月別アーカイブ / 2018年08月

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5827.JPG
西宮教室の水曜日を担当してくれているASCスクールの川崎鮎美。

"X Games"の「女子ハーフパイプ競技」の世界チャンピオンである彼女とは、共に日本代表として世界で戦ってきた仲間であり、良きライバルでもありました。

今また、こうして一緒にインストラクターという立場からインラインスケートの追求ができているのはとても嬉しく心強いことです。
6GDbjMWwck.jpg
西宮教室で水曜日にクラスを任せるようになって数ヶ月。あっという間に「アユミ先生、アユミ先生」と子供たちや親御さんから大人気になりました!

先日、そんなアユミ先生の提案で「親子体験会」を試験的に開催させていただきました!今回はママたちにも精一杯ご自身の運動に集中してもらえるよう、親と子供たちをそれぞれ別々の部屋で受講する形をとらせていただきました。

この形が好評だったので、是非、次回は告知をして開催したいと思っています。お楽しみに!




自分にとって「インラインスケートとは?」と考えて見ると…
本来なら決してみることができなかった"世界"をスケートが見せてくれました。きっと第三の親のような存在です。

スケートを通じてたくさんの失敗に泣いて、それを笑い話にもして、小さい成功を糧に日々新しい出会いがあります。
 
etoy.JPG

プロ活動を通じて、試合やショー以外にも様々な形でスケートを披露する中、最も学びとなったのは現在未成年が抱えているさまざまな問題と向き合うデモ活動「ASA ハイスクールツアー」でした。スタンスをかえるだけでアクションスポーツが人の人生に役に立つ・人の人生にパワーを与えられることを身を以て経験させていただきました。僕がこれまでに得た技術は自分自身だけのものにしていてはダメだということを理解しました。
 
IMG_2435.JPG

瞬間的なショーも重要だけれど、深く長く人の人生に影響を与えられるスケートの追求こそ僕の役割のような気がしました。

そこで、これまでに身につけたノウハウを活かしてトレーニングをサポートする「ASCスクール」を開始しました。この活動を通じてこれまでは接点の持てなかった方々とも出会うことができ、またインラインスケートに感謝することになりました。
 
ioWk90JmBg.jpg

ASCスクールの指導では、大人も子供も共にワクワクしていく様子や、キラキラし始める様子を見ることができます。子供たちが全く新しい可能性を徐々に信じていく姿は本当に力強く、おそらくそれは僕が子供の頃に見せてもらった奇跡と同じく世界に繋がっていて、改めてインラインスケートってすごいスポーツだと感じるのです。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2150.JPG

インストラクターをすると「もう引退?」と人によく聞かれますが、僕としては全く正反対の覚悟です。いつか終わりのくる"選手"や"パフォーマー"という立場ではなく、"インストラクター"という一生現役でいられる道に進みました。たとえ自分が滑れなくなっても追求し続けられるスケートの仕事です。

自分にとってインラインスケートとは、生きている意味そのもの。これから出会う誰かのために一生現役です。


パフォーマンスの挑戦もまだまだ続きます!
アクションスポーツとプロジェクションマッピングを融合させた世界初のパフォーマンスに挑戦するチームの一員です。それに、12月には"RedBull Crashed Ice"への挑戦が控えています。

応援宜しくお願い致します!
 

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5804.JPG
只今、LINEスタンプを描き描き…

今回は、神戸・元町にある「ハハハクレープ」のメインキャラクター”サルオくん”のスタンプになります。(…あ、サルオくんを作ったのは僕です)

スタンプが完成するまで描き続けるかな…
ブログに書いて自分自身にプレッシャーをかけてます…。(笑)

お楽しみに!
 

↑このページのトップへ