この「ハイスクールツアー」ではとにかく毎日移動が続きます。今週だけでも3つのホテルを転々と…。
 
昨日はその移動途中、インディアナ州ゲーリーにあるマイケル・ジャクソンの生家を訪ねました。
 
 
家は"JACKSON FAMILY BLVD""JACKSON ST"が交差する位置にあり、連日たくさんのファンが集まるような観光名所を勝手に想像していたので、ぽつんとあるその小さな家が意外でした。
 
マイケルが亡くなったのは2009年6月。
あのニュースからもう7年も経つのか…と、訪れたファンが書き残したメッセージボードを読みながらふっと考えていました。
 
永遠に生きるとはこういうことなのですね。

 
「ハイスクールツアー」の初日。ただいま、の気分です。
 
今朝、ホテルのロビーで顔馴染みのメンバーと再開を喜び合い、初めて会うクルーには軽く自己紹介を済ませた。
 
実際にツアーをしているのは僕を入れた5名のパフォーマーと4名のクルーの計9名だが、他にツアーを裏でサポートしてくれているスタッフがフロリダのオフィスに3名います。
 
ホテルや移動の手配からパフォーマーの管理はオフィススタッフが行なっており、行動を共にしているツアーマネージャーの手に負えない問題(起こって欲しくはない)もオフィスに任せることになっている。
 
ところで。このツアーで使用しているハーフパイプの滑走面は鉄板になっていて、通称「Tin-can Ramp(缶ランプ)」と呼ばれており、余計な横滑りがひどく気を抜くと危険なハーフパイプです。僕もまだ未熟だった頃に大怪我をしました。。
 
当然、初日から怪我をするわけにはいかないので、、今日はウォーミングアップのつもりで慎重に滑りました。(すごく盛り上がったけどね!)
 
 
移動の疲れがあるはずなのにカラダの動きは悪くないので、この集中力をキープしてとりあえず1週目の完走を目指します。
 
さぁ、始まりました。全てはここから!

 
東京成田とロサンゼルスを経由して28時間、無事シカゴのホテルに到着!
 
途中、ロサンゼルスで「機体の確認作業」により出発が2時間ほど遅れたこと以外は全く問題なく移動完了。
 
ホテルにチェックインした時点で時刻は夜中の12時を軽く過ぎていたので他のツアーメンバーへの挨拶は明日の朝にしよう…。
 
ようやく荷物を降ろして、熱いシャワーを浴びて、今はベッドの上でストレッチをしながらこのブログを書いてます。
 
横になって眠れる幸せ。。
背骨を一度取り出して伸ばしてから戻してやりたい…!
 
明日からショーが始まります。ゆっくり休んで充電します。
 
おつかれさまでした。

↑このページのトップへ