月別アーカイブ / 2019年03月

全国のご当地グルメや名店があつまるグルメイベント『地元めしフェス "クオーゼイ" in日比谷』が、東京の日比谷公園で3月28日~31日に開催。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2829.JPG

目玉企画として、海鮮など豪華グルメを500円で食べられる「ワンコイン地元めし」が登場。
24店舗が1日50食限定で期間中毎日販売。
通常は500円では食べることができないメニューばかりだし最終日なので、急いで行ってきます。
最終日の31日は10:00〜18:00です。


販売メニュー(一部)

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2833.JPG
壷漬けハラミ丼/京都府

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2834.JPG
イバラかに足1本焼き/北海道

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2835.JPG
しじみゴールド/京都府

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2836.JPG
とろサーモンといくらの親子丼/北海道

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2837.JPG
宮崎辛麺/宮崎県

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2838.JPG
大判しいたけバーターチーズ焼き/北海道

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2839.JPG
大分中津からあげ/大分県

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2840.JPG
名古屋コーチン親子丼/愛知県

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2841.JPG
網走ビール流氷ドラフト/北海道





  では
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2906.JPG





_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2139.JPG

あまり公表はされていませんが

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や

「スタートレック」「STARWARS」に出てきた未来

あれは夢のような話ではありません。

今は、すでに現実可能なのです。

そのちょっとだけ先の

未来の映像をご覧下さい。





未来の家庭
3:58

4:12

未来のアイテム
4:39

これは楽ちん
3:08

まるでSTARWARS
2:49

あのVolkswagenもこんな映像を...
1:12

そしてあのLEXUSも...
2:12
YouTubeより











いかがでしたか?

こんな未来が待っていたら

楽しくありませんか?


家系ラーメン(いえけいらーめん)は、1974年に創業した神奈川県横浜市発祥の豚骨醤油ベースで太いストレート麺を特徴とするラーメンです。
横浜市磯子区にある「家系総本山 吉村家」が総本家で、吉村家からのれん分けして、日本とアジアを中心に約1000店舗あるとされています。
その、吉村家を受け継いだ店舗は「〜家」と屋号を付けているところが多かったため、家系ラーメンと呼ばれるようになりました。
創始者の吉村実さんは長距離トラックの経験から「九州の豚骨と東京の醤油を混ぜたらうまいんじゃないか」と思い立ち、お互いの旨さを合わせ持つ《家系ラーメン》を生み出し、その味わいは今までになかった豚骨のパンチと支那そばの繊細さを合わせ持ったラーメンとして、今でも行列の絶えない人気を誇っています。
また麺は酒井製麺の特注の太麺で、吉村家直系店や吉村家で修業して独立した店舗など、吉村家の流れをくんだ店にしか卸していないといいます。
このモチモチとした食感は病みつきになる美味しさで、熱烈なファンも多いほどです。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2832.JPG

自分も以前、都内でタクシー運転手を13年していた時、年間約1,000食ほどラーメンを食べていましたが、やはり家系ラーメンはめちゃくちゃ美味しいと思います。

そこで今回はYouTubeで見つけた家系ラーメンの動画があったので、ご紹介いたします。

飯テロになる映像になります。

では、どうぞ。

13:47
YouTubeより

あと付け足しに、都内を中心にフランチャイズ展開をしている「壱角家」「横浜道」「一竜」ですが、あれは牛丼の「神戸らんぷ亭」や、「すためし」、「東京トンテキ」、「鉄板王国・ステーキの王様」など幅広く手がけている株式会社GARDENという会社で、なんちゃって家系なのでご注意下さい。

読んで頂きありがとうございました。





↑このページのトップへ