ウォルト・ディズニー・ジャパンより眠れる森の美女(オーロラ姫)のLINE着せかえがリリースされました🌹

実はオーロラ姫は他のディズニープリンセスと違って直線的なラインで描かれているんです!
凛とした大人っぽい雰囲気を醸し出せるのもその為ですね✨
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3811.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3820.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3821.JPG

ちなみに映画の制作途中では、アイヴァンド・アールが描いたスタイリッシュな背景に合わせて
キャラクターのフォルムも直線を意識したものに変更されたそう。
そんな話も納得してしまう程に「眠れる森の美女」の背景画は重厚感があって美しいのです…💕


JTの電子タバコ「プルーム・テック」の新商品
和梨と洋梨のMIXフレーバーのメインビジュアルを制作しました!

全国のコンビニや自販機、販売店などで大きく展開されています🍐
 
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2557.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2481.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2562.JPG
爽やかなカラーリング!

コンビニにはイラストを全面に使った特設ラックもありますので、お買い物ついでにぜひチェックしてみてくださいね〜🙌
 
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2509.JPG

全国各地のRETHINK CAFEとMercedes me Tokyo UPSTAIRSで
楽しめるコラボメニューの梨フローズンもおすすめです🍏

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2462.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2571.JPG
梨の旨味が凝縮された感じ。とってもジューシーで美味しかった…!!!

原宿のRETHINK CAFE、初めて行ったけどすごく居心地が良いんですよ。
どうやら漫画が読み放題らしいんですが
アレ?漫画なんてどこにあるっけと思って見渡すと真っ白なカバーの本がずらりと並んでいて。
 
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2737.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2733.JPG
タイトル部分にオリジナルのコピーが入っており
1つ1つの作品に対する愛が溢れていてるんです…!
(楽しいだろうな〜これ考えるの)

文房具やコピー機など自由に使えるので、セカンドオフィスとしても重宝しそうな素敵カフェでした🍹

累計50万枚以上のセールスを記録している大人気「リラクシング・ピアノ」シリーズから
ディズニーの名曲を揃えた珠玉のピアノ・アルバムがリリースされました!

収録曲でもある「リメンバー・ミー」の世界観を表したCDジャケットイラストを担当しています。

時代を超えた名曲から最新のディズニー作品主題歌まで、きっと誰もが一度は耳にした事のある曲ばかり。
ダイナミックなピアノアレンジによって、慣れ親しんだディズニーソングの新たな魅力を感じることができます。

1曲目がラプンツェルの「自由への扉」っていうのがまたいいですね〜。
リラクシングCDということで1日の終わりに疲れを癒すように聴く方も多いのかなと思うのですが
「1. 自由への扉 」と「 2. どこまでも~How Far I'll Go~」は一日の始まりに聴きたい曲です個人的に😄

ノートルダムの曲が収録されているのも嬉しいなぁ。アラン・メンケン大好きなので!

下記の商品ページでも全曲視聴できますので是非♪

https://healingplaza.jp/products/DLRP-226
 

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2377.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2378.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2379.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2345.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2351.JPG



__________________________________________________________________________________________________________


本作は、第90回アカデミー賞®で「長編アニメーション映画賞」「主題歌賞」をダブル受賞した映画『リメンバー・ミー』から、主題歌「リメンバー・ミー」を収録!その他、『アナと雪の女王』『美女と野獣』『シンデレラ』など、メロディーを聴くだけで映画の名シーンが蘇る楽曲から、世界各国のディズニーパークで公演されているナイトパレード曲まで、バラエティーに富んだラインナップでお届けします。

また、ジャケットイラストは、広告、CM、ミュージックビデオなど、幅広い分野で活躍中のイラストレーター、越前菜都子氏が手掛けました。映画『リメンバー・ミー』の世界観を表した彩り豊かで繊細なタッチのイラストが、まるで夢の国を訪れたようなワクワクした気分へと誘ってくれます。

ディズニーの名作が生んだ楽曲の数々を、やすらぎのリラクシング・ピアノでお楽しみいただける本作。ぜひ、あなただけのお気に入りのディズニー・ソングを見つけてみてください♪

<収録曲>
1. 自由への扉 (映画『塔の上のラプンツェル』より)
2. どこまでも~How Far I’ll Go~ (映画『モアナと伝説の海』より)
3. エレクトリカルパレード
4. サムデイ (映画『ノートルダムの鐘』より)
5. 組曲「くるみ割り人形」 (映画『ファンタジア』より)
6. チム・チム・チェリー (映画『メリー・ポピンズ』より)
7. ベラ・ノッテ (映画『わんわん物語』より)
8. 愛の芽生え (映画『美女と野獣』より)
9. これが恋かしら (映画『シンデレラ』より)
10. 私の赤ちゃん (映画『ダンボ』より)
11. 生まれてはじめて (映画『アナと雪の女王』より)
12. リメンバー・ミー (映画『リメンバー・ミー』より)

 

glamb Winter Collection 2018 先行予約が開始しました!
ロック誌の表紙をイメージした『LEGEND T』のグラフィックで5年ぶりのコラボレーションをさせて頂いてます。

モンゴルで撮影されたPVにも着用シーンがありますので(0:17あたり)是非ご覧下さい!めちゃくちゃかっこいいです!
https://www.youtube.com/watch?v=z_3BKd8iA-Q


LEGEND T 商品紹介ページ
http://www.glamb-lodge.com/fs/glamb/glamb-18wt/0418t01

越前菜都子氏がglambの為に描きおろしたオリジナルイラストによる1枚。
カート・コバーンを思わせるグランジムード漂う女性をファッショナブルなフォントで飾り、架空のロック誌の表紙に仕立て上げました。ラフと洗練が同居した、アーティスティックな魅力に満ちた一枚です。


予約締切2018年8月13日(月)12:00



実はイラストレーターとしての初仕事が6年前のglambさんとのコラボTシャツでした。
美容室に飾ってあった私の作品を見かけてご依頼頂いて、本当にラッキーだったと思います。
今回5年ぶりにコラボさせて頂き、実績も実力もないのに自分の可能性にワクワクしていた当時の気持ちを思い出しました。
何を得ても何を失っても、自分を信じることだけはやめたくないですね。
進化し続けるglambさんに追いついていけるよう、これからも邁進します!

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1692.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1693.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1695.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1697.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1701.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1703.JPG

江口寿史先生の個展@スパンアートギャラリー
入場規制がかかる程の大盛況でした!
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1208.JPG

時代を超えたイラストレーションと様々な年齢層のファンの方々を見て、作品を通して本当にたくさんの人生を彩るようなお仕事をされてきたのだなぁと感動しました。

そして今回やっとサインを頂きお話しもすることが出来ました!
私はめったに緊張することはないんですが、江口先生との時間は別格で…こんなに動悸が激しく声が震えるものかと自分でも驚きました。
この緊張感はピエール瀧さんと台本なしで絡む生放送の番組の出番直前依頼です。。

展示の後は胸がいっぱいで、映画を観る予定もとりやめて、ただただ江口ワールドに浸るという幸せな時間を過ごしました。
自分が年齢を重ねる程に「アップデートを繰り返しながら長い年月活躍し続ける事」がどれだけ尊いか、身に染みてわかってきた気がします。

6MVnTZUK6X.jpg

↑このページのトップへ