我が家には2人の姫さんがいる。
長女「はな」ちゃんは
現在2歳、
イヤイヤ期真っ只中のおてんばさん。
次女「もも」ちゃんは
現在5ヶ月のぷくぷく赤ちゃん。
2人とも、女の子だから柔らかい響きと柔らかい印象にしようと平仮名の名前にした。

ただ今ももちゃんはまだオンリー授乳期。
離乳食もまだ開始前だし、
母ちゃんはゆっくり寝かせてもらえない。

だいたい毎日夜中に3回ぐらぃ起こされて授乳。
そして、朝には旦那氏のお弁当作りや洗濯、掃除などがあるので、授乳時間と寝かしつけ時間を見越して早め早めの隙間時間で家事を進めていく。

そして、はなちゃんもまだまだ甘えたい時期。
小さなお姉ちゃんは一生懸命我慢してる事がたくさんあるから、こちらも手をかけてあげたい。

2人の姫さまはまだまだ手がかかる時期だけど、このかわいぃ時期は今しかない。
かわいくてかわいくて仕方ない。

思いっきり可愛がって、いっぱいギューして、楽しんでおかないと損だっ٩(•౪•٩)💕

だから、今は自分の時間がほとんどなくたっていい。

はなもも、
素敵な女の子になるんだよ(๑′ᴗ‵๑)❤️
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6670.HEIC

この季節になると思い出す。
今から10数年前の出来事。


学生時代、
私は毎日チャリンコを漕ぎまくっていた。
家から最寄り駅までが遠かったので通常片道30分の道中を15分で爆走していた。

そして21の春。
まだ肌寒さの残る3月上旬。
この日私はバイト先からの帰路につき、のんびりチャリンコを走らせていた。

するといつも通る大きな交差点が見えた。
進行方向の信号は青。
余裕をこいてのんびり走っていたら、
交差点の20mほど手前に差し掛かった頃に信号が点滅し始めた⚡️

普通に考えればこの状況、このままのんびり走って立ち止まり、信号が赤になって青になるのを待つ場面。
しかしながら、通学路を爆走する癖がついていた私はこの時不覚にも闘争心に火がついてしまった。。🔥

このまままっすぐ爆走したら、ギリギリ点滅が終わる頃に渡り切れそぅや〜ん?

だが、その為には1つ問題があった。
まっすぐ行った先には高さ1m幅3m奥行き50cmぐらいの立派な植え込みがある為、その植え込みを避けて交差点に入らなければいけない。
この差し迫った状況で植え込みをちんたら避けてたら、渡り始めた頃に赤になってしまう。

大きなタイムローーース!!

そんな事を考えていた私は、問題点の植え込みにターゲットを絞った。

コイツさえいなければ無事に渡り切れる…

そして、当時少々破天荒だった私は、憎っくき植え込みに立ち向かいたくなった。

植え込み、突っ切ったろやなぃかぃっ‼️🎶

そして私は交差点まで残り10mぐらいの所から、チャリンコを漕ぐ力をMAX全開にして、助走を付け、一気に突破を試みた!!


このまま突破さしてくれ〜ぃ‼️


そしてついに植え込みに突入した途端に、

⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️

前輪に植え込みが突き刺さり、チャリンコは鉄壁のディフェンスに阻まれた。。( ̄◇ ̄;)!!

やっぱアカンかったわぁ〜〜ぃ‼️‼️

そぅ思った時には、私の身体は見事に宙を飛んでいた。
その滞空時間の最中、目の前のテニスコートでレッスンに興じていた数人のマダムたちが驚いて発狂と共にフェンスに駆け寄るのが見えた。

そして吹っ飛んだ私は咄嗟に出した右手から地面に叩きつけられた。。

お姉ちゃん大丈夫ーーー⁉️⁉️

マダムたちがフェンス越しに心配の声をかけてくれる。

大丈夫でーす🎶
ちょっと、転んだだけですからー(=´∇`=)✨
気にしないで下さいねー👍🏻🌟

植え込みに完敗した悔しさと、普通に渡っていれば何も起きなかったはずの交差点で自爆して大きく吹っ飛んだ恥ずかしさ、そしてレッスンを楽しむマダムたちに迷惑をかけたくなかった私は咄嗟にそんな事を言った。

んがしかし、胸中では…!

