気が付けばブログを書かなくなっている。
きっと病気です。

ブログ書かなくなる病気。
世間では3日坊主とも呼ぶ。

どうも。
Reiです。

お元気ですか?
僕は元気です。

ライブができなくなってから結構経ちます。
とても辛いです。

バンドマンのかたわら、地球を守る仕事をしているのですが、運良くコロナの影響などは受けておりせません。
ただ、コロナから守れなくて申し訳ございません。
ウイルスには勝てませんでした。

みなさまはどうですか?
コロナで仕事が無くなってしまったりしていませんか?
できることは何もないですが…。

コロナが始まって色んな事が変化していったよね。
とてもネガティブなことだらけ。

本当に嫌になっちゃうよね。

ライブハウスもどんどん無くなっていくし。

仕方ないとはいえ、とても残念です。

escape from sorrowもちゃんとキャンセル料を払ったりしました。

コロナだからってゴネたりしてないです。

最後にライブしたのいつだっけ。

2月とかだよね。

3月に配信ライブはしたけど。

これからどうなっていくなかわからないけど、どつなっていくか待つより、どうしていくかを考えて行動するしかないよね。

コロナが始まってから、何かと考えてしまう時間が増えたよね。

心に思う事はたくさんあったけど。
この時期に出す答えはきっとネガティブな方向にしか行かない気がしたから、どう思ってても口には出さないようにしてた。

きっとそれは正解だったと思うんだよね。

僕の人生がこの先どうなっていくのかなんて
わからないんだけど、結果はどうであれ自分の感覚に従って生きていく事が肝心なんだよね。
僕はね。

お酒を毎日飲むようになってしまった自分には
とてもビックリしている。
5年後10年後はおろか、半年後の自分がどうなっているのかもわからないよね。

"どうなりたいか"を見失うととても生き辛い。

日々、無意味に感じる。

息をしている事が。

それと同時に今は明らかに人生の岐路に立っている。

それはとても感じている。

このままではいられないのは、わかっているつもり。

自分にとって何が1番幸せな事なのか、そんなことすらなにもわからなくなった。

日々、自分が溶けてなくなっていく感覚だ。

なんて、もともと自分なんてなかったのかもしれない。

そこにあると思ってただけで、ただの影だったかもしれない。

本当に中身のない人間だなって思うよ。

いや、病んでる訳じゃないです。

レモンサワー飲んでるだけです。

ほんとにほんとに早くライブできるようにならないかなー。

それだけは強く思っているよ。

そろそろ眠いので終わりにしますね。

読んでいただいてありがとうございました。

ではまた。







やぁ。
どうも。

いかがお過ごしですか?
コロナの感染拡大防止を頑張っていますか?

僕もできる範囲で頑張っています。
今日の朝は咳が止まらずに、ついにやってしまったか。。と思いましたが、咳止めを飲んだらすぐ治りました。

まぁそもそも熱は無いので大丈夫かと思いますが、結局はどんな症状がコロナなのかはっきりしていないので、悩んでも仕方ないなと思いました。

自粛生活をしていくなかで、毎日毎日"疑問"にぶつかっていて、それと向き合う度に疲れてしまっています。

そして、色んな事に疑問を持っているとそれが"不信"に変化していく事柄もあって、なかなかサバイバルな生活になっています。

余談ですが、GLAYのサバイバルのイントロギターはめっちゃコピーしました。

昨日の夜に起こった初めての体験があるんです。
もうかれこれ生まれてから何年も経っていて、
色んな経験をしてこれからも経験してくと思うんですが、、
ぼくはどちらかと言えば"病んでるの?"と心配されるタイプの男の子なんです。
気持ちの浮き沈みが激しくて周りの人に迷惑かけるあれ。

