順位を争うものでも、
人に披露するでもないところに、
おそらく本当の情熱というものがあって、

どうやら僕はそんなスケートをASCスクールを通じて生徒さんに根付かせていきたいのだと、自分自身の目標に改めて気づいた火曜日の夜。

学校で叱られて元気がないから先生に会いに来た、とか。
他の習い事で自信なくしたからASCスクールに来た、とか。
そんな動機ももちろん大歓迎です!🙌

大会で優勝することも立派な目的ですが、
大会がなくても、イベントがなくても、人生をワクワクさせてくれるスポーツとしてインラインスケートがあってくれたら嬉しい。

そんな風に思うわけです。