_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2356.JPG
これまでに自分で得た技術、知識、経験、

それらを自分以外の人の幸せに繋げられるのが本当のプロフェッショナルの仕事なんだと思う。

僕はそれができるスケーターを目指してこれからも滑り続けていきたい。

アスリート時代は無理して背伸びして精一杯に頑張りました。
勝ち負けに対してモチベーションがなくても、自分なりに命をかける理由を作っては前に進んできました。

兄弟揃って世界チャンピオンになりました。
自分にしては出来すぎた成績かもしれない、笑。おかげで、奇跡のような景色をたくさん見させていただいています。本当に恵まれた人生です。

この経験を活かし、このスキルを活かし、ここからは自分が本当に好きでやりたいことを仕事にできれば幸せです。

「子供たちに夢を!」

ASC運動教室は世界を明るくするための、僕の本気の活動です。

子供の生徒たちには僕を通じて世界が繋がっていることを実感して欲しい。好きなことを追求すれば世界中に仲間ができることもわかって欲しい。

夢は見ていいことも。また、本気で挑むことで夢は叶うことも。

僕はASCを通じて、大人には最高に楽しいエクササイズを、そして子供たちにはそれぞれの夢を見せてあげられる教室にします!

それが今後僕の目指すプロフェッショナルとしての滑りです。