中学に合格した生徒が、昨日から引き続き授業を受けに来ました。

お母様もご挨拶に見えましたが、本人が早く塾に行きたいと今までになやる気を見せていると喜んでいらっしゃいました。

受験は、本人ばかりでなく、家族の皆さんも大変です。

その中でも、一緒にいる時間の長いお母様は、本当に大変だったのではと思います。

でも、合格し、こうしてやる気を見せてくれると受験をさせた会があったというものではないでしょうか。

合格が彼に自信を与え、変えたのだと思います。

あとは、このやる気がずっと続くように我々がフォローしていくことが大事となります。

我々も彼に負けないように頑張らなければ!

 

受験が終わって合格しても彼のようにやる気になっている生徒ばかりではないでしょう。

少しは、ゆっくりしたいとか、保護者の方もしばらくはと思っていらっしゃるでしょう。

でも、私立中学は、当然勉強のスピードも速く、内容もレベルが高いものとなっています。

その最大の要因は、公立の中学校ではほとんど使われていない6年一貫用の検定外教科書を多くの私学が使っているからです。

例えば、英単語を見ても検定教科書は、3年間で1200~1300語程度です。

検定外教科書は、中学3年間で4000語となっています。

3倍強の英単語が出てきます。

単純に考えれば、3倍のスピードで進むと言うことです。しかも高レベルの内容を。

 

受験が終わったばかりなのにと思っていらっしゃるでしょうが、これも受験に合格した生徒、保護者の皆さんの贅沢な悩みと思ってください。

授業が始まったら、クラスメイトはみんな受験に勝ってきた選ばれた生徒なのですから。

 

私学生コース

Simplog