月別アーカイブ / 2018年02月

35_b5itIf2.jpg
最近は4足のブーツを用途に合わせて履き替えているのですが、おかげで感覚がぐちゃぐちゃになってきていて、もうどれに気持ちを落ち着かせれば良いのやらわからなくなってきています…

感覚パニック!

しかし、どのブーツにもしっかりした特色があって、操作方法が変わるたび純粋にまたスケートが楽しく感じられるのです。滑れるって「自由」です。
 

46QUpLm4xO.jpg
カナダへ出発まで、あと8日。
まだまだ課題は山積みです。プロテクター類がまだ1つもない。ホッケー道具をはじめ、マウンテンバイクのダウンヒル用のプロテクターもチェックしてみたり。勉強することも多く頭がいっぱいです。。



アイススケートのブーツでお世話になっているのは、この道一筋の老舗"コスギスケート"さん。 
先日、アイスホッケー用のブーツを購入したことでレンタルスケートを卒業!…リンクのレンタルをカナダまで借りていくわけにはいかないもんね。。笑

今日は"研磨"の用事でお邪魔しました。
インラインスケートで言うところのウィールやフレームのセッティングを変えるに等しい、と理解しました。

インラインスケートとアイススケートの感覚の違いは大きくあって、本来ならばしっかりと時間を掛けて徐々に馴染ませていくべきなのは承知しているのですが、、なにぶん時間がないのが現状で…!ならば感覚を「加工」で埋めようと、事情を知ってくれているコスギスケートさんにお願いしました。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2277.JPG
今日はASC運動教室の西宮レッスンの日で移動もあったのですが、どうしても氷の上で試しておきたくてアイススケートリンクに移動してテスト走行。氷に乗った瞬間「あ、これだ!」と欲しかった感覚の手応えがありました。今日は10分ほどしか時間がなかったけれど…ポジティブになれる要素を1つゲット!出発までにあと何回滑りに行けるかな…。。

現状の滑りは、おそらく「遊びで滑ってる人にしては上手」なレベルだと思います。競技に出場するのであれば、当然もっとスキルを磨く必要があります。それは自分自身を守る為でもあります。

正直、競技のことを考えればまだまだ危険なレベルですが…、今回のカナダ遠征の大きな目的は「経験」です。実際に現場に参加することで今後我々にどんな技術の取得が必要でどのような物を作って練習しなければならないかを見極めることが一番の目的になります。

西宮教室の生徒さんは「先生にあんなのできるの?」「生きて帰ってきて!」なんて応援してくれたけれど、今回はズタボロで帰ってくると思います…(笑)。でも、そこがスタート。

インラインスケートのハーフパイプ競技においてもスタートがそうでした。そこから全てが始まったことを思い返せば、この考えは間違っていないはずです!
 

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2075.JPG
この度、安床ブラザーズは「アイスクロス・ダウンヒル」という競技に新たに挑戦します!

アイスって…?
そう、「アイススケート」です。笑
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2271.JPG
先に言っておきますが、アイススケートに関しては技術も知識も超・初心者です♪

基本的なブーツや刃についても今勉強中で…、技術面に関しては現在アイススケートリンクに通いながら武士とダッシュやターンを中心に試行錯誤を繰り返しています。

僕達はインラインスケートのハーフパイプ競技においてもそうだったけれど、コーチも先生もいない状況での「試行錯誤」には慣れています。むしろ、それを楽しめる強さこそが我々兄弟の武器かもしれない…!

とにかく、アウトエッジの使い方についてあれこれ意見を出し合っている時など、昔を思い出して非常に楽しい!
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2115.JPG
アイスクロス・ダウンヒルには、現在「Clashed Ice」や「Riders Cup」といった大会があります。

実は3月3日にはカナダ・ラサールで開催される"Riders Cup"に出場を予定しています。…予定しちゃっているのです。。

白状すると道具すらまだ揃っておらず…、各方面の専門家の方からアドバイスやお力をお借りして急ピッチで調整を続けている状態です💦
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2268.JPG
いま話せるのはここまでです。

とにかく、3月1日のカナダ出発に向けてアイススケートのアスリートになれるように調整と準備でバタバタしています!

アスリートは引退する覚悟でいたけれど、舞台をアイスに変えて少し延長します。

安床ブラザーズの新しいチャレンジも応援宜しくお願い致します!「大人」もなかなか楽しいんだぞってところを今の子供たちに見せてあげたいのです。

↑このページのトップへ