月別アーカイブ / 2009年08月

朝、お隣の牛乳屋さんのシャッターがガラガラと開いて、それからもう少し時間がたつと、今度はとうふ屋さんから豆の甘い香がふわっと飛んできて、、、
そして夜になると、季節の移りかわりの中でじっくりと成長してきた虫たちの声。

涼しくなった頃合いを見計らったかのように、お店の裏からは鈴虫の声が聞こえてくるようになりました。
一匹、また一匹と、よくよく耳を澄ますと聞き分けることもできる鳴き声が入れ替わり立ち替わりに。
その声が徐々に重なり合っていく様に耳をそばだてていると、つい先日まではまだ西日に照らされていた時間帯の裏庭の空はすっかり闇に包まれ、月と星が浮かんでいます。

efuca.が始まって以来、今まで存分に味わうことができなかったゆっくりとした時間の流れに、ふと気付かされる日々を送っています。


はじめまして、efuca.backyard のアルジです。


教室の時間中、裏でドタバタと大騒ぎしています。
誰? 誰かいるの?と、思われている方もいらっしゃったかも知れません。

お店での販売がスタートしたら、みなさんとお話しする機会も増えてくると思いますので(本当は今までもずーっと話したくてうずうずしていたのですが、教室の進行を妨げるわけにはいかないので自重していました)、イトウともどもどうぞヨロシクお願い致します。

今後はこのblogにちょこちょこと顔を出して、ちょっと違った角度からefuca.をご紹介していこうと思っています。



blogをはじめてから何件かプレゼント用のお菓子のご依頼を頂戴していましたが、まだ何も準備ができていない頃で、泣く泣くお断りをさせていただいていました。みなさまのお気持ち本当にうれしかったです。ありがとうございました。

お教室にも少しずつ慣れて、SHOPで販売するお菓子の試作もできるようになり、今回このようなお菓子のセットをお友達のお誕生日のプレゼントとして作らせていただきました。
楽しい感じで、お友達が好きなヒツジのモチーフのクッキーを入れて欲しいとのご依頼でした。
お友達を想う気持ちが私にも伝わってきて、ほわんほわんとイメージが湧きました。お誕生日会でテーブルにちょこんとのせてもらえるような、空間を彩るお菓子になりますようにと、アレコレ考えるのはとても楽しい時間でした。

来月にはウェディングのお菓子を作らせていただく予定。
そして来週には、誕生日のプレゼントのお菓子たちvol.2が旅立つ予定です。

今回のお教室のシガレットも、いろんな色をつくって袋に詰めたり、変形させてパラソルのようにしてもとってもカワイかったですよー。



暑い中お教室にお越しいただき、本当にありがとうございます。

パンナコッタは、みなさんお家でも作ってみたい!!!
と、おっしゃってくださるのでとてもうれしいです。
画像は、生徒さんが作られたラングドシャです。
ラングドシャ=猫の舌、、、
こんなカラフルな猫の舌。おとぎの国の猫ですねー(ちょっと悪者)

生徒さんによって、全然違うラングドシャや、シガレットができるので毎回楽しみです。



今日から「パンナコッタ」のお教室がはじまりました。

そういえば、vida=feliz時代にも数回パンナコッタをお持ちしました。生徒さんに作り方を聞かれたもの№1なんですよー。楽しみにしていてくださいねー。

シガレットの方は、葉巻のように巻く作業が少し熱いので手袋をお渡ししましたが、2つめからは手袋をぬぎすてて、上手にクルクルネジネジされてました。 
私との息もぴったりで?「ハイっ」とお渡しして「クルクル」
「ハイっ」「クルクル」「ハイっ」「クルクル」
ちょっと、もちつき大会のようで楽しかったです。


またハイウェイバスに乗って東京駅にいってきました。

パンナコッタを主役にー!ということで、カワイイ器を買いに。
丸ビルにあるコンランショップで、お店で使うんだから、、、といつもの言い訳をしながら1枚、もう1枚、、、気がつけばパンナコッタに関係のないものも。あー。

歯止めがきかなくなった私の横にいた旦那さんも何やら物色していました。
なんと「岡持ち」に一目惚れのご様子で、これが何とも言えずかわいいんです。クーラーボックスタイプのこの水色のオカモチで、オーダーのお菓子などを配達してくれるのだそう。

それはさておき、今週からはじまるパンナコッタのお教室。
そのタイムテーブルなのですが、、、ウェルカムドリンクとともに試食からスタートする予定です。
脂肪分のちがう生クリームで作ったパンナコッタをワンスプーンでテイスティング。それを参考に、お好きなリキュールをいれたりアレンジしていただこうと思います。
ちょっとは主役らしい作業になってきましたか?

付け合わせの焼き菓子は、色付けをしていただいてお好きな形に薄く均一にのばしていただきます。そしてオーブンへ。

オーブンに入れたら時間との勝負です。ちょっと忙しいですよ~。
はい、はい、はい、と焼きあがったものから順番にお渡ししていきますので、少し熱いのを我慢していただきながら丸めたり畳んだり、折り曲げたりひねったりとしていただきますね!!!

どんな色とりどりの焼き菓子ができるのか、ほんと楽しみです。
パンナコッタの脇に添えて、お召し上がりあれー。

↑このページのトップへ