宝物。 : 超特急 公式ブログ
「超特急のバックボーカル」という自覚を持って、8号車のために何ができるか。自分の想いを、仲間を信じて。たくさんの人と考えて、行動をしてきた。未来をみるために。僕らしかできないことで、みんなを笑顔にするために。僕は、超特急と生きてきた。超特急はほんとに素敵な
lineblog.me