月別アーカイブ / 2019年07月

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)では7月23日から、人気アトラクションに少ない待ち時間で乗ることができる「ディズニー・ファストパス」をスマートフォンのアプリで取得できるサービスを開始しすると東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが、7月16日に発表しました。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8161.JPG

東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」のオープンに合わせ、ディズニーシーとディズニーランドの双方に導入されるそうです。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8166.JPG

【公式】 さぁ、新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の中へ入ってみよう!  0:56

今まで東京ディズニーリゾートで発券されるファストパスは、人気のアトラクションは開園3時間以上前から並ぶ人もいるほどでした。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8132.JPG

運営するオリエンタルランドはファストパスはこれまで、各アトラクション前の発券機で発行してきました。
23日からは、公式のスマホアプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」を園内で開き、チケット(パスポート)のQRコードを読み込ませると、行きたいアトラクションのファストパスを取得することができます。
家族や友人のチケットをアプリで読み込めば、複数人分をまとめて取れます。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8165.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8154.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8156.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8157.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8164.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8158.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8162.JPG

このアプリを使うことで各アトラクションの待ち時間もわかり、指定された時間に、アトラクション入り口の読取り機にQRコードをかざすだけで入場できるようになりますが、スマホを持たない来園者のためにも、今後も従来通り発券機での発行も続けるそうです。




詳しくは、↓ こちらまで。
【公式】東京ディズニーリゾート・アプリ
東京ディズニーリゾートの公式アプリです。パークチケットの購入やレストランの予約・受付、アトラクションの待ち時間や位置情報がわかるGPS機能、ショッピングまで、あなたのパーク体験をサポートする機能がいろいろ。今すぐダウンロード(無料)しよう!
www.tokyodisneyresort.jp
【公式】東京ディズニーリゾート



【公式】「東京ディズニーリゾート・アプリ」
アプリでパークを楽しんじゃお!  0:30


【公式】「東京ディズニーリゾート・アプリ」
アプリ DE SHOW!  0:30


「東京ディズニーリゾート・アプリ」
アプリでのファストパス取得方法  2:33
【公式】東京ディズニーリゾートより





_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7361.JPG

必ずポップコーンとコーラは買う。
(出来ればポップコーンは塩のみ、コーラはダイエットコーラ)。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8127.JPG

席は、ほぼ中央でやや前の方。
(最近の映画館はステージが広く設けられており座席との間が遠いのと、背もたれが高くなっているので首が疲れない)。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8126.JPG

見上げるぐらいでも良いので視野いっぱいの大画面、大迫力で映画館の醍醐味を堪能したい。
(後ろの方でスクリーンを小さく見るなら家でDVD見てるのと同じだから)。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7366.JPG

吹き替えよりも字幕版。
(俳優本人の感情や声や歌が聞きたい、英語が少しわかるので字幕版と違う本当の意味も楽しめる)。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7355.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7374.JPG

体感型4DXやMX4Dも面白いが、自分はメガネをかけているので水しぶきがかかると困る。
(いつも水しぶきOFFのボタンを押す)。
しかも3Dの場合、メガネの上に3Dメガネはサイズが合わないことがあるのでもう少し改良して欲しい。

匂いもとても臭い場合が多いのだけど、腰にくる衝撃は気持ち良いので好き。
(吹き出し口に香水をふりかけてみたけど効果がなかった笑)。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7373.JPG

エンドロールに日本人の名前がないか一生懸命探す。
(日本人が頑張っているのを知るとうれしい)。

エンドロール終わって劇場が明るくなるまで席を立たない。
(暗いまま席を立つと転ぶ恐れがある、エンドロール後特典映像があるかもしれないので最後まで観る、特に次に続く映像や、最後の最後でどんでん返し映像がながれる場合があるので見逃さない、映画が全部終わったら忘れ物はないか、汚していないか周りを確認して綺麗にする)。

ところで、エンドロールが始まったらすぐ帰る人がいるが、途中で帰る人の気が知れない。
トイレを我慢できないのなら仕方がないけど。
(肝心の最後がわからなくていいのだろうか、最後まで観ないで何しにこの映画を観にきたんだろうと思う)。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8128.JPG





これが自分の映画館鑑賞法です。





これはあくまでも一個人の感想です。





くだらない自分のこだわりに付き合ってくれて、
ありがとうございました。





夢の世界への入口。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7376.JPG





オマケ。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7347.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7356.JPG

0:50
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場


2019年7月19日オープン!
グランドシネマサンシャイン(Q plaza 池袋)

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8104.JPG

全12スクリーン2443席。
シアター12は、縦18.9メートル、横25.8メートルのスクリーンで通常に比べ縦が長く、常設の映画館としては国内最大級。
IMAX 4Kツインレーザープロジェクターを採用。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8105.JPG

ほかに、画面に合わせて座席が動いたり、水が噴き出すなどの効果が楽しめる「4DX」と、左右壁面に映像が映し出される視野270度の「ScreenX」を組み合わせた、日本初上陸の体感型シアター「4DX with ScreenX」も登場。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8108.JPG

その他のスクリーンはシネマシャンシャインオリジナル劇場規格「BESTIA(ベスティア)」を導入。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8106.JPG

一部シアターは、座席を「グランドクラス」「プレミアムクラス」「スタンダードクラス」の3つのグレードに設定。
また、最前列にフラットシートを採用し、寝転んでスクリーンを見上げるスタイルで鑑賞できるシアターもある。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8109.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8111.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8099.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8110.JPG

0:30

0:30





実は、映画が大好きな自分にとって↑このようなビッグニュースがあったので、いくつか残ってる下書きの中に映画館の事を書いた下書きがあったので、このビッグニュースを付け足して出させて頂きました。

また体調が良い時は、こうしてブログを出すかもしれません。

すみません。





↑このページのトップへ