ここ数年、私立高校を第一志望とする生徒も増えてきました。

その場合、最初に考えるのは、神奈川の場合あまりポピュラーではない一般入試(オープン入試)より、推薦または、併願を考える方が多いと思います。

その際、注意しなければならないのは、偏差値が高いから、推薦基準が高いとは限らないと言うことです。

逆に言えば、偏差値や進学実績もたいしたことないのに基準だけ高い高校が存在すると言うことです。

 

例えば、

私立A高校 偏差値62卒業生 約400名

進学実績(早慶上理+GMARCH)  67名

推薦基準112/135 併願基準 114/135

 

私立B高校 偏差値68 卒業生 約180名

進学実績(早慶上理+GMARCH)  195名

推薦&併願基準5科21 (中3の成績)

 

単純に偏差値と進学実績だけを考慮すれば、圧倒的にB高校が上と言うことになります。

5科より4科の方が、多少いい生徒は、A高校のほうが有利と言うことになります。

ただ、A高校の場合、中2の成績も加味されますので、中2の段階から取りこぼしができません。

というのも、112/135と言うことは、平均すると各学年9科37.33・・・取らなければいけないということで、中2の成績が9科36の場合、中3の成績は、9科38以上必要となり、2科目以上5を取る必要があります。

B高校は、中3の成績だけであり、5科にシフトして1科目5を取れば、合格できます。

しかも進学実績は、卒業生の数が半分以下なのに早慶上理+GMARCHだけでも3倍弱違います。

 

A高校は、併願の基準も推薦と同じなので、公立を志望している生徒も思い切ってチャレンジすることもできます。

 

これは、1例に過ぎません。

いろいろなパターンがあります。

志望校選ぶ時は、慎重に、と言うよりプロに相談して下さい。

高校の詳細な情報は、保護者の方だけで調べてもよくわからない場合が多々あります。

 

当塾も高校受験の相談は随時受付けいます。

ぜひご利用下さい。

 

☎ 0120-339-047

個別指導Y塾

f:id:yjuku:20190213011032j:image

前回は、偏差値とS値の関係をお話しましたが、高校を決める上で大事なポイントに大学合格実績があります。

神奈川の公立高校の場合、偏差値と合格実績があっていない場合があります。

一部の例を早慶上理+GMARCHの合格者数で挙げると

偏差値55 県立A高校 40名

偏差値56 県立B高校 78名

偏差値60 市立C高校 79名

偏差値61 市立D高校 119名

A高校とB高校は、偏差値が1ポイントしか違わないのに合格実績に38名もの差があります、

B高校とC高校は偏差値に4ポイントの開きがあるのに進学実績は、ほとんど変わりません。

C高校とD高校の偏差値は、1ポイントしか違わないのに合格実績は40名も違います。

 

従って、前回のS値と進学実績に両方を考慮に入れて高校を選択しないと、高校3年生になって後悔することになるかもしれません。

yjuku.jp

1514433932168.jpg


 


2月14日は、公立高校入試です。

受験生は、最後の追い込みで必死です。

中2の皆さんも来年の今頃は、必死で勉強していることでしょう。

ところで神奈川も公立高校の入試のシステムはご存知ですか。

いろいろ複雑ですが、基礎的なこととその落とし穴をお話します。

 

まず、多くのみなさがご存知かと思いますが、公立高校は、各高校が出す「内申点:入試得点:面接点」の割合の合計で決まります。(1次選考)

例えば、桜丘高校は、今年度から4:4:2となりました。 また、光陵高校は、3:5:2です。

この割合出されたそれぞの得点の合計が、S値と呼ばれ、このS値で1次選考は行なわれます。

とりあえず、1次選考から、その注意点を話します。

例えば、

光陵高校の偏差値は、68です。 同じく、横浜平沼高校の偏差値は、66です。

ところが、光陵高校のS値は、896、同じく、横浜平沼は、901となります。

比率の違い等いろいろな要素がありますが、生徒によっては、横浜平沼高校の方が、光陵高校より、入りにくいと言うことになります。

高校の選択を偏差値や通っている中学の過去のデータで決めてしまう方が多いようですが、そうすると失敗してしまうことがあると言うことです。

当日の試験ではなく、高校の選択で失敗してしまうと悔やみきれないことになるでしょう。

 

今の入試のシステムは、本当に良くできていてすばらしいと思います。

正しく使えば、それだけで間違いのない志望校選択ができ、悔いのない入試となるでしょう。

1536756683739.jpg

↑このページのトップへ