どうも。月映です

人が絶望を感じるのは未来に

希望を持てにないから。

だと思います。

 

日本は不景気といわれていますが、

餓死する人ってあまり

聞いたことないですよね。

餓死を頻繁にすることのない国。


生活保護制度だってあるし、

国民保険、医療保険だってある。

通院したら3割負担制度がある。

日本は金銭的に恵まれていると思います。

 

私たちが未来に不安や絶望を拭えないのはお金のことじゃないかもしれませんね。


これからもずっと、働き馬のように生活していかなくてはならない中

体調が悪ければゆっくり休むこともできない、薬で抑えて頑張って働くしかない、ついには心を病みながら....


そんなことを胸に秘めながら皆さん毎日8時間働いているのではないでしょうか。


朝の満員電車、サラリーマンの方をみると不安と絶望で目がイキイキしていない

多いような気がします。

心身がボロボロになるまで働き、疲弊しています。

残酷な連鎖。

 

なのに私たちは心の中で悲鳴をあげながら、それでもなお働き続けている。


不安・絶望という出口の見つからない迷路の世界の中で。

 

こんな人生どうにかしたい

抜け出したい

 

私がかつて働いていたころの職場の上司は何十年と働いているのに

家庭を持っているお父さん(上司)

自由に使えるお金は月3万円くらい。


生活費、教育費、家のローンの返済

のために頑張られている。

そして、年金は上がらない、給料は上がらないと飲み会で仰っていました。

そんな生活苦しくないですか?

辛くないですか?

時間をさいて働いているのに..........


だから満員電車のサラリーマンほ方

たちは死んだ目をしているのかな。

と思うんです。

本当はそんな人生を夢にして

頑張られてきたわけではないと

おもうんです。

 

あなたが20代。

30代ならば上司をみてください。

頑張って働き続けた未来が

あなたの上司です。

 





なら......まだいいんですが、

これからの日本はさらに景気が悪くなると言われています

なので今の上司よりももっと悪い状況があなたの未来かもしれませんね。

 

 

知っていますか?

特に20代、30代の方。

私たちは年金をもらえません。

貰えたとしてもお小遣い程度。微額。

日本人の平均寿命は80歳といわれていてます。


これからも定年時期は低くなるでしょう。

定年後の人生が30年だとして、

生活費は30万円/月の計算らしいです。

ちょっと贅沢ではなく

普通に生活してです。


税金が高くなり、医療費などの助成制度が低くなるためです。


ちょっと、計算してみましょう

 

30万円×24カ月=720万

これを30年生きるとすると。。。。。。


とんでもない金額です。

ちなみに1億稼ぐのに約30年かかるといわれています。

 

これは私が数多のオーナー&経営者からお話頂いたことを集約しています。

 

働いても働いても。。。。。。

働き続けてもなお。。。。。。。。

 

なので、そんなループから抜け出したいのなら

収入口は複数用意しておいた方が良いと思います。

方法を一つ提案します。


今の習慣から、生活から
一歩踏み出して
確認してみてくださいね^ ^




 

 

んーすごいミラクル〜


Rayさんすきやな〜〜


自分を解放する。
自分を生きる。
自分を大切にする。

世間の常識、固定概念の
シガラミを打破して

そこから自分を解放する
己を知る。
汝を知る。

それが、

自分らしい
自分らしさ となり輝く

それには
とにかく捨てる、断捨離、引き算
言い方はいくらでもあるかw

とにかく皮を(普通、常識)
脱ぐ脱ぐ、剥く

----------------

覚悟、勇気、決断いる

勇気、覚悟、決断
それを繰り返されている
方にはには頭が下がります。

だいすき

↑このページのトップへ