月別アーカイブ / 2020年04月

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9884.JPG

いろいろ試す時間♪
ステイホーム中にもあれこれ。

またインラインスケートにどっぷりハマっております。🙌

 
〈チャレッコ!!〉
子どもによる子どものためのアクションスポーツエンタメ〈チャレッコ!!〉で、インラインスケートのハウツーを紹介しています。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9792.HEIC

昨日、ASCスクール初の“オンライン企画”を試しました♪
ご自宅とオンラインで繋いでいただき、エイト先生による「オンライン家庭訪問」が実現。

3家庭のご自宅にお繋ぎいただきました!
ひと家庭20分間という時間でしたが、終始笑っぱなし!🙌

子どもたちのニコニコ笑顔も見れたし、おうちで飼われているペット紹介や、勉強内容、ご自宅での取り組みなど、いろいろなお話もしていただきました。

普段見せていただいている運動中の姿とはまた違った面を覗き見て、改めて彼らの成長を感じることもできました。

子どもたちにとっては、先生と話すことで外の顔に切り替えて少しでも気分転換になってくれたら…と思いついたこの企画。

終了後に保護者の方から「うちの子が久しぶりによく笑ってました」と報告をいただき、嬉しかったです。🙏

この時期だからこそ、まだまだできることもあるようです。
 

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9777.HEIC
"g"スケートパークは明日から臨時休業に入ります。

先ほど、お客さんが帰り際に「また再開を楽しみにしています」と言ってくれました。

「営業再開したらいの一番いにきます」と言ってくれました。その言葉が嬉しい…!

3日間以上休むことは、この25年の歴史において初めてのこと。

アスリートの練習環境を整えることが我々にとって最も重要なミッションであり、安床家がスケートパークを始めた理由でもある。

1994年、当時はまともなスケートパークが日本国内には存在せず、我々パフォーマー集団とて活動していた"team GOOD SKATES"のプライベート練習場として大阪・難波にひっそりと誕生。パフォーマーやアスリートにとって練習環境というのは家よりも大切な場所であり、その場所を維持するため、利用したい人から入場料をいただいたことで初めてスケートパークという形になったのである。

もともとスケートパークというビジネスがやりたくて始めたわけではなく、スポーツ問わず日本人アスリートの育成が目的にある。その為にも、いま、この日本を守らなければならず臨時休業を決めたというのが代表ユキ・ヤストコの決断なのかもしれない。

と、父の判断を思う。

アスリートの皆さん、我々のこの志をご理解いただき、営業再開までしばらくお待ちください。

近日、滑れない期間にできるおすすめのトレーニング方法をご紹介いたします! 

↑このページのトップへ