月別アーカイブ / 2019年05月

なんだろか。
ここんとこ旦那氏が
すこぶる平和ぢゃ(・∀・)☀️

機嫌も良いし、
時々何かをサッと
手伝ってくれたりする。

仕事から帰って、
前はずーっと携帯イジる時間もあったけど、
それも最小限。

休みの日には
家族サービスをしてくれる事が増えた。

これは素直に喜んで
えぇんぢゃろか?(・∀・)🌸

持ち前のジャイアン魂は
どこに置いてきたんか、
私も一緒に落し物探しをせんでえぇんかの?

人によっては、
旦那さんが急に優しくなると
浮気の心配があるとか言う人もいる。

でも、そんな事するヒマもないぢゃろし、
これでこっそりバレずに浮気出来てたら
プリンセス天功のスーパーイリュージョン級の
トリックでびっくらこきまろぢゃわ(・∀・)

ぢゃけぇ、
私のポジティブスィンキングからは
浮気を心配するような不安は
全く湧いて来〜ん🎶

ほぃじゃま、
なぜに旦那氏はジャイアン魂で
体当たりして来んのんか??

信頼しとる上司とか友達とか誰かに
何か言われたんかの??

それともどっか具合悪いんかの??

それともついに
自分のジャイアンっぷりに気づいたんかの!?

謎は謎を呼ぶがぁ(」°ロ°)」🌀

どぅした旦那氏!?
このままだと私はいつもの構えの姿勢を
緩めてしまぅがぁ(・Д・)

丸腰になった所に爆弾投下されたら
木っ端みじんもえぇとこぢゃけぇ、
もし次回ジャイアン魂が復活する時には
爆弾投下の前に、
ロケット花火ぐらぃのジャブを打って、
復活予告してほしいわなっ(・∀・)

でも、平和が続くのはえぇことぢゃわなっ❤️
旦那氏のジャイアンっぷりに
毎日一番手間をかけて気遣いをしよるから、
子育てに集中出来る今は、
家事も育児も癒しに過ぎんわぃヾ(●︎´∇︎`●︎)ノ✨

平和ってえぇのぅ❤️
いつまで続くか
ビクビクするのももったいないけぇ、
存分に平和を楽しんどこっ(●︎´艸`)🌟

私が小さい頃から
数え切れないぐらい何度も観てきた、
今でも大好きな映画の一つがこちら。 
0xlnozwO2E.jpg
『ラビリンス-魔王の迷宮-。』
1986年公開の作品🎥✨

っと書いて気づいた(・∀・)💡

健さんの生まれた年ぢゃ❤️
なんだかとってもうれしぃヾ(●︎´∇︎`●︎)ノ ワ~イ✨

…………(・∀・)


話が逸れマシタ。
健さん大好きゆえに、
つぃつぃのつぃで…
あしからず_(:3」z)_❤️

軌道修正して再出発ぢゃっ٩( ᐛ )و♪

そぅ、こちらの作品、
大好きなのです(๑′ᴗ‵๑)🌟

ストーリーはすごくシンプルな、
昔の映画にありがちなファンタジー。

でも、
だからこその
昔の映画ならではの見所が盛りだくさん✨

まだ今みたいにCGなんぞが
使われていない時代。
だから、
ラビリンスの世界も
手作業で作られていて、
至る所に匠の技がピカピカ光っとる✨

そしてなんと言っても…
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2045.JPG
魔王ジャレス様‼️👑✨
演じてらっしゃるのは、
あの今は亡きデヴィット・ボウイさん‼️
音楽界のレジェンドであります🌟

もぅ、なんせ、
その出で立ちがカッコよすぎる‼️
魔王役ハマりすぎ‼️
その少しの動作も全てがカッコいい‼️
ハスキーボイスも言うまでもなくカッコよく、
劇中の楽曲も手掛けておられて、
なんと劇中で歌ってらっしゃるんでぃ‼️
それがまためちゃめちゃカッコえぇんぢゃ‼️
とにかく最初から最後まで、
ジャレス様カッコよすぎるん‼️
コレほんと‼️

中でも私はこちら…✨
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2044.JPG
主人公サラとジャレスが、
ジャレスの魔法の世界の中で
ダンスを踊るシーン💃🕺✨
このシーンでデヴィットが歌っとって、
その曲「As The World Falls Down 」も
めちゃめちゃ素敵な曲で💕
(YouTubeにもあったので良かったらぜひに✨
https://youtu.be/VppuD1St8Ec)

