ybdwJa13Xb.jpg
ASCスクール。
土曜日も皆さんと一緒に朝から元気に大暴れ!

今週も「初めまして」の出会いがあり、3レッスン共“ワイワイ”盛り上がりました♪
j9p52K6UQk.jpg
ところで。

今年のこの記録的猛暑は、日々インストラクターとしては最もプレッシャーに感じるところではありますが…

常に生徒さんの様子に注意しておくことや、天候によってメニューを組み替えることなど、今後のスクール展開を考えると成長のチャンスでもあります。

準備と現場力が必要なのはアスリートもインストラクターも同じです。この猛暑に対しては引き続き「安全第一」を武器に立ち向かっていきます!
 

イベントや旅先などで撮った写真を見返していると、たくさん撮った写真の中に「この時何でこの場面を撮ったのかな?」と思う写真が必ず一枚はある!

昨日の「なぜイチ」がこれ。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5737.JPG
ただ、撮影時、めちゃくちゃ笑っていました!(笑)昨日参加させていただいた愉快な会の最後の場面だったから。

アングルもイマイチな「なぜイチ」。
でもそんな一枚の裏にこそ綺麗に撮影したものより思い入れがあったりしませんか?ストーリーがないですか?消しちゃうのは勿体ない"現場"の雰囲気が残されていたりしませんか…?

さぁ、あなたの「なぜイチ」はどんな一枚でしょう?



「インラインスケートの魅力は?」という質問は、これまでにもインタビューで何百回と聞かれてきました。

不思議とその"魅力"というのは自分自身の年齢と共にアップグレードされていて、いま感じる魅力は「滑る」という選択肢があるおかげで人生が明るくワクワクするということ!

僕たちプロスケーターも常にインラインスケートを履いているわけではありません。…許されるなら家を出るときにスケートを履いて行きたいのが本音ですが(笑)僕にはその方が断然便利で、行動は常に二倍速になります。わかりやすく例えるならば、「あえて自転車に乗れない」ようなものでしょうか…?交通量によりますが日本では公道でのスケートが禁止されている為、普段の僕は滑らない人のフリをして主に靴を履いて生活してるわけです…(笑)。

だけど、想像してみてください、世界全体がスケートリンクに見えたら楽しいですよね?ワクワクしませんか?その移動も楽しくなります。その仕事もトレーニングになります。このように実はスケーターの視界はワクワクに溢れています!これからもそんな視界で人生を生きる人たちを増やしていきたいのです♪
 
ASC運動教室にようこそ!
「ASCスクール」のインラインスケートレッスンは世界チャンピオン安床エイトの指導のもと、遊び感覚であらゆるスポーツに役立つバランス感覚を身につけることができます。しっかり試せる初回体験レッスンからご参加ください!
ascschool.com

↑このページのトップへ