でもそれは昔の話で、今は全然落ち着いて立派な大人になったので、そんなに激しい浮き沈みはないんですが。

最近はちょっと怪しい気配を自分から感じていたのですが、ついにやってしまいました。

何もしてないのに涙がポロリ現象。

涙がポロリ現象、いわゆる"なみぽろ"なんですが(なにそれ)初めての体験だったので凄く驚きました。

窓際で夜風にあたりながら、忍者になりたいって夢を追いかけて村を出て行ってしまった元彼の事を思い出して"ばか…立派な忍者になってね"って呟いてなみぽろするのは少女漫画の主人公だけが許された現象かと思っていたのですが。

あるんですね。
実際に。

涙で鼻がツーンとしました。

泣きたくなるような事にたくさん心当たりがあるので、別に不思議ではないんだけど。

なんだか自分がちっぽけで無力で
自分の存在について疑問や不信もあったりするんです。
あれです。
海を目の前で見た時に感じるあれです。

大自然の力の前では人間なんて無力なんです!っていう感じのそれに似た感じです。
"感じ"が多くて鬱陶しいですよね。

すみません感じやすいので。

なみぽろしてるときに浮かんだ歌詞

殺したい人間がいるんだ。
それは自分自身の事なんだ。
だけど
別に死にたいわけじゃない
別に死にたいわけじゃない

って歌詞が浮かんだので、誰かメロディつけてください。

はい。


なんだかわからなくなってきてしまっているんだよ。
命を与えてもらって、死ぬまでの過程に
何か意味や意義はあるのだろうか。

きっと、バンドをやっていなかったら
高校卒業後は就職して結婚して子供を授かって
必死に働いて最後は死ぬじゃないですか。
もしくはずっと独り身でただただ生きる為に働いて死ぬ。

そこに生きる意味というものが本当に存在するのか、疑問に思うのだ。

死ぬまでの過程ってなんかこのフレーズ気に入りました。みんなも使っていいよ。


そんなことばかりを考えたいるんだけど。
きっとコロナのせいだ。

ライブという僕の人生の楽しみを奪われて
とても辛い。

生きる為に生きる、みたいなよくわからない事になってしまっているんだ。
でも逆に言えば何かのチャンスなのかもしれない。

自分を変えるチャンスであったり、何か新しい事を始めるチャンスであったり。

悩みはいつもたえなくて不満を言えばキリがない。
全てに立ち向かう強さをください。
アイビリーブです。

あ。

いま僕に起こっている事は

"失敗してもいい試練"

って考えたらなんか凄く気が楽になった。

そうだよ。
別にいいよね。僕の人生だし失敗しても。
他人にとやかく言われる筋合いなんて元からないよね。
くそ適当にやって迷惑かけるのはダメだけど。

実は失敗って敵のように見えて味方なのかもしれないな。
勝手に敵視してる節はあるよね。

神様は乗り越えられない試練は与えないって言葉も素敵だよね。

うん。

なんだかよくわからないブログになってしまいましたが、気分を悪くしたらごめんなさい。

心の叫びでした。

意味とか意義とか深く考えず、
"楽しい"って思えればそれでいいか。
まずはそれでいこう。

さ。今日も1日頑張ろう。

4/20をもってDr.ナガネコウキが脱退をいたしました。

本来ならライブをする予定だったんだけど、今の状況ではどうしても決行する事ができませんでした。
本人が1番辛いと思うけど、悔しいね。

ごめんねえすかぺーぜ。

ナガネコウキってびーちゃんって呼ばれているんだけど、なんでそう呼ばれているかは省きますね。

びーちゃんはメンバーの中で1番年下でした。

年上ばかりの中では活動するのは、なかなか辛いところもあったかと思いますが。

普段から我儘を言うタイプではない彼が
初めて自分から話したいって言ってきたのが今回のことでした。

これからは別々の道になるけど、またどこかで一緒になることは十分にあると思うからね。

別れの言葉は苦手です。

『The sun rises time after time』

陽はまたのぼり、繰り返します。

彼が志す道でまた交差しますように。

願いを込めて。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0304.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0303.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0259.JPG

↑このページのトップへ