昨日はSweet&Muddycheeks、渋谷o-nestでKoochewsenをお迎えしましたー!!

MCでも話しましたが、KoochewsenとDrop's、実は結成時期が同じくらいらしいのです!多分!笑

初めて出会ったのはたしか数年前の名古屋でのイベント。その時は長丁場のイベントだったため、あまりお話とかはできなかったと思うのですが、一昨年東京で対バンした時に覚えてくださってて!

ずっと一緒にやりたかったのが、今回叶えることができました〜!!

一聴すると、全然ジャンル(?)の違う2バンドですが、

そもそもジャンルって何?
カッコいいもんはカッコいいじゃん!!

というのが分かってもらえたかな〜と思います。


アンコールでは、名古屋でThe Songbards ともやらせて頂いたように、Koochewsenともセッション!!

ボーカルのリヨさん、キーボードのベントラーカオルさんに参加して頂きました。

曲は「飾りじゃないのよ涙は」!

選曲理由は、まずリヨさんの井上陽水を聞きたい(私たちが)、じゃあ中野は中森明菜で、というもの(笑)

私たちからの強引なお誘いに乗って頂いてありがとうございました!!

中野がやたらに楽しそうでした!!笑

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1088.JPG

いや〜楽しかった〜。


次の東京でのライブは3月末までないのですが、
2月は中野ミホ企画「うたかたイン・ザ・ムード」vol.1が開催されますー!!

2.12(火)新宿レッドクロスにて!

この「うたムー」第1回ではPEROのムカイダー・メイちゃんと、余命百年のやまのはさんをお迎えするそうです!

弾き語りスリーマンということで、、絶対楽しいので応援しに(見に)行きます。笑

みなさんも是非遊びに来てください〜。



以上小田でしたー!

どうも!小田です!

遅い時間に失礼します〜!


今日は「Sweet&Muddycheeks」の記念すべき1発目、名古屋UPSETでした〜!

初回のゲストはThe Songbards!!

去年の夏に初めて対バンして、「なんていいバンドなんだ!」とメンバー全員ノックアウト(笑)され、今回企画に呼ばせていただくに至りまして…。

でも実はそれよりずっと前からお互い気になってる存在だったことが発覚しまして、本当に一緒にやれて嬉しかったなぁ〜。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1075.JPG
アンコールでは一緒にビートルズをセッションしてくれて!
改めてThe Songbardsありがとうー!!


名古屋は3月にもIMAIKE GO NOWの出演が決まってます!!
Drop'sは24日です〜!また来るね〜名古屋〜
この1年突っ走るため、とても良いスタートが切れたんじゃないかなと思います。

次のミニアルバム「trumpet」のレコーディングも順調に進んでおります。ふふふっ。


次は1月30日!Sweet&Muddycheeks東京編、渋谷o-nestにてKoochewsenをお迎えして!お待ちしてます!!!

またスペシャルなことあるかもよ〜。


ではまた!

小田でした〜。



O8QRmH3Gn0.jpg
そういえば今年最初のブログなので、今朝の縁起の良い写真を。
(やっぱり未だに高速で富士山撮っちゃう)






あ、あけましておめでとうございます。

ISHIKAWA_organ_S.jpg

1. Cinderella

リズムパターンやドラムセットのチューニングなど、自分のアイデアには無かったものが盛りだくさんで 曲作りからレコーディング、ミックス、マスタリングまで 全部が新鮮で 全行程とても楽しかったです!多保さんのアイデアと私達の演奏のコラボレーションをどうぞ楽しんでください〜!

 

2. 新しい季節

自分が加入して初めてのライブから演奏していて、ライブをやる中で少しずつ形を変えて育っていった曲です。前へ向かう推進力をイメージしてドラムを叩きました。歌詞の「なんのため明日へゆくのかわからずに でも信じてやめないよ」の部分が大好き。聞いた人の心が前向きに進んでゆきますように!

 

3. Cookie

歌詞に「ニューオリンズ」が出てくるので、ニューオリンズのリズムのひとつの、セカンドライン風なスネアを取り入れてみました!イントロから鳴りだすリバーブの効いたフロアタムの音が パレードの大太鼓みたいでお気に入り。大切な人とのなにげない会話の大事さを感じてほしいです。

 

4.こわして

全然可愛くなくて、お気に入りの曲です笑 重くて粘り気があるけど キレのあるビートを意識しました。ベースとの絡みが難しくて、小田とニュアンスを模索して ここに辿り着いた感じ。ライブでは この曲はとくに気合い入れて 曲の頭からドラムひっぱたいてます。

 

5.ふたりの冬

ワルツを感じるようなゆったり ふんわり きらきらしたリズムと音色を意識しました。「ふたりは世界中どこよりも寒い冬を待っていた」って歌詞がとても好き。どこかで ある二人が寒い中寄り添う 映画のワンシーンのような景色を想像しながら、ロマンチックを込めて叩いてます!

 

6.冬のごほうび

ついにこの歌を演奏することができた!万歳!という感じの曲。ロッドという細い竹を束ねたスティックを使っていて、軽やかな音を目指しました。個人的に ばかたれ って言葉に衝撃を受けて、好きな言葉になりました笑 冬に失恋をしたらこの曲を聴いて 東北に行きたいです笑


↑このページのトップへ