月別アーカイブ / 2019年10月

ソニーが10月16日、ウォークマンの限定モデル「NW-A100TPS」を発表しました。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6228.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6243.JPG

1979年に発売されたウォークマン1号機の発売から40周年を記念したモデルとして、発売当時のパッケージを再現したスペシャルボックスに、背面に40周年記念ロゴをプリントした「NW-A105」のブラック、1号機のデザインを模した手帳型専用ソフトケース、ウォークマンロゴや40周年記念ロゴのステッカーが同封されるそうです。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6242.JPG

本体の画面を「カセットテープモード」に切り替え音楽再生すると、初代ウォークマンでカセットテープを再生しているような見た目が楽しめるそうです。
また、再生している音楽ファイルの再生品質によって表示するカセットテープが変化するそうです。
このギミックが半端なく懐かしいですね。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6244.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6232.JPG

主なスペックはNW-A105と同様で、AndroidベースのOSを採用しているので、ストレージ内の楽曲だけでなくSpotifyやYouTube、Apple Music、Google Play Musicなどのストリーミング音楽を楽しめたり、パソコンを使わずに直接音楽をダウンロードする事もできます。
圧縮音源も自動的に"ハイレゾ級"高音質にアップスケーリングするというDSEE HXや、デジタルアンプS-Master HXも搭載しており、高音質パーツとして、「Fine Sound Register」や、ZX300のフィルムコンデンサーを搭載しています。
本体サイズはおよそ幅54.8×奥行き11.0×高さ97.3mm、重量はおよそ103g。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6245.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6248.JPG

現在、ソニーの公式通販サイト・ソニーストアで予約受付を開始しています。
12月15日までの期間限定販売で、11月14日から順次出荷を開始する予定だそうです。
直販価格は4万6200円。

1′06″

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6210.JPG
↑ こちらはウォークマン1号機(懐かしい〜!)






最近、独り言が多い。

何をするにもいつも独り言を言っている。

一人が長すぎるからずっと独り言を言っている。
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5755.JPG

何か楽しい事をしたいけど、
楽しい事といったら映画を観るかお酒を飲むだけ。

それ以外はいつも暗闇の中で一人じっとしている。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5748.JPG

人が怖い。

外に出るのが怖い。

外に出て嫌な思いをするなら、

ずっと殻に籠っている方が無難だ。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5745.JPG

何も楽しい事がないのだから、

これからもずっと一人ぼっちなのだから、

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5744.JPG

これからもずっとずっと

独り言を言っているだろう。

死ぬまで…。





テレビは無料で見ることができるのに、どうやって収益を上げているのか?

みなさん不思議に思ったことはないでしょうか。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9677.JPG

民放局の主な収入源となっているのは広告収入です。

テレビは無料で見ることができますが、テレビ番組の間にはCMが挟まれていますよね。
そのCM枠を企業に買ってもらうような形で収益を上げているのです。

テレビ放送というのは国に認可を得て行なっている許可事業で、公平な放送をしなくてはいけないので、特定の広告主と直接テレビ局がやり取りをする、ということはありません。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9680.JPG

そこでテレビ局と広告主の間をとりもつのが広告代理店です。

テレビCMを出したい、という企業はまず広告代理店に相談をして、広告代理店経由でテレビ局のCM枠を確保します。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9678.JPG

視聴率が高い番組、つまりたくさんの人が見ている番組ほど広告宣伝効果が高いですから、番組制作側も番組の視聴率を上げようと努力します。

番組の視聴率が上がれば、より高い金額で広告枠を買ってもらえるようになるので、番組の予算が上がって、番組制作で出来ることの幅が広がるんですね。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9685.JPG

このように、広告を挟むことでユーザーにコンテンツを無料で届けている、というものは世の中にたくさんあります。

例えばYouTubeやスマホで無料のアプリゲームなどで遊ぶ時もユーザーは「広告が入ってうざい!」と思うかもしれませんが、その広告による収入があるからこそ、そのアプリを運営していける、という仕組みになっているのですね。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8537.JPG

しかし、NHKは民放と違ってCM枠がありません。

なので広告収入で収益を上げているわけではなく国民から受信料、という形で料金を徴収して収益を得ています。

そしてNHKは日本全国どこでも視聴できるように47都道府県に局を持っています。

その地域だけの民放とは規模が全然違うんです。

芸能人はNHKは出演料が安いけど知名度が上がってより有名になると言うことです。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8540.JPG

それからCMについては、
スポンサー(広告主)が広告代理店にCM制作を依頼し、広告代理店はこの芸能人でこんなイメージで、とスポンサーに提案します。
スポンサーがこの芸能人をと指名する場合も当然あります。

お金の流れとしては、スポンサー→テレビ局→(番組制作会社)→芸能事務所→芸能人です。
事務所によってそれぞれで、月給制もありますが多くが歩合制です。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9688.JPG

たとえば出演料
テレビは、事務所 7:3 芸能人
CMは、事務所 5:5 芸能人
賞金は、事務所 0:10 芸能人
などです。

なお、ひな壇芸人でも1番組の出演料は数十万します。
冠芸能人は数百万です。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8539.JPG

ちなみにあの『ハズキルーペ』のCM出演料です。

渡辺謙・・・・・・・2億円(年契約)
舘ひろし・・・・・・8000万円
武井咲・・・・・・・7800万円
菊川怜・・・・・・・7500万円
小泉孝太郎・・・6000万円





↑このページのトップへ