「European Championship」が無事終了しました。
 
今回は2位という結果でした。応援ありがとうございます。イベントは大盛況の中幕を閉じました。
 
 
弟とは何度目のワンツーフィニッシュだろう?僕たち安床ブラザーズは世界大会に出場して丸21年が経ちました。ヨーロッパでも「レジェンド」と呼ばれ、歓迎されるようになりました。
  
初めてローザンヌを訪れた時、僕は12歳でした。今では大きな家族がヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジア、に増え続けています。こんな状況を21年前には想像もしていませんでした。
 
今回、腰と左手を痛めたので帰国後はしばらく治療に専念します。次は10月からアメリカツアーです。

 
昨日からスイスのローザンヌに来ています。
 
実はこの街には昔から縁があって、初めて訪れたのは1996年、僕が13歳の時。
 
今回もインラインスケートのイベントで、ショーと試合があります。
 
子供の頃にはわからなかったヨーロッパの魅力がたくさん詰まった街です。
 
今日はあいにくの雨ですが、雨が似合う街並み。
少し歩いてきます。



X Games女子ハーフパイプ競技のチャンピオン、川崎鮎美。
安床ブラザーズの幼馴染でもあり、共に世界中で戦ってきた戦友です。 
 
二児の母親になっても週に一度は必ず"g"スケートパークへ滑り(練習)に来ています。
そんな彼女が先日「次のロシアの大会に出場したい」と言い出した。
 
ここ数年世界大会はおろか、国内の試合にも出場することのなかった鮎美が言ったその言葉に僕は驚きと喜びの気持ちでなんだか"ワクワク"しました。
 
そしてその覚悟にすごいな…って、鳥肌が立ちました。
 
その日からは毎日"g"スケートパークで試合に向けた調整中を続けています。「試合で滑る姿をこども達に見て欲しい」というその彼女の姿勢は他のお母さんがなかなか真似できない"教育"です。
 
世界を相手に再び戦いを挑むその姿がこども達の将来にどう影響していくのか楽しみです。自分自身と真っ向勝負する鮎美のスタイルはかっこいい。僕も非常に良いモチベーションをもらっています。
 
川崎鮎美は8月18日〜21日にロシア・モスクワで開催されるRussian X Challengeに出場します。この試合には安床ブラザーズと相原裕介も出場します。
 
応援宜しくお願い致します!
 
 
 
川崎鮎美のFacebookはこちら。
安床エイトのFacebookはこちら。
安床タケシのFacebookはこちら。
相原裕介のFacebookはこちら。

↑このページのトップへ