月別アーカイブ / 2018年12月

ロシアを拠点に活動するDAHIR INSAAT社による、コンセプトレストラン「DAHIR RESTAURANT」。
来店者のフロアの上下にお皿を運ぶ物流ネットワークが構築されていて、注文した料理はウェイターではなく、テーブル中央に天井から伸縮式のマニュピレーターが運んできてくれる。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5631.JPG

しかも、使用済みの食器はテーブル中央に置いておけば、今度は下層にある洗浄フロアへと運ばれていく。
来店者の上で料理が作られ、下で食器が洗浄されているのだ。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5632.JPG

・ ・ ・

料理のサーブも片付けもほぼ全自動になった、超効率化されたレストラン「DAHIR RESTAURANT」。
未来の飲食店は待ち時間ゼロに?

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5633.JPG



2018.12.05 bouncyより





毎月の最終日を晦日(みそか)と言います。
晦日のうち、年内で最後の晦日、つまり12月31日を大晦日(おおみそか)といいます。
元々"みそ"は"三十"であり、"みそか"は30日の意味でした。
今でも三十歳を"みそじ"ということがあるように、"みそ"がもともと30の読み方だったのです。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5985.JPG

大晦日を大つごもりとも言います。
「つごもり」は、晦日の別名で、"月が隠れる"という意味の「月隠り(つきごもり)」が転じたものです。

年越しの夜のことを除夜(じょや)とも言い、この時につく鐘を除夜の鐘と言います。
鐘をつく回数は人の煩悩の数を示す108回で、煩悩を取り去り、正しく清らかな心で新年を迎えることができるようにするものであります。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5885.JPG

大晦日の歴史はかなり古く、平安時代まで遡る。昔、大晦日は正月に迎え入れる年神様(としがみさま)をまつるための準備の日であります。
歳神様とは、稲の豊作をもたらすとされている神様のことで、農作物が豊かに実り、食べるものに不自由することなく暮らせるようにと、昔から大切に扱われてきた神様です。
また、歳神様は初日の出とともに降りて来られると言われており、各家庭にやってくることから、家を守ってくれる祖先の霊とも考えられていました。
神様をお迎えし食事を共にしたりするために大晦日から年籠り(としごもり)をして元旦を家で過ごすことが一般的でしたが、後に歳神様が家に来られるという観念がほとんど無くなり、一般庶民が正月の三が日などに神様に願いを伝えるために、こちらから神社へ参賀する「初詣」を行うようになりました。
また、関西の鉄道会社が正月三が日に神社へ初詣を行うというレジャー的な要素を含んだ行事を沿線住民に宣伝し、これが全国にまで広まったことで、年籠りという習慣は次第に失われたと言われています。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5916.JPG

かつては、除夜は年神様を迎えるために一晩中起きている習わしがあり、この夜に早く寝ると白髪になる、シワが寄るとかいった俗信があった。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5888.JPG

大切なお客様である歳神様を迎えるにあたって、家の掃除は不可欠である。
大掃除は、地域によって異なるが、12月13日から始め、大晦日までに終わらせるのが本来の時期。
ただし12月29日は9という数字が苦に繋がることから縁起が悪いとされていて、掃除をしてはいけない。
また、その年最後の掃き掃除のことを「掃き納め」と呼ぶが、元日に掃除をしてしまうとせっかく招いた歳神様を掃き出してしまうことになるため、新年に掃除は行わない。
その他にも大晦日には伝統行事があり、身と心を清め新年を迎える準備をすると良いとされました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5892.JPG

鏡餅(かがみもち)とは、日本の伝統で、餅を穀物の神様である年神様へお供える正月飾りであり、年神様の依り代です。
鏡餅という名称は、昔の鏡が青銅製の丸形で、鏡には神様が宿るという言い伝えがあり、神事などに用いられており、その鏡の形に似ていたことと、心臓を型どったことに由来すると言われています。
また、鏡餅が丸い形をしているのには「円満」を表しており、鏡餅を2段に重ねることで「かさねがさね」という意味を表現していて、「福が二重になる」とか、「円満に年を重ねる」という願いが込められています。