ぬぉ〜〜っっ‼️💦

私のプレゼン力ではこの作品の魅力、
全く伝え切れとらーん‼️囧rz💔
ラビリンスに激しく謝罪ぢゃわ😱💦

でも、
とにかく大好きな作品なのです(۶•౪•)۶🔥

気になった方はぜひ観てみて下さい❤️
本編を観た後にメイキングを観られると
尚更楽しめるコト間違い無しです🎥🌟

書きよったら、
めちゃんこ観たくなってキタ(・∀・)🌟

健さん誕生の時代へ
レッツらゴーぢゃ〜٩(ˊᗜˋ*)و🎶

先日、旦那氏の休日に、
鳥取のとある山奥の鉄道に行った時のこと。

その道中は山に囲まれた
緑豊かでのどかな雰囲気。
空気もとっても澄んでいて、
深呼吸すると身体の中が
浄化されるみたい🌿✨

そんな田舎町をゆったりドライブしていると、
中学生ぐらいの2人組が
歩いているのを見つけた。

男の子と女の子が手を繋いでいる。
どうやら2人はカップルみたいだ。

背があまり高くない細身の男の子は、
メガネをかけている。
そして歩くたびにセンター分けの黒髪が
サラサラ揺れている。

男の子と同じぐらいの背丈の女の子は
長い黒髪をきっちりと編んだおさげ髪。
すこし俯いた姿勢から、
大人しい雰囲気が漂っている。

何かを話してるワケではないけど、
でも手を繋いで、
ただ一緒に帰る。

車ですれ違っただけの
その2人の雰囲気から、
懐かしい甘酸っぱい記憶が
胸いっぱいに広がった。


中3の夏。
私には2年以上想い続けている、
好きな人がいた。
野球部の主将で部員からの信頼も厚く、
教室でもムードメーカーの彼は
明るくおおらかな人で、
いつも笑っていて、
とても魅力的だった。

そして、後に分かるのだけど、
その人も、
私の事を2年以上想い続けてくれていた。
部活(水泳)にもピアノにも勉強にも、
全部に一生懸命なのに、
いつも笑ってる所が好きだと教えてくれた。

実はずっと両想いだったのだ。
でもお互い奥手で、
告白してしまうと
今の関係が壊れてしまう気がして、
言えずにいた。

が、
そんな私たちをもどかしく見ていた
私の女友達と彼の男友達が
痺れを切らして、
中3の夏のある日、
両想いである事を
お互いに告げに来た。

Kがえーこの事ずっと好きなんやって!

そぅ友達に告げられた直後、
彼が私の所に来て、

急にこんな事になったけど、
ずっと好きやってん。
これから付き合おう。

と言われた。
私は突然想いが繋がった事に
嬉しい反面、
戸惑いを感じながらも

うん。
私もずっと好きやってん。
これからよろしくね。

っと、
顔を真っ赤に染めながら答えた。


そしてその日から、
休憩時間にはいつも彼が
私の席の前に座り、
話しに来た。

帰る時には、
彼と私の家は全く別の方向だったけど、
分かれ道までのたった100mほどの道のりを
一緒に帰ろうと彼が手を引いて歩いた。
180㎝以上ある長身、
学ランを着た彼の顔を見上げながら、
セーラー服を着た私が話に耳を傾けて
頷いていた光景を今も思い出す。

時々、休みの日には、
一緒にのんびり公園へ行ったり、
少し買い物に行ったりした。

でも、付き合うという関係になってから
私は意識してしまって、
2人になるといつも緊張していた。
自分からは思うように話せなかった。

そんな淡い、それだけの関係のまま、
秋になった。

彼は野球の推薦で遠くの高校へ行く事が
早々に決まった。

私は行きたい高校を目指して、
毎日受験勉強のラストスパートをかけて
猛勉強していた。

進路の早く決まった彼と、
これから受験を控えている私とでは、
精神的な余裕に大きなズレが生じていた。

そして、そんなズレが募ったある日、
私は彼に、

なんだかギクシャクしてるし、
元の友達の関係に戻りたい。

と言った。

それを以前から察していたらしい彼は、
悲しい顔をしながらも受け入れてくれた。


私の初めてのお付き合いは
そんな数ヶ月を経て終わった。

淡くて純粋な、
甘酸っぱい思い出。

あの頃は彼氏が出来たというだけで、
好きな人と想いが通じたというだけで、
毎日が精いっぱいだった。

卒業するタイミングで
彼と想いを通わせていたら、
また違った未来になっていたかもしれない。

でも、
そんな彼も私も、
その後いろんなご縁を経て、
今ではお互い2児の親になっている。

彼が幸せな事は純粋に嬉しい。

だって、いつまで経っても
彼は初めて付き合った人に変わりないから。

特別な恋だったと思う。


鳥取で見かけた中学生カップルの姿を
バックミラー越しに見送った後、
私は甘酸っぱい記憶と共に、
胸がキューッとするような想いを馳せながら、
車窓に映る流れゆく田舎の景色を眺めた。

淡いのぅ〜〜(*´-`)💓

↑このページのトップへ