全然大丈夫ぢゃねぇわぁ‼️
思いっきり吹っ飛んだし‼️
誰か助けてくれ〜〜ぃ‼️(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

っという本心が溢れかえっていたが、楽しくテニスに興じているマダムたちに水を差したくなかった。
私は満面の笑みでマダムたちに会釈して、足早にその場を後にした。

が、右手から落ちた、その右腕は異常な痛みを孕んでおり、地面に叩きつけられた身体は痛みでまっすぐ姿勢を正して歩く事が出来なかった。
それでも、私はなんとか平静を装い、チャリンコを引いてかなりの時間をかけて家路に着いた。。

家に着いて、みるみる腫れる右腕を見て、

お母さん、右腕痛い…

と母に告げ、事の経緯を説明したら、

バカじゃなぃの⁉️

そぅ言われた。
ごもっともです。

そして病院に連れて行ってもらい、先生に診てもらい、ここでも経緯を説明したら、

なんで植え込みに立ち向かったの⁉️

そぅ言われた。
ごもっともです。

診察の結果、手首から10cmに及ぶ亀裂骨折だった。
亀裂骨折はポキっと折れるよりタチが悪いらしく、完治するまで半年かかった…

植え込みに立ち向かうのは浅はかだった…
そぅ感じたのと共に、こぅいぅ危険から守る為に植え込みは存在しているのだと学んだ。。


肌寒さの中に少しの春を感じるこの季節。
私は今もあの痛みを忘れていない。
しょっぱい記憶を今年も紐解いている。

ホットタオル。
それは些細な気遣いだけど、気分の癒えるコミュニケーションツールのひとつ。

昨日、唐揚げ爆弾を投下する前のいつものルーティーンで少し触れた通り、私はいつも仕事から帰って来た旦那氏に、必ずホットタオルを差し出す。
自分の体調が優れない時も、たとえ喧嘩してる時も、必ず用意する。

旦那氏はこれについて、

仕事から家に帰って来たわぁって、
ホッとする瞬間、リフレッシュ出来る🍀

と言ってくれた。


この習慣を始めたのはもちろん旦那氏を癒す事が前提ではあるけど、根本は別に理由がある。

それは、旦那氏への感謝の気持ちを忘れない為。

長い間一緒に居ると、感謝の気持ちが薄れていくというのは夫婦関係でよくある話。
そして感謝の気持ちが薄れた夫婦はただ同じ家に住んでいるだけの同居人、悪くすると相手を疎ましくさえ思うようになってしまう事もある。

私はそれがとても寂しくてもったいないと感じた。
私もいつかそんな風に旦那氏への毎日の感謝を忘れてしまうんだろぅか、そしてただの同居人になっていくのかと。

そんな寂しい将来を自ら手招くのは御免ぢゃわぃっ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶✨

そぅ思ったので、毎日感謝する瞬間を作ろうと模索してみた。
大層な事やお金をかける事は毎日続けられなくなるから、些細な事で何か…と考えた。

そして私の四次元ポケットから取り出したのは、

「ホットタオル〜〜(۶•౪•)۶✨」

これなら簡単に毎日続けられるし、
渡す時にいつも
「お疲れ様🍀」
っと旦那氏への感謝を自然に感じる事が出来る。

ちなみに寒い冬はホットタオル、暑い夏は冷やしタオル、それ以外は水で濡らした常温おしぼり。

このホットタオルの効果は想像以上で、私はこれを始めてかれこれ3年、1日も旦那氏への感謝の気持ちを忘れた事がない。

そして、私がいつも感謝している事が旦那氏にも伝わっているようで、気分屋さんながら、休みの日には労ってくれたり、楽しませようと何かサプライズを思案してくれたりする事が増えた。

各家庭、いろんな方法があると思う。
我が家にはこれが合っているようだ。

これからもコツコツ続けるべし٩( ᐛ )و🌟



🌼追記🌼
ホットタオルは簡単にリフレッシュ出来る方法なので、ご自分やご家族や大切な人が疲れている時に良かったら試してみて下さい٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♪


《作り方》

①タオルを水で濡らして硬く絞る。
  (タオルの大きさはあまり厚みのないフェイスタオルが使いやすいです。硬く絞る事で冷めにくくなります。)

②くるくるとおしぼりみたいな棒状にする。
  (この時、内側に精製水で薄めたお好みの香りのアロマミストなどを軽くシュッと吹きつけると、仕上がったホットタオルがより心地よくなるのでおススメ✨我が家は爽やかなグリーン系の香りのブレンドを使ってます🍀もちろん香りが無くても大丈夫です👍🏻)

③ジップロックに入れてしっかり空気を抜き(もしくわラップに包む)、レンジでチン。
私は600wで1分ですが、各家庭のレンジやお好みに合わせて調節して下さいね。

④ホットタオル完成🌟


出来たホットタオルは、もちろん旦那氏のように顔を拭くだけでも気持ちいいのですが、

☆眼をよく使う方、眼精疲労など
   →寝転んでアイマスクのように、目元に乗せる
☆首、肩、頭皮のこりが気になる方など
   →寝転んで首の後ろを温める

なども寝る前のリラックスタイムにおススメです(๑′ᴗ‵๑)🍀
この場合、適度な幅に畳んだホットタオルをラップで包んでから使うと、濡れない&冷めにくいです✨

ちなみに冷やしタオルは冷蔵庫で30分程で冷えますが、短時間で冷やしたい時は冷凍庫で☃️
凍らないように注意して下さいねっ❄️

このブログにお付き合い頂いた方の日頃のお疲れが少しでも癒えますように(●´人`●)🌟

↑このページのトップへ