_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0009.JPG
先週末は静岡県は東静岡で開催された「GOLDSTYLE 2017」の大会にお邪魔しました。

このイベントを主催する伊藤千秋とはもう20以上の付き合い。彼をただ「友達」と紹介するのは物足りない関係で…、スケート業界の良い時も悪い時もスケートブーツを脱がなかった同志です。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0025.JPG
お互いそれぞれ違う視点からインラインスケートの可能性に挑戦し続けてきました。最近ではお互いの役割がより鮮明になり、今回は千秋が主催するイベント内でASCの講師として「指導者に向けた講習会」を担当させて頂きました。

エンターテイメントとしてのインラインスケートを追求する伊藤千秋と、スポーツトレーナーとしてインラインスケートを追求する僕。

こうしたコラボは嬉しい!
そして、自分自身の方向性が正しいと再確認する良い機会になりました♪
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0017.JPG
そして、大会では子供たちもレベルもアップしていてまた嬉しい!

子供たちは若いってだけで好きなことを気軽に続けているように見られがちだけれど、子供は子供なりに一所懸命に様々な困難と向き合って続けています。それを支える両親だってなかなか表には見せられない苦労があるもの…。

今回の大会では、どの子からもどの家族からもそんな力強さを感じることができて、ウルっとくる場面がありました。

インラインスケートは相変わらずマイナースポーツだけれど、僕たちが作っている歴史は途切れずにちゃんと繋がっています。それはこれから起きるであろうビッグウェーブをしっかりと支える下積みになるのだと感じました。

伊藤千秋、安床武士、安床エイト。
三本の矢!

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2799.JPG
この土日は静岡県でスケートスクールの講師を対象にした講習会でお話をさせていただきました。
 
僕が展開している「ASC」の指導方法や理念について。

静岡県には僕のこうした話を真剣に聞いてくれる熱意ある講師チームがいます。

神戸や関西でも講師は増やさないといけません…、これからの僕の課題です。

↑このページのトップへ