_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7878.JPG
"RedBull Crashed Ice"として行なっているこの競技は、正式名称を「アイスクロスダウンヒル」といいます。

協会は冬季オリンピックも視野に入れて動いています!求められているスポーツが変化しているこの時代。いま、世界中で注目されていることから考えると、とても自然な流れなように感じます。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7875.JPG
そもそも僕がこの競技を意識し始めたのは、2年前に日本代表・山本純子さんから届いた一通の"問い合わせのメール"がきっかけでした。

それは、「アイスクロスダウンヒルという競技をしています。コーチングしてもらえませんか?」という内容でした。

以前から"RedBull Crashed Ice"の大会があることは知っていましたが、コーチングするとなると知識が十分ではなかったので、動画を見て勉強しました。

当時はまさか僕自身が挑戦するなんて想像すらしていませんでしたが…、今思うと純子さんのコーチングこそがアイスクロスダウンヒルとの出会いとなりました。

その1年後にご縁をいただいて、カナダ・ラサール戦に僕自身が挑戦することを決意することになります。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7877.JPG
昨日の横浜戦、決勝トーナメント。
日本代表の応援をしている時、ふと僕の頭に「コーチング」の文字が浮かびました。この瞬間、このチームの中で自分の役割がハッキリとわかった気がしました(!)。

この競技には、「氷上練習」と「陸上練習」が必要不可欠です。陸上練習はインラインスケートで行います。

そのコーチングを今後は僕が担当させて頂きたいのです。"選手兼コーチ"ではなく、コーチに専念して今回出場した日本代表はもちろん、今後加わる新たな若手育成にも力を入れていきたいと思いました。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7883.JPG
その想いを、今日日本代表が集まって行ったミーティングの中でお話しさせていただきました!

まず、今回でアスリートとして区切りをつけること。
そして、「アイスクロスダウンヒル」の日本チームの"陸トレコーチ"として皆さんをサポートをさせて頂きたいという意識を伝えました。
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7885.JPG
みんな少し驚いた様子でしたが、コーチをすることについてはとても喜んでくれました。

賛成を頂きました!
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7882.JPG
おそらく、この横浜戦を機にアイスクロスダウンヒル競技には多くの日本人が参戦してくると思います。

今回の横浜戦までには時間の都合で出来なかった陸上練習が既にいくつかあります。

それらをさっそく次のオフシーズンに取り入れて、新しい"チームジャパン"の強化を狙います!
 

GMfCmXul6j.jpg
"RedBull Crashed Ice Yokohama"、終了。

武士は決勝トーナメントの一回戦で3位になり敗退。
声が枯れるまで全力で叫びました。

スタートからゴールまで本当に色々な出来事がフラッシュバックする中、ゴール地点から涙を堪えて叫んでました(!)。

この10ヶ月も、30年近いアスリート生活も、常に兄弟で戦ってきました。今日の僕には応援しか出来なかった…それが悔しくて、今さら昨日の結果を憎みました。

同じヒートで滑っているのは、昨シーズンの年間チャンピオンのスコット・クロクソール(CAN)。安床ブラザーズのファンだと言って、わざわざカナダからアイススケートの指導をしに神戸まで来てくれた感謝すべき師匠であり、最大のライバル。

3位でゴールした武士の滑りは、なんとも武士らしかった…かっこよかった!アグレッシブゆえに荒さのある滑り、彼の弱点であり最大の強み。そのスタイルは、兄として、ライバルとして、世界で唯一尊敬できる武士のスケーティングそのもの。よく攻めてくれた。

それに。

前を走るスコットのスピードを直に感じることで、現時点のトップスピードを測る…!"まずは世界の頂点を知る"、その昔我々が実践してきたレベルの上げ方です。だから、レース直後の武士の様子は負けた事を悔しがるどころか、その速さにワクワクしていました。それでこそ、安床ブラザーズの弟(笑)。

うん、それでいい。それがいい!
彼の中で次を見据えた調整が始まっている。またその覚悟の表れでもあることが嬉しかった。
FFKQKg1v54.jpg
また、この瞬間"安床ブラザーズ"が共にアスリートとして活躍できた時間が終了しました。まだ先のことはわかりませんが、僕はここで一区切りつけますね。

