_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6876.HEIC
秋になると太平洋高気圧は弱まり低気圧と高気圧が交互に日本付近を西から東に移動していきます。
この繰り返しにより暖かくなったり、寒くなったりして気温は下がっていきます。
もしろん水温も徐々に下がっていくので、ダイバーの皆さんは海水パンツとタッパー(上着)や3mmのスーツだった人が、5mmのフルスーツや2ピースになったりして徐々に防寒に力を入れるようになります😀
ダイビング後に船の上でボートコートを着る人も増えてきますね。

10月も今頃になると秋雨前線が九州の南側に南下し、大陸の高気圧から季節風が吹きはじめます。

沖縄地方では夏の南季節風にかわる北東季節風のはじまりです。
これを方言で「ニーニシ(直訳すると新しい北風)」と呼びます。

この風が吹くと次第にこの北風が安定して吹くようになり気温や水温が更に下がります。

水温が下がりきる前に冬支度をして新しいスーツや防寒具の準備をお勧めします😀

ちなみに僕はドライスーツをそろそろ着ようかと思っています😅

また数日したら暖かい天気に戻るようなので、楽しみです🤙