月別アーカイブ / 2019年04月

日本マイクロソフト株式会社が、最新の複合現実デバイス「HoloLens 2」を発表。
初代HoloLensから大幅に進化しており、マイクロソフトが提供するクラウドおよびAIサービスの連携により、より快適で没入型の複合現実を味わえるようになったようだ。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1338.JPG

AIコプロセッサを搭載する新しいHPU(カスタムホログラフィックプロセッシングユニット)によって、データをクラウドに送信することなく、視覚的なデータをローカルで分析することが可能になり、オブジェクトや環境の認識速度が向上。

ホログラムを触ったり、握ったり、動かしたりといった動作がより自然に行え、あたかもそこに実在するかのような感覚で操作できる。

その他、ディスプレイが720pのHDディスプレイから2Kのディスプレイになったり、アイトラッキングセンサーによって、視線でも操作が可能になったりと、大きなところから細かいところまで、さまざまバージョンアップしているのだ。

複合現実アプリで業務効率が超アップ

HoloLens 2は、Wi-Fi接続が可能な自己完結型のコンピューターなので、電源ケーブルを必要とせず、あらゆる場所で性能を発揮できるようになっている。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1339.JPG

そのため、ハンズフリーでビデオ通話、注釈付け、ファイル共有を行える複合現実アプリ「Dynamics 365 Remote Assist」 を使えば、技術者と遠隔地のエキスパートがリアルタイムに問題に取り組める。
技術者が見ている映像に、エキスパートがリアルタイムに矢印やファイルを共有できるので、問題を正確に特定して対処できるし、高額の出張費を節約したりと、業務効率改善に一役買ってくれるようになる。

・ ・ ・

自分の視界にWindowsが広がったような感覚を味わえる複合現実デバイス「HoloLens 2」。
未来の現場から紙のマニュアルはなくなってるかも?

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1340.JPG

1:07



2019.02.26 bouncyより





世の中はすっかり春だけど
自分の中はまだ冬です。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3952.JPG

ブログは予約配信です。
ほとんどが一ヶ月前に書いたものです。
(現在、5月末まで書いております)

なるべく目が覚めた時は皆さんのところを
覗きに行きたいと思っています。

最近、病気が酷くなっています。
どうか、ご了承下さい。

すみません。





アニメでも大ヒットした漫画「ルパン三世」で知られる漫画家、モンキー・パンチ(本名・加藤一彦=かとう かずひこ)さんが11日、肺炎のため81歳で死去しました。
葬儀・告別式は近親者で行われ、後日、しのぶ会を開く予定。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3852.JPG

モンキー・パンチさんは北海道出身。
北海道の高校卒業後に東京へ上京し、電気関係の専門学校に入学。
その後、貸本や同人誌向けに、本名・加藤一彦の名前で漫画を描き始めたが、昭和41年、出版社の意向で日本人とも外国人ともわからないペンネームをと「モンキー・パンチ」という名前に変更。
当時、西遊記が流行っており、そこから孫悟空の猿(モンキー)と画風のパンチからが名前の由来。
最初は期間限定のペンネーム契約だったが、何故かそのままにしたとの事。
42年、新創刊の漫画誌「週刊漫画アクション」で「ルパン三世」の連載を始めた。

参考: 2019.04.17. 産経ニュースより

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3853.JPG

『漫画アクション』1967年8月10日号(創刊号)から1969年5月22日号まで『ルパン三世』を連載。
1971年、漫画『ルパン三世 新冒険』を連載開始。
1977年、漫画『新ルパン三世』を連載開始。
原作はアニメとは全く趣が異なっており、ハードボイルド色の強い描写や性的な描写が頻繁に描かれており、ジョークやギャグは少ない。
大人のエロスを描いた全体的にダークなイメージである。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3836.JPG

1971年〜1972年テレビアニメ『ルパン三世(TVシリーズ1)』が放送を開始した。
当初は大人向けの作品を志向していたが、当時の視聴者の関心を集めることができず、対象年齢を下げるという路線変更をした。
1977年〜1980年に『ルパン三世(TVシリーズ2)』が製作された。
このTVシリーズ2の高評価により、現在までに及ぶルパン三世のキャラクターと人気が確立した。
1984年〜1985年に『ルパン三世 PERTⅢ(TVシリーズ3)』、2015年〜2016年に『ルパン三世(TVシリーズ4)』、2018年4月〜9月に『ルパン三世 PERT5(TVシリーズ5)』が製作されている。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3871.JPG

1978年、初の長編劇場映画『ルパン三世 ルパンVS複製人間』公開。
1979年、劇場映画第2作『ルパン三世 カリオストロの城』公開。
1985年、劇場映画第3作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』公開。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3842.JPG


ルパン三世
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3826.JPG

怪盗アルセーヌ・ルパンの三代目。 
世界をまたに駆ける大泥棒として、次元大介や石川五ェ門と共に数々のお宝を狙い、時に峰不二子に翻弄され、銭形警部に追い回される日々を送っている。 