ASCスクールの展開を含めて、僕は僕で追求していきたいスケートの方向性へと突き進む覚悟です。

世界デビューから様々な舞台で力を合わせて戦ってきた24年。弟以外の誰とも共有することの出来ない貴重な経験があります。2人共が落ち着いた時の酒のつまみに取っときますね(笑)。

…あっ。現在、息子の通う小学校のPTA会長という立場では言いにくい話を少しだけ(笑)。

子供のころから一つのことに命をかけて一所懸命だと、まわりからは何かと叩かれます。

それは子供である僕たちよりも、まず親が叩かれる。教育はできてるのかとか、ちゃんと学校に行かせろと言った具合にです。

確かに、小学校高学年から行き始めた海外遠征…。遠征中だけでなく、日頃の練習も、勉強時間を犠牲にしてきました。それは大会成績が上がると共に大きくなりました…。

でもね、今の僕たちは様々なことを犠牲にしてでも世界中を旅させてくれた父と母に感謝していますよ。最高の教育者なんです。家の方針のおかげで学校には収まらない数の仲間が世界中にできたし、教科書に載っている場所で遭難もした…(汗)。

常にワクワクに溢れた良いアスリート人生でした。
どんなに大変な状況も2人で励まし合い支え合って戦ってこれました。

今後もパフォーマンスの仕事は共に戦っていきますが、アスリートとしては一旦ここでおしまいにします。

ただし!

これから弟には弟の転機があり、僕には僕の転機がきます。楽しみにしてい下さい。さらに皆さんを巻き込んでワクワクさせることになります♪
 

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7799.JPG
"RedBull Crashed Ice Yokohama"
ごめんなさい、決勝トーナメントには進出ならず!予選敗退…。

「力及ばず」

しかし、ここまでの10か月を後悔することもありません。心強い仲間たちのおかげで確実にアイススケートは上達しているし、インラインスケートの練習内容にも間違いはありません。

ただ、僕には回数も年数も足りなかった…!
力及ばず、です。

直接会場へ応援に来て頂いた皆さまに感謝します。そして、メールやSNSに頂いたたくさんの応援コメント、ありがとうございました!!

今回も書き出すとキリがないくらい、たくさんの方々に支えられて、応援されてきました。他の日本代表🇯🇵も、チームだと思えるほど大事な仲間です!人のご縁にも恵まれており、不思議な体験をいくつもさせていただきました。

今日の決勝トーナメントには、安床武士!
そして、〈女子クラス〉には山本純子さんとASCスクールの"アリサ先生"こと吉田アリサが出場します!

"team GOOD SKATES"から2名も決勝進出ということで、本当に誇らしい!今日は全力でサポートしたいと思います!皆さんも応援宜しくお願い致します。

…ちなみに、うちの武士は今日に合わせてしっかり仕上がっております!かなり速いですよ!期待大です。

安床ブラザーズとして、兄弟で戦える最後のチャンス。全力で応援してきます!

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7784.JPG
さて、安床ブラザーズが世界大会に出場して24年目となる今年。

僕は、2年前に一度アスリートとしては区切りをつけていました。そのタイミングでいただいた「アイススケート」へのチャレンジ。

まさかアスリートとして最後に出場する競技が「アイススケート」になるとは…去年の僕は想像もしていませんでした(笑)。人生とは本当にわからないものです。

チャレンジする、挑戦する、ワクワクする、
そういうことをもっともっと大人が子供たちに見せてあげられたら…、夢の話をするキラキラした子供が増えるはずです!

「パパ、かっこよかった」「頑張ってた」
昨夜、子供たちが言ってくれた言葉。

いつか息子たちやASCスクールの子供たちが人生の岐路に立つ時、僕の生き方が彼らのワクワクへの道しるべとなれたなら、この挑戦は大成功です。

みんなと一緒になってワクワクした10ヶ月。
本当にありがとうございました!
 

↑このページのトップへ