月別アーカイブ / 2019年04月

支援者たちは、学校に何度も卒業式までの解決と、部外者の介入の停止を求めたが、学校の教員たちは誰一人として少女の気持ちを考えて行動するものはいなかった。
たまに担任が卒業式の説明に来たが、まるで少女のせいで問題が解決しないとでも言うような態度に、更に傷つけられた。
学校に少女を本気で呼び戻そうとする教員はいないようだった。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3775.JPG

教科書を取りに行くため、久しぶりに学校に顔を出せば、隣のクラスの子供にまで陰口を言われる始末だった。
状況は良くならないどころか、目に見えて悪化の一途を辿り続ける。

そんな少女も、どうしても卒業式だけは参加したかった。
1年から、辛い事があってもずっと頑張ってきた。
自分がこの国で生きるために、家族の為に、そして自分の夢を叶えるために。
この決心にいったい、どれだけ勇気が必要だっただろうか。
決して簡単なことではない。

◆勇気をふりしぼって参加した卒業式で、再びイジメが……

いよいよ卒業式。
少女は母親と、心配で付き添いに来た支援者とともに学校へ向かった。
他の生徒と違い、少女1人だけ図工室に通され、式開始まで待たされた。
図工室には少女が学校に残していた勉強道具一式がまとめられて置いてあった。
こんなやり方しか思いつかなかったのだろうか、学校側の対応に対して疑問がよぎる。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3771.JPG

いよいよ式が始まるので日本語教師が少女を迎えにきた。
不安がる少女に
「私がついているから大丈夫」
と何度も繰り返す。
それに対し筆者ら支援者は
「どうか彼女をお願いします!」
と何度も頭を下げた。

別の入り口を案内され体育館へと支援者たちは入った。
そこは、やはり何か異様で特殊な雰囲気が感じられた。
ネットに出ている支援者の顔写真を、まるで卒業式をぶち壊す指名手配者のようにスマホで確認している保護者たち。
ジロジロとしつこいほどに好奇の目で見てくる、卒業生の姉らしき人物たち。
この薄気味悪い雰囲気は終わりまで続いた。

つづく

2019.04.12. HARBOR BUSINESS ONLINEより





◆教頭は「心が弱い」と、少女にも非があるかのような発言

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3775.JPG

次の日、少女は病院で治療を受けた。
その後に少女の母、従兄弟の妻(日本人)、少女の3人で学校に向かった。
家族の苦情に対し岡和香子教頭は「(少女は)心が弱いから……」と、少女にもまるで非があるような発言をしたそうだ。

筆者の質問に対し、教頭は「弱いなんて言っていない」と否定。
何度も追及していくと「そもそも(少女の)母親には一切、会っていない」と答えた。

しかし、間違いなく会っているという家族の証言により、再び「なぜ母親と会っていたのに会っていないと嘘を言ったのか」と質問した。
教頭は、今度は「母親と会っていないなんて言っていない」と答えた。
何故、証言がこうもコロコロ変わるのだろうか、学校の闇を感じる。

A君の件に限っては、少女は養護教員に事情を訴えたが、それが職員たちに共有することなく終わり、「ただぶつかっただけ」という判断で終わっていた。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3765.JPG

◆学校の教員たちは、誰一人として少女の側に立たなかった

暴力事件のショック、そして学校側の不信感から、少女は登校拒否になってしまった。
勉強がしたい、それでも学校に行くことは怖くてできない。
なぜイジメをした側が、何事もなく毎日、学校に通い、自分は行くことができないのか?
少女の苦しみは募るばかりだった。

また、この問題に関係ないPTAや「通訳」と称したほかのクルド人までが家に入り込んできた。
その誰もが加害者側をかばう無神経さに、少女の嫌悪感は増す一方だった。

つづく

2019.04.12. HARBOR BUSINESS ONLINEより





5月、数人の女子にクルド人少女がトイレに閉じ込められるという事件が起きた。
のちの筆者の質問で、担任は「1人しかやっていない」と発言したが、事実究明をしていくうちに1人がドアを蹴飛ばし、3人が上からのぞく、残りは少女を罵倒したり、はやし立てたりしたという事実がわかった。
証言の違いを追及すると、担任は口を閉ざしてしまうだけであった。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3775.JPG

◆倒されて足を怪我したうえ、さらに蹴りを入れられる

これだけでもあってはならない恐ろしい出来事だが、少女の不幸はまだまだ終わらなかった。
辛いことはあってもなんとか学校に通い続けた。
しかし今年の1月29日、徹底的に少女を追い詰める事件が起きた。

体育の授業で男女混合のサッカーが行われた。
少女は、A君が自分のことを「あいつは邪魔」と言うのを聞いた。
次の瞬間、少女はA君に突き飛ばされ、転んでしまった。
その際、足を怪我して、痛みに少女は泣き続けた。

それに対しB君が、少女にサッカーを続行するよう指示した。
少女は泣きながら「できない」と意思表示をしたが、聞き入れてもらえず無理やりサッカーをやらされた。
当然、戦力にはならなかった。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3754.JPG

次の授業のために少女は教室に戻ったが、自分の机といすが誰かによって倒されていた。
自分で直してからいすに座り、痛みと悲しさのあまり机に顔をうずめ泣き続けた。

すると突然、何者かにいすを後ろに引っ張られ、少女は床に倒れ込んでしまった。
やったのはB君であった。
B君はサッカーの試合が散々だったのを逆恨みして、少女の背中を何度も蹴りまくった。
泣いて嫌がる少女に対し、クラスメートが傍観しているなか、蹴りは容赦なく襲い続ける。

中にはB君に、「お前の足が腐るから(蹴るの)やめろよー」と言う生徒さえいた。

つづく

2019.04.12. HARBOR BUSINESS ONLINEより





↑このページのトップへ