今日はジムで一人のおじいさんと出会いがありました。

その方はひたすらランニングマシーンで走っていて、普段からよく走っていることが見てわかるとても力強く綺麗なフォームでした。

果たして、そのモチベーションはどこからくるものなのかが気になった。

ヘッドホン付けているけど、一体どんな音楽を聴きながら走っているのだろう?

その方の走る姿はまさに僕がスケーターとして抱く理想の姿でした。

「永遠に自分の理想を求め続ける」
それは常に満たされない生き方かもしれないけれど、何も追うものがないよりかは遥かに充実した人生に違ありません。生きている内にゴールはしちゃったら、余生は時間潰しになってしまうね…。

その方のランニングを見て、未来の自分の姿を想像するのでした。

勉強になりました。