いた中で胸がすく想いをした言葉が
「結婚も中途採用時代がくるよ!」
どういうことだ??
結婚も中途採用がオープンになる時代…

むかしは仕事は最初のところで一生勤めあげるのが常識だった。
そこから今は自由になった。起業するひともいれば、転職するひともいる。

転職することがおかしくない、オープンになった。
結婚の形ももっとフレキシブルになるべきというお話でした。
続けてくわしくお話してくれたのが、
「結婚もだってそうだよ。いろいろな形がうまれてくる。
1回目より2回目はうまくいくし、ゴルフだっでなんだって最初は力が入りすぎてうまくいかないことも2回目はうまくいったりするでしょ?
結婚が二回、三回あっていい結婚も中途採用があたりまえ、ひけめを感じない時代がきっとやってくる」
とすごく目からうろこな言葉でした。

社会の常識にとらわれなくていい

わたしはたくさんの婚活の男女のご相談にのってきました。
ときには結婚への不安、目の前で泣かれる方。
みなさんたくさんの想いをもってこられます。
たくさんの不安はまだ踏み出してもないのに、
想像や過去の経験からくるものであることが多いです。
そしてその多くが
失敗しちゃダメ、次こそはと重く考えすぎてご自身を傷つけてる。
こんなに社会は変化してきている。きっと世界の常識だってどんどん変わる。
日本は海外にくらべると少し遅くすら、感じます。誰が結婚は1回がいいって決めたんでしょう。
いや、ポイポイするのはもちろんダメですよ。
でも人間同士うまが合わなくなることだって成長過程で合わなくなる利害が一致しなくなることだってある。

そんなとき苦渋の決断の末、次のステージを望んでなにがわるいのだろうか。

離婚が安易な選択だとは思わない、きっとそれぞれの事情があるのだろう。
失敗と認識されるからみんな後ろ目たく感じる。

じぶんの選択に胸をはっていい

わたしが話を聞いたその経営者さんは離婚のご経験をお持ちのお話をされていましたが、後ろめたさなんて微塵もなく新たな幸せのための決断だったんだよ。
お聞きしてて語るそのお姿はステキでした。

社会はもっと自由に対応していけるように

みんな後ろ目たく感じなくていい。
あたなが責任を持ったならそれでいい。
みんな1回しかダメだって思うから結婚が重くなり、
2回目だって次はないって思うから身重になりすぎる。
もっと自分の心に素直でいいのではないのだろうか?
そこにきちんと自分の大人の責任さえ守れば。
一歩一歩ふみだすことからあなたの幸せはやってくる。

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4598.JPG

↑このページのトップへ