_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4791.JPG
今年は息子が通う学校のPTA会長になったことなどで、スケートとは全く関係のない方々に自分の仕事を説明する機会が増えていますが…うまく説明できたことがないように思います。

「プロスケーターです」なんて自己紹介しても毎回『はぁ?』という空気になるし、「プロスケーターのお仕事って?」と聞かれても本当に色々ありまして…

・ 試合に出場しています。
・ ショーや舞台に出演します。
・ インストラクターをしています。

まぁ、この3つが最もシンプルで一般の方には伝わりやすいらしい。本当はスケート施設、イベント運営、運動教室などが加わるわけですけど…。


さらに、この業界での立場上「安床ブラザーズ」には特殊なご依頼が集まってきます。…そして、興味に負けてことごとく挑戦しています(笑)。

そのひとつが、今回世界に初公開となります『映画のスタント』というお仕事です。(今回公開した映像は6年程前のプロジェクトではありますが、決められた期間は映像や情報は公開できない決まりがあるため仕方がないのです)

全世界で大ヒットした映画「マトリックス」のウォシャウスキー監督とアクションチームがドイツに再集結し、インラインスケートとワイヤーアクションを融合させた全く新しいアクションを創り出すワークショップがある倉庫で極秘で行われました。

僕を代表として選んでいただいたからにはインラインスケートの新しい可能性を形にしようと、ワイヤーアクションの基本動作から学び、7週間掛けてスケートと融合させるまで出来ました。

インラインスケートの、そしてハリウッド映画の新しい可能性をご覧下さい!!