月別アーカイブ / 2020年02月

なんだかんだブログ結構続いてるな。続いてるけどもうそろそろネタに困ってきている。2日に1回にそろそろなるでしょう、ええ。
前にも書いたような気もするけど自宅と会社の距離が実はあまりにも近いため、平日の生活は基本的に全く面白くない。0時からカウントして、19時間くらいはほぼルーティン。みんなそうなのかもしれないけど。
仕事終わりに何かしようって気にもならないから実はもっとルーティンタイムが多いかもしれない。華やかに生きたいね。

男にはいつだってロマンがあって、それは少なからず俺にもあるんだけど、もうちょっと自炊スキルが上がったらキャンプをしたい。あと大概賛同貰えないけどキャンピングカーが欲しい。
多分普段のつまらなさが引き起こす一時的なものかもしれないけど、生活に華やかさがない以上ロマンくらいは持っとかないとな。いつか。いつか!だはは。

そういやみなさんって神様って信じます?あ、宗教の勧誘とかじゃないから安心してください。創価学会でもアムウェイでもないよ。名前しか知らんよ。偏見による発言。創価学会とアムウェイ信者の方ごめんなさい。

俺はいないの分かった上で色々とゲン担ぎするタイプの人間なんだけど、そもそも神様ってなんなんだろうなと思いまして。「なんか自分にとって有益なことしてくれた人」に神って使うの蔓延してて、割と神様のハードル低いなと思いまして。神様目指そうかな。でも神様目指して優しい人になったら「仏のような」って例え出してくるからなあ。統一せんかい。

ちなみに俺のSafariでいるのかどうか一応調べたらこれ。
xLMm0EhxDM.jpg
世間どんな検索してんの?「神がいるなら、なぜ悪があるのか」て。なんか辛いことあったんか。
「神様はいると思った」も結構強い。そうですか。検索窓は感想文書くとこじゃないよ。

まあでももしかしたら神様はいるのかもね。聖お兄さんみたいに意外とすぐそばに。会ったらサイン欲しいな。

それじゃあ。

寝るのが下手くそなのか分からないけど、朝起きると基本的に肩が凝っている。正しい寝方が分からない。そろそろマイマクラに行って自分に合った枕探しが必要なのか。

自分に合った、といえば。中々に強く言えないところがあって妥協している自分が振り返るといっぱいいる。美容室とか。自分が事前に用意した「こんな感じで」に対するアウトプットが少しズレていても、まあいいか、また伸びるしって妥協してしまう。

先日ものすごく個性的な新入社員に出会った。何というか我が強い。「◯◯の時は◯◯だったんですけど」ってめっちゃ使う。年取った人間がマウント取る時に使ってくる、「俺が若い頃は」を彷彿させるような子。共通するのは聞き手側に「知らんし」って思わせてるとこ。社会の波に揉まれて死ななければいいんだけど。。。

ぽけーっとテレビを見ていたら、カメラがとらえた奇跡の映像!みたいな番組の番宣があってたんだけど、最初にスローモーションを作った?人間って相当すごくない?
全然原理とか詳しく知らないんだけど、概念レベルでの話として、絶対的に、平等に流れる時間を「遅らせてみよう」ってなったのが凄い。厳密に言うと相対性理論があるから絶対的じゃないんだけど。普通に生きてたらアインシュタインじゃなくてニュートンだよ俺らは。いやニュートンって名乗るのも烏滸がましい。
要らないから早送りするとかカットするとかは生きてる中で「無駄だな」と思えば自然と出そうからまだ分かるけど、遅らせてみようってのは思いつかん。当たり前のように存在してるから何とも思わないけど、実際最初に考えたやつ天才すぎるよ。

時間の流れといえば浦島太郎や月での生活が思い浮かぶけど、月はともかく浦島太郎なんて別に環境は地球内じゃん、って思ってた。しかしながら地球内でも相対性理論で時間のズレがあるらしい。ほんのわずからしいけど。すごいねえ。世の中知らないことばっか。
宇宙のこと考えだすと頭が痛いからゲームします。
みなさんも身の丈に合った生活を。

それじゃあ。

体に良いはずだと信じて毎日イージーファイバーによる食物繊維、R1による乳酸菌を取っていて、結果排泄の調子はすこぶる良い。いきなり汚い話してごめんね。ただしそれが体重には現れない。結局、根本的に根付いた脂肪をどうにかしないといけないんだろうな。

風呂場っていうのは俺にとっては5割カラオケの練習場であり、もう5割は思考が研ぎ澄まされている場所です。基本的にこのブログの内容だって風呂場で思いついた疑問とかが結構内容を占めている。
ただし思いついたネタだとかは体を洗ったり風呂上がりに拭いたりしてると同時に吹き飛んでしまい、「あれ、ネタの内容なんだったっけ…」ともなってしまう。結果的に記憶喪失の空間。思考と水滴はニアリーイコール。

上二つに共通するのはどちらも突発的であって、持続しない、一時的に塗り固めただけではすぐにメッキは剥がれちゃうのだろう。もっと深い人間になりたい。

風呂場で今日、シャンプーと洗顔料が同時に切れた。ついでに言うと歯磨き粉も切れた。歯間ブラシも切れた。
日用品がなくなるというのは生活サイクルが不変だから当たり前なんだけど、それが同時に一気に押し寄せると、各々の頻度がたまたま合致した公倍数が今日という日なのだろうか、とか考えちゃうね。

一応どちらも同じ量を出してるつもりではいるんだけど、シャンプーとコンディショナーが均等に減らないのがもどかしい。絶対にコンディショナーが少し余る。しかもそこで、自分にとって確固たる理由があってずっと同じシャンプー等を使ってればいいんだけど、俺はシャンプーに対してはいろんなものを試してみたい人間でもあるため、同時に無くならないという結果に激しく憤りを感じるんだよね。ただ使い切りタイプ(試供品みたいなやつ)だと単価がバカにならないし。さっさと自分に合う物を見つけなければいけないんだろうな。

髪型に関しては若干のアシンメトリーを狙ってるけど、こういう普段の生活ではシンメトリーを無意識に追い求めていることに気づく。カレーとご飯の割合はシンメトリーであってほしい。ご飯だけ異常に多いと太っちゃうしね。

それじゃあ。

↑このページのトップへ