長男が幼稚園の間に次男とお出かけ。

そういえば、次男だけを連れて公園に来るなんて珍しいな…。

いや、初めてかな…?

いつもお兄ちゃんのペースで行動してきたもんね。

そんなことを反省しました。。

じゃあ、好きに遊びなさい!今日はアキトだけの時間だぞ!

次男のかわいそうなところ。
それでもお兄ちゃんが幼稚園から帰ってくるとめちゃくちゃ嬉しそうに興奮しちゃうんだな…。笑

DSC05145

映画「ジュピター」がいよいよ日本でも3/28から上映開始のようですね!

この作品。実は僕がドイツへ呼ばれて、テストスタントとそのテスト撮影に参加させていただいた作品なんです。

ドイツ・ベルリンに丸7週間滞在し、スケーティングとワイヤーアクションを組み合わせた全く新しい撮影方法を生み出すべく、映画「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟監督と、そのワイヤーアクションチームとで毎日朝から晩まで試行錯誤を重ねておりました。

もともと1週間だけのお話だったはずが、最終的に7週間まで延長されて続いたこの極秘プロジェクト!映画ファンとしては最高に贅沢な時間でした。

様々な視点からゴロゴロ生まれてくる新しいアイディア。それに挑戦していく日々はプレッシャーと好奇心でとても充実したものであり、途中で小さな怪我もたくさんありましたが…、確実に新しいアクションを生み出すことに成功したのです!(内容非公開)

僕にとって「ワイヤーアクション」に挑戦すること自体が初めてだったので、その場でワイヤーの力を使って高くジャンプすることから指導していただき、最終的にチーム全体が興奮するような互いにとって新しいものが生まれるまでの時間をチーム全員で共有できた学びの時間でした。

僕のカラダに染み付いているハーフパイプのテクニック。それとは全く違った動きに挑戦することで身についていく新しい感覚。この2つが組み合わさることで、それまで自分でも想像できなかったことが可能になりました。

これは単に新しいことができた!という充実感だけでなく、僕にとっては人として1つ成長できた手応えを感じる瞬間でもありました。

余談ですが…。
僕は新しいことに対して慣れるのに人一倍時間がかかるタイプです。そして反対に、一度慣れてしまうと元に戻すにも一苦労します。…だから、この仕事の後にワイヤー無しで滑るのがどんなに不安だったか!特に中国での国際試合も近くて必死に調整したのです。。(涙)

IMG_1960

残念ながら「ジュピター」では従来の方法によってアクションシーンが撮影されており、今回我々が生み出した新しい手法は使われていません(最終的にそれほどのアクションシーンが必要なかったのかもしれません…笑)。しかし、再びインラインスケートが必要とされることは間違いない!と期待していますよ。

この作中にインラインスケートのような動きが出てきます。
詳しくは公式サイトでトレーラーを確認してみてください("GALLERY"で写真も確認できます)。

映画「ジュピター」日本公式サイト

ストーリーも面白そうなので、映画が公開されると話題の映画になるのではないでしょうか?

インラインスケートの新しい可能性にもワクワクが止まりません!


おはようございます!

今日は朝から元気だ!

少しずつ足の自由が戻ってきてるからやね。

今日もいこう。
お互いパワフルによい1日にしましょう!!

↑このページのトップへ