いつもDrop’sへの応援ありがとうございます。

この度、皆さまにご報告がございます。

Drop’s
のドラマー・奥山レイカですが、かねてより左腕に痛みと痺れがあり、医師より腱鞘炎と神経脱臼の診断を受けていました。

最大限のケアをし、活動を続けていましたが

この先、ドラムを叩き続けていくのが難しいという判断に至りました。

本人の「決まっているライブはやり切りたい」という意思を尊重し、

現在発表されております12月の各イベントへの出演に変更はございません。

また、メンバー全員からの強い希望により、

年明け201718()に地元・札幌cube gardenにてワンマンライブを開催し、その日をもって脱退となることが決まりました。

今後、中野ミホ(
Vo)、荒谷朋美(Gt)、小田満美子(Ba)は拠点を東京に移し、現在在学中の石橋わか乃(key)も含め、Drop’sでのバンド活動は続けてまいります。

また、石橋わか乃を除く
4人編成での出演予定としていました12/23名古屋公演、12/25東京公演、12/28大阪公演、12/29東京公演は、スケジュールの再調整を行いフルメンバーでの出演に変更させて頂きます。

結成から約
7年、同じ高校で偶然出会った5人で結成したDrop’s

このようなご報告をさせていただくことになりましたが、

皆様には、Drop’sの新しい音楽をお披露目できるよう準備してまいりますので、変わらぬ応援をどうぞ宜しくお願い致します。


Drop’s
メンバー一同 / base inc. / KING RECORDS


----------------------------------------


いつもありがとうございます。

ファンの皆さま、関係者の皆さま、突然このような形でのご挨拶となってしまい申し訳ありません。



私、奥山レイカはこの度、来年の18日をもってDrop'sを脱退することとなりました。



今年に入ってから左腕の腱鞘炎の悪化に加え、手が痺れるようになり、自分で納得のいくプレイが出来ない事、何よりバンド活動の足を引っ張っているように感じてしまいドラムを叩く事自体にストレスを感じていくようになっていました。


今の自分の状態でこの先ドラムを続けていけるのかも含め、自分自身のこれからの事、バンドのこれからの事、たくさん考えました。

結果、私は脱退することを決めました。


応援してくださるファンの皆さま、いつも支えてくれるスタッフの皆さま、そしてどんな時も一緒に活動してきた
Drop'sのメンバー、私はたくさんの人に恵まれて幸せです。

今まで本当にありがとうございます。

7
年間、Drop'sとして過ごした事はこれからも私にとってかけがえのない大切な思い出です。

Drop's
はこれからもずっと続いていきます。

ファンの皆さま、関係者の皆さま、どうかこれからも変わらずDrop'sをよろしくお願いします。


奥山レイカ


--------------------------------


私たち
Drop'sは、

高校の軽音楽部で出会ってからずっと

一緒に音楽をつくり、色々な所へ行ってライブをして、沢山の時間を5人で過ごしてきました。

レイカと共に
Drop'sを続けていきたい、という気持ちは変わらずあります。

ですが今回、彼女の腕の状態、そして心境のことを知り、メンバー、スタッフみんなで話し合いを重ねました。

その結果、このような形をとることになりました。

応援してくださっている皆さんを驚かせてしまい、申し訳ありません。

正直、悔しい気持ちもあります。

ですが、

レイカのこれからの人生が、この7年間の思い出とともに素敵に輝くことを、ほんとうに祈っています。

このメンバーでの活動は一旦おわりになりますが、

まだまだDrop'sを止めるわけにはいきません。

これからも、私たちの音楽をどんどん皆さんのもとへ届けていきたいと思っています。

楽しみに待っていてください。

引き続き、あたたかい応援をよろしくお願いします。


Drop's

中野ミホ

荒谷朋美

小田満美子

石橋わか乃