月別アーカイブ / 2018年10月

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7830.JPG
本島北部にあるワルミは観光客の増加により、今は入り口が閉鎖されており入場できないようになっています。
入り口周辺には住宅もあり、住んでいる人もいるのでブームにより観光客が押し寄せ、ゴミの問題や駐車違反の問題などが発生してしまい、最終的には無期限の閉鎖となりました。。

とても残念なことですが、それほど深刻なゴミや駐車違反の問題だったのだと思います。

陸地からは立ち入ることのできなくなったこの神聖な場所もカヤックやスノーケリングなど海側からは近くことが可能です。

もちろんゴミや駐車違反などはしないようにしましょう。

私も数キロ離れた駐車場に車を止めて、歩いて行きました🚶‍♂️🚶‍♀️
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7833.JPG
歩くのも楽しいし、海が見えた時の感動は最高でした😀😀
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7832.JPG
誰もいない自然のビーチを歩いて、時にはスノーケリングしながらたどり着いた『ワルミ』はとても神秘的で、この場所だけひんやりしていて心地よい風が吹き込んでいました😀
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7823.JPG
また時間ができたらこの場所に行きたいと思います。。。

※台風などでゴミが流れ着いていたので、帰りはゴミを拾って掃除をして帰りました😀

綺麗な海!綺麗な場所!いつまでも残して行きたいですね。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6876.HEIC
秋になると太平洋高気圧は弱まり低気圧と高気圧が交互に日本付近を西から東に移動していきます。
この繰り返しにより暖かくなったり、寒くなったりして気温は下がっていきます。
もしろん水温も徐々に下がっていくので、ダイバーの皆さんは海水パンツとタッパー(上着)や3mmのスーツだった人が、5mmのフルスーツや2ピースになったりして徐々に防寒に力を入れるようになります😀
ダイビング後に船の上でボートコートを着る人も増えてきますね。

10月も今頃になると秋雨前線が九州の南側に南下し、大陸の高気圧から季節風が吹きはじめます。

沖縄地方では夏の南季節風にかわる北東季節風のはじまりです。
これを方言で「ニーニシ(直訳すると新しい北風)」と呼びます。

この風が吹くと次第にこの北風が安定して吹くようになり気温や水温が更に下がります。

水温が下がりきる前に冬支度をして新しいスーツや防寒具の準備をお勧めします😀

ちなみに僕はドライスーツをそろそろ着ようかと思っています😅

また数日したら暖かい天気に戻るようなので、楽しみです🤙

ZcUwzCBRCN.jpg

今年は本当に大きな台風が各地で被害を起こしています。

ダイビングは安全第一で開催されるので、台風が発生するとダイビングを中止する日も出てきます。

雨が降るくらいであれば沖合のポイントであればあまり影響が出ませんが、台風ともなると風が吹き波が高くなるので、風の影響のない島影や湾内などに行くことが多くなります。

そんな場所ではマクロ系の生物を探すようなのんびりしたフィッシュウォッチングのダイビングが、多いような気がします。

台風が停滞してしまうと同じポイントに何度も入ることもありますが、各ガイドがコースを変えたり、見せる生物を変えたりしながらゲストが満足できるように試行錯誤しているはずです😅

台風が近づいてきて強風域に入ると潜れるポイントはかなり狭まりますが、まだ入れるポイントが地域ごとにあります。ただし普段はメインで潜らないようなある意味レアなダイビングになることもあります😂

暴風域に入るとダイビングは諦めてください🤦‍♂️🤦‍♀️

逆に武勇伝のように「こんな嵐でも潜ったぜ!」というやうな人は相手にしない方が良いです😅

まず危険です。

そして楽しめません。。

暴風域に入らなくても台風の時はキャンセル代が発生しないことがほとんどです。

もちろん台風の影響が出ても楽しめるポイントもありますので、不安な方は各お店に確認すると良いですよ😀

安全あってのダイビング!

不安があったら楽しめません!

台風の時でもしっかり確認して安心、安全、快適なダイビングを楽しんでくださいね😀

台風は海水温で大きさも威力も変わってくるので、温暖化の進んでいる現代は本当に普段の生活から温暖化を阻止する生活を心がける必要があるのでしょうね。



↑このページのトップへ