3月6日(水)に発売された新しい学校のリーダーズ 2ndアルバム「若気ガイタル」にベースで数曲参加させていただきました!
聴いていただけたでしょうか?
今回も一緒に演奏させて頂いた方々は同じで、
ピアノ、作曲のH ZETT Mさん、ギターの名越 由貴夫さん、ドラムの柏倉 隆史さんです!続けて一緒にできることの幸せを感じながら演奏しました。 僕の熱いパッションは前回のブログを見ていただけるとわかるはずです。
そして今回は参加させてもらった各曲について書こうと思います。主に自分のベースのことばっかり書きます。語彙力がないので擬音が多いです。
D08SjjCU0AAHj_S.jpg

01.試験前夜  
 使ったベースが
Kazu Guitar Villageのジャズベースで弾きました。この休符の感じをひたすらキープするのが緊張してます。超緊張してます。サビをシンセベースで弾いてるのでブニョブニョ鳴ってて大満足です。

02.迷えば尊し
 この曲も前回のブログに書いてあります。使ったのはNavigatorのサンダーバードプレべ。


03.まさ毛カンナヴァーロ
 歌詞を聞いた時に僕はどうしていいのかわからなかった。わからなかったんだ。使ったベースはフェンダーのプレべです。H ZETT Mさんのピアノソロといい名越さんのギターソロといいフリーなのに圧というか迫力のあるソロがすごいです。最後のまとめに入る前の柏倉さんのドラムもドンスコドンスコいっててすごいことになってる。

04.恋ゲバ
 この曲はフェンダーのプレべで弾いた音です。ストレートでブリブリしたノリノリピックです。間奏でピアノだけになるところが大変気持ちいいところも一押しポイント

05.雨夜の接吻
 feat.H ZETTRIOさんでございます。裏打ちが大変最高で僕のツボを押してきます。

06.ストリッパーに栄光を
 
feat.H ZETTRIOさんでございます2。すごい都会を感じさせます。都会。なんかこう大人。声との対比がすごく面白い曲です。すごい見透かされた感じの声です。

07.狼の詩
 
feat.H ZETTRIOさんでございます3。僕の中でなんかこうH ZETTRIOさん!って感じの印象の曲です。もちろん違うんですけどロックなんですけどJAZZなんですなこうオシャンティイカチィ曲です。

08.チラチラチラミー ~試験当日~
 打ち込み系の曲なんですけど、イントロのベースの音とブレイクのドラムが最高で、多分一番よく聞いてる曲。その後の808系の音聞いてるだけで幸せになる。


09.透明ボーイ
 これも使ったベースがKazu Guitar Villageのジャズベースです。ドンドドコドドンドドコドの後のブレイク復帰時に使うベゴゴゴベゴゴゴってシンセがロジエモ譲りのシンセだったりします。オカズをビクビクしながら入れまくった後にH ZETTMさんに『これ大丈夫でしょうか・・・?』って聞いたら『いいですねぇ!』って言われて凄まじく安心した曲です。

10.楽園にて、わたし地獄
 これもまたKazu Guitar Villageのジャズベースです。オシャンだけどちょっと悪ふざけ感があるベースのつもりで弾いてます。おかずポイントがあってベース頑張った!頑張ったよお前!っていう場所が一箇所あります。他のメンバーの方が生暖かい顔で見てたんじゃなかろうかって言う勝手な妄想をしてます。

11.知りたい
 ピアノと打ち込みの融合系です。音の規模が大きくて映画のエンディングみたいな音してます。絶対これ映画だよって思う。俺は猫派

長くなりましたがこんな感じです。そして配信サイト各種ございます。
是非聞いてみてください。このブログの内容思い出しながら聞くと僕個人の必死さが伝わるはず。

Apple Music
Spotify
LINE MUSIC
他、主要配信サイト