定員厳格化も平成31年度(今年度)入試がひとまずの目処となっていましたが、私立大学が非常に難しくなっています。

センター試験を見ると日東駒専で、学部によっては、合格判定が90%を超えています。

これは、センター試験が難しくなったわけではなく、定員の厳格化に影響によるものです。

昨年度、ネットでセンター84%でA判定もらっていたのに不合格だったとか、学校では、センター80%お墨付きをまらったのに、届かなかったとか、出ていましたが、うちの生徒たちは、早めに合格していたので、まさかと思っていましたが、センターのボーダー発表を見て驚きました。

問題の難易度が上がったわけではなので、当然、一般入試も同じ状況です。

新高3生は、今まで以上に受験勉強のペースを上げる必要があるでしょう。

また、今までの制度で最後となるAO,推薦入試も志望者が増えてくるのではないでしょうか。

AO、推薦入試を軽く考えている生徒も見受けられますが、偏差値50レベルの大学でもかなり時間を要する場合があります。

プレゼンがある大学の場合は、それなりの準備も必要となります。

高校と大学は、大きく異なるので、注意を要する点です。

 

AO,推薦入試また論文入試を考えている生徒は一度塾に相談してみてください。

将来のビジョンや大学での学びたいことなどを問われるのは、もちろん、文章力や表現力でなく、訴求力を問われます。

1536756683739.jpg



書類や面接だけで合格できる推薦入試 あるいは 論文だけで合格できる AO 入試は 新高3で最後になります AO 入試は 「総合型選抜」、 推薦入試は「学校型推薦選抜」となります。
センター試験に代わる大学入学共通テストを最低1科目受験しなければいけなくなります。 
従って、来年の推薦入試は、 受験者数が増え、その上、今年から始まった定員の厳格化により競争が激化するでしょう。
でも 最後の AO 及び推薦入試を利用しない手はないと思います!
そういった意味でもあと半年余りとなった推薦入試の対策は、もう始めておくべきでしょう。
当塾でもそれに備え、大学推薦入試対策授業コース始めます!
IMG_20180928_134708_646.jpg

まず、偏差値65のペーパー入試で東京農大一高に合格しました!

よく頑張りました!

そして、今日は公立高校入試の日です。

どうったんだでしょう!

 

ということで当塾の受験についての方針と言うか、考えについて書きます。

当塾は、大学受験までやっているのもあって、目先の受験だけでなく将来の目標達成を考えたアドバイスを行い学習を進めていくように心がけています。

(必ずしも持った通りには行きませんが)

 

前述の東京農大一高に合格した生徒も将来、野菜の品種改良の研究を目指し、農大&農学部を志望しています。

その最初のステップとして東京農大一高を受験し、見事合格しました。

彼は、もう次のステップの大学の目標も立てています。

また、公認心理師を目指して、大学受験を頑張っている生徒、将来サッカーで全国大会を目指し、中学受験を見事成功し志望校に受かった中学受験生もいます。

 

また、以前も管理栄養士を目指して、付属高なのに受験し、見事に合格した生徒や看護師を目指し、看護科の高校から県立大学に合格した男子生徒、西洋の庭園に憧れ農大の造園科に進んだ生徒たちがいます。

 

中学生にもピアニストになるために東京芸大を目指している生徒もいます。

 

なかなか全員と言うわけにはいきませんが、目標のない生徒には、できるだけ目標見つける手伝いをして、受験の指針なるようにアドバイスを行なっています。

 

生徒の要望に応えられるようにいろいろな情報を得て、資格のだけでなく、できるだけ多くの情報を流すようにしています。

そうすることによって、生徒自らが目標を見つけ、受験に進んでいけるように導くようにしています。

ご自分のお子様が目標を持っていないと嘆く保護者の方もいらっしゃいますが、目標がないのではなく、知らなかっただけと言うことも多々あります。

そこの手伝いから、当塾はやっていきます。

 

そのおかげもあってか、管理栄養士と看護師は複数名、大学に進んだり、すでに資格を取っている生徒がいます。

 

高校も大学も、そして私立中学も名前でなく、どの学校が一番その生徒の目標をかなえられるのか、また、その生徒に向いているのか、考える必要があり、その手伝いから、行なっていきます。

保護者の方では、なかなか難しいことや親子だからこそ、言い辛いこともあると思います。

そういったことも聞き出し、時には励まし、時には叱咤して目標達成に向かっていきます。

 

個別指導Y塾

↑このページのトップへ