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3891.JPG

プロフィール
本名:Arsene Lupin III
身長:179cm
体重:63kg
IQ:300
年齢:不詳
出身国:不明
誕生日:不明
趣味:釣り
特技:変装
愛用拳銃:ワルサーP38

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3786.JPG

次元曰く、「拳銃は女と同じで、ワルサーはルパンしか言うことを聞かない」らしい。
原作では素顔とされる姿も変装であり、本当の顔は完全に不明で、次元や五ェ門や銭形警部ですら知らされていないとされていて、元々は長髪だったが描くのに手間がかかるので短髪になった。
本来のルパンは、泥棒であると同時に一流の殺し屋という側面があり、「盗みのためなら、殺しもいとわない」という冷血な性格であった。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3856.PNG

次元大介
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3827.JPG

ルパン三世の幼馴染みで相棒。
ボルサリーノ製の帽子をかぶり、ヘビースモーカーで、いつもタバコを口に咥えていることが多い
タバコの銘柄はマルボロ、若い時はペルメル(ポールモール)。 
原作での初登場は「ルパン殺し」とあだ名されるルパンを追う刑事(にせルパンを倒すために次元大介刑事に化けたルパン)で、ボディガードや殺し屋、傭兵などを転々としてきた。
愛用拳銃「S&W M19コンバットマグナム」(357マグナム 4インチモデル)。 
早撃ち0.3秒のプロフェッショナル」と称される拳銃の名手であるが、原作で次元が持っていた拳銃は、オートマチック拳銃であり、早撃ちに向いているリボルバー拳銃は数えるほどしか出てこない。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3864.JPG

石川五ェ門
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3828.JPG

実在の安土桃山時代の盗賊・石川五右衛門の十三代目という設定。 
着流しに袴のスタイル、原作での愛刀は「斬鉄剣」ではなく、流れ星(隕石)より造り出した「流星」という刀であり原作者のモンキー・パンチさんはかなり気に入っていた。
剣術以外にも柔道・空手・剣道を融合した武術や忍術も身に付けており、驚異的なスピードや動体視力は超人的レベルである。 
アニメ版では古風な口調や思考で冷静で実直だが、原作では現代用語でしゃべる明るく非常に良識的であり、真面目で純情な坊ちゃんという設定である。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3872.JPG

峰不二子
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3829.JPG

身長167cm、体重50kg、バスト99.9cm、ウェスト55.5cm、ヒップ88.8cmのボイン悪女で誰もが認める美貌の持ち主。
ルパン一味の敵になったり味方になったりする正体不明の謎の女ではあるが、基本的に狙っているものは、お金や宝石、高額のお金に換金できそうなもの全般である。
名前の由来は作者の部屋にあったカレンダーに「霊峰不二」と書いてある富士山があったことと、作者が吸っていたタバコが「峰」だったため。
原作で峰不二子は複数いると考えられている。
愛用のタバコはモア・メンソール。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3784.JPG

銭形警部
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3830.JPG

本名:銭形幸一
「銭形平次捕物帖」の主人公である銭形平次の第六代目(アニメ版等では第七代目)に設定されている。 
アニメ版では、第2シリーズ以降でICPO(インターポール国際刑事警察機構)にルパン専任捜査官として出向、所属は総務局国際協力部第1課。
警視庁所属だが、警察庁経由で埼玉県警や長野県警に出向歴あり。
ルパンと銭形は同じ東西京北大学法学部の先輩、後輩の間柄という設定もある。 
インターポールを辞めて警備会社を作った過去がある。
名前に関してはエピソードがあり、実はモンキー・パンチは"銭形平次"に引っ掛けて"平一"と書いたつもりだったのだが、悪筆のため編集者が"幸一"と読み間違えたことからこの設定になった。 
さらに、作者が下の名を既に付けていたことを忘れ、平太郎、平次と名付けてしまったことがある。
アニメ版では三枚目なギャグキャラクターだが、原作ではほとんど別人と言ってもよい程キャラクターが違う。 
ルパン一味に劣らないほど変装が得意、かつ有能で、タフで性格面もかなりダーティー。
武道、武術にもかなり精通していて特に射撃の腕前は次元以上だと言われている。
ルパンを殺しても構わないとハッキリ言い切っており、原作「新・ルパン三世」最終回ではルパン一味を爆弾で皆殺しにしている(一応、「実は生きている?」と解釈できる描写になっている)。 

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3902.JPG

最後にルパン三世のアニメの原型は『トムとジェリー』であり、モンキー・パンチはトムとジェリーの掛け合いが好きで、そのままルパン三世の世界として採用し、銭形警部はトム、ルパン三世はジェリーをモデルにしている。
モンキー・パンチはトムとジェリーが心の底から好きだったため、原作者であるジョセフ・バーベラに会いに渡米したことがある。
そして実際に会うことができ、作者であるバーベラからルパン三世をモチーフにしたイラストを色紙に書いてもらったそうである。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3860.JPG

大好きなルパン三世。
自分は原作と、TVシリーズ1が好きでした。
カラオケでもTVシリーズ1のエンディング曲「ルパン三世のテーマ その2」をよく歌います。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3901.JPG





謹んでお悔やみ申し上げます。🙏





↑このページのトップへ