10991227_438352392982227_1165191402031483736_n

今日は月曜日からずっと長引いている風邪の具合が少し良くなったので、今月末に控えている「ナイトロ・サーカス ライブ」に向けてジャンプの練習をしてみました。

しかし…、病み上がりの身体の動きの悪さにイライラして終了。
あのまま続けてもきっと怪我をしてしまいそうだから、さっさと引き上げ。。

咳が止まったらまたしっかりとランニングから再開だ。 

しかし長引くなぁ。。 

今日は僕の活動内容をまとめたムービーをLINE BLOGでも紹介させていただきます。

今年もショーのお仕事や試合の予定が決まってきております。
実は2015年は我々ヤストコブラザーズにとって20年目の海外シーズンとなります。海外遠征に対しても既にベテランの域に入っていますが、日本を離れて行う活動に対しては常にある一定の緊張感を持ち続けて挑みたいと改めて思います。

勝って兜の緒を締めよ、今年もしっかり向き合いながら頑張りましょう。
応援よろしくお願い致します!
 



IMG_8751

今年もバレンタインデーがやってきた。

こんな僕でも学生の頃は無意味にドキドキしたもんだ…!
人気のない自分には関係ない関係ない…、と思いつつも女子の行動を意識してソワソワ。アヒル状態(のんびり浮かんでいるように見えても水中ではバタバタしている様子)。男ならわかるでしょ?笑

バレンタインデーを意識することはもうないけれど、昔の思い出は一生残る。

バレンタインデーには必ずまず頭に浮かぶのは小学4年生のこの日のこと…

あの年のバレンタインデーは週に一度だけ通わせてもらっていた習い事の「そろばん教室」と重なった。

学校から帰宅後、そろばんへ行くまでダラダラとしていると家の電話が鳴った♪

電話に出てみると、学校の女子友達だった。

しかしその子は「いま隣に安床と話したい子がいてる」というのでその相手に代わってもらうと、「…もしもし?」と、なんと僕がず〜っと好きだった子の声ではないか(!)。

しかも「今から安床に渡したいものがあるから来て欲しい…」という(!)。

だけど、僕は考えて考えて、あれ?俺おちょくられてる?なんてとこまでいって、それでも嬉しいやら、恥ずかしいやら…、そうしてようやく口から出た言葉が…

「ごめん、俺いまからそろばん行かなあかんねん…」
であった。

そして、そのまま電話を切ったのだ。。汗

いまでもあの時の自分の行動の意味がわからない…
バカ真面目だったのか…、
ただのバカだったのか…

自分史上最大のミステリーである。。

そしてそのまま本当にそろばん教室へ行き、しっかりと授業を受けて帰宅。。
バカなんじゃないかと思う…!汗

その夜、親からも「そろばんサボってでも貰いに行くところでしょ!」って怒られた。 

当然その後も女子から人気が出るわけもなく…。
スケート以外は特に何もない平和な学生生活を送りました。

この場を借りてあの時の子に謝ります、、

俺が根性なしのバカでした、せっかくのお気持ちごめんなさいっ…! 

↑このページのトップへ