2rijV2HH6Q.jpg

インラインスケートのスクールをしていると保護者の方から「子供がインラインスケートを欲しがっているが、どれを買ってあげればいいの?」という質問をたくさんいただきます。

お値段もピンキリだし❓
メーカーもいろいろあるし❓

「とりあえず数千円の安いもので…」と、【おもちゃ】のようなまともに滑ることのできない商品を選んでしまうと、楽しい総合トレーニングになったはずのインラインスケートが"つまらない遊び"として終わります…。それではもったいない!
道具選びは体の成長に直接関係する大切なことなので知識を持って選びたいです。
 
そこで、今日はインラインスケートの選び方をシンプルに説明しましょう♪
種類を【本物】か【おもちゃ】の2種類に分けて、その見分け方を3つご紹介します。
 
🙌 ①ウィール(タイヤ)の質
🙌 ②ブーツの強度
🙌 ③インナーの厚さ(履き心地)
 
それぞれを出来るだけ簡潔に解説しますね。👇
(参考モデル : K2 / MARLEE PRO 価格¥11,000+tax)
 
IMG_5502.jpg
🙌 ①ウィール(タイヤ)の質
まずは、ウィールを触って質感をチェック!
【本物】はゴム質なのに対して、【おもちゃ】はプラスチックのような固いものが多いです。ウィールが固いとグリップ力が無くて"ツルツル"します…。地面を蹴ったところで思うように前に進めず、まともに滑ることができません。💦
 
IMG_5503.jpg
🙌 ②ブーツ本体の強度
次にブーツ本体の強度をチェック!
体重を支えられる程の強さがあるかどうか、ブーツのプラスチック部分を握って確認します。押して"ふにゃ"っとする【おもちゃ】では、体重に負けてブーツ自体が歪んで立ち難いです…。💦
バランス運動を楽しむ為にも"がっちり"としたものを選んであげてください。

IMG_5504.jpg
🙌  ③インナーの厚さ
最後は、足を包む"インナー"の厚さをチェック!
【おもちゃ】には薄っぺらいものが多く、プラスチックが足に当たって子供が痛がります…。💦
【本物】のように分厚いものは、フィット感が良く長時間の運動にも快適です!(写真は分厚いものになります👆)

以上の3点をチェックしておけば【おもちゃ】を選ぶことはありません!ただし、これらは実際に商品を手に取って確認できる状況でのお話です。

最近ではネットショッピングが主流となっていますから、実際に商品を手に取って選べない方には僕のおすすめするメーカーを2社紹介しておきます。

スキーやスノーボードでも有名な【K2 / ケーツー】と、インラインスケートの代名詞【RollerBlade / ローラーブレード】です。両社から販売されているキッズスケートは、足のサイズが変化しやすい子供たちに合わせてボタンひとつでサイズ調整ができるものになっています。

例えばK2社のものは、Sサイズ(17cm〜20.5cm) / Mサイズ(19.5cm〜23cm) / Lサイズ(22.5cm〜25.5cm)というサイズ展開です。…余談ですが、昔は"サイズ調整"ができるスケートは無く、足のサイズが変わるごとに買い替える必要があったので、親にも優しい設計になりました!👏

以上が、インラインスケートを選ぶ際には参考にしていただきたい3つのポイントです。

 
💁‍♂️ちなみに。
いま僕の一押し商品がK2社の新モデル〈RAIDER SPLASH〉〈MARLEE SPLASH〉です!

ブーツ本体を付属のペン(5色)で好きにカラーリングできるので、世界に一足のブーツに仕上げることができるとてもユニークなモデル♪
OauUholiKq.jpg
レッスン後には、子供たちがさっそく自分たちのインラインスケートの色塗りで盛り上がっていました♪
道具への愛着が湧きますね。

vaMmuqg7KE.jpg
ASCスクールでもの〈RAIDER SPLASH〉〈MARLEE SPLASH〉の販売を開始しています。

👉 RAIDER SPLASH (男の子モデル)
👉 MARLEE SPLASH (女の子モデル)
《サイズ》S(17cm〜20.5cm) / M(19.5cm〜23cm) / L(22.5cm〜25.5cm)
ASCスクール価格 ¥12,000+tax

購入をご希望の方、インラインスケートについてのご質問のある方は、ASCスクールまでお気軽にお問合せください♪

《ASCスクール》
TEL : 070-3982-0267