神仏に捧げる鏡餅を飾る場所として、床の間が最もふさわしいが、無い場合は、玄関から遠い、奥まった位置にするのがふさわしいと言われています。
鏡餅を飾り始めるのは、早くても問題とはされないが12月28日が最適とされています。
「八」は末広がりで、日本では良い数字されているからです。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5918.JPG

鏡開き
正月が終わって下げた餅は1月11日に「鏡開き」を行い、餅を食べます。
鏡は円満を、開くは末広がりを意味し、また刃物で切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で餅を割り、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用するようになりました。
正月を過ぎた鏡餅は硬く乾燥しひび割れているため、主にお汁粉や雑煮や焼餅などにして食べます。
また、鏡餅を食すことを「歯固め」と言い、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためと言われています。

関東地域中心では、年神様へのお供えが松の内(1月7日)に終わったあとの1月11日に行われますが、地域によって異なります。
元々は小正月(1月15日)後の1月20日に行われており、徳川家光が亡くなったのが慶安4年(1651年)4月20日であったため、1月20日を忌日として避け、後に松の内後の「1月11日」とされました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5952.JPG

しめ縄は、神様が宿る神聖な場所と、この世を分ける結界の役割を果たしているものであり、主に神社や巨木、岩など、昔から神様が宿っている場所(神棚等)にしめ縄を飾ります。
地域によって、大根締め、ゴボウ締め、輪飾りなど色々な種類の形式があり、大根締めは両端がつぼまり、ゴボウ締めは片側のみが細く、左が神聖、右が俗性となり、人から見て太い方が右側(神様から見たら太い方が左側)になるように飾ります。
また、しめ縄は不浄なものや災いをもたらすものが入り込まないように結界を張ると言う意味もあります。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5927.JPG

しめ飾りは、お正月に歳神様をお迎えする家の中に、邪気や魔、厄災、禍事が入ってこないようする結界を意味するものであり、しめ縄に願いを込めて縁起物の飾りをつけたのが始まりとも言われています。
なお、しめ飾りに使われる飾りにはそれぞれ意味があり、扇は「末永い家の繁栄」、橙は「代々繁栄しますように」、裏白は「裏表のない清らかな心で一年を過ごせますように」、ゆずり葉は「子孫が途絶えないように」、昆布は「喜ぶ(よころぶ)」、海老は「長寿」を表しており、一般的には新年を迎える前に玄関に飾ります。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5930.JPG

飾る期間は、もっとも多いのが25日から28日ごろで、29日は9が苦となり縁起が悪いとされ、31日に飾るのも「一夜飾り」と言って神様に失礼だと言われています。

門松
門松は神様の安息所として神様が宿る場所と考えられていて、歳神様が下界に降りてくる際の目印とも言われていて家の門などに飾ります。
竹の先端部の形状は、斜めに切った「そぎ」と、真横に切った「寸胴(ずんどう)」の2種類があり、一説では、「そぎ」は徳川家康が始めたもので、対戦相手の武田信玄に対して、次は斬るぞという念を込めたのが始まりとされています。
飾っている期間は、しめ縄、しめ飾りと同じ12月25日頃から1月15日までが良いとされていますが、1月11日の鏡開きが終わっても、まだ門松を飾っているのはおかしいと、関東地方では1月7日に早め、それに合わせてしめ縄、しめ飾りなどの正月飾りも外すようになったと言われています。
なお、関西地方などでは昔からの伝統のまま、1月15日かその前日に外すところが多いです。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5933.JPG

処分方法は、地域によって〇〇火祭りや、どんど焼き、左義長、お焚き上げ等々様々な呼び名がある地域・神社の行事で、お正月飾りやお守りを火で焼いて処分します。
この行事は正月の終わりである小正月(1月15日)に行われるのが基本なのですが、地域によっては1月7日や1月8日に行われたりします。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5945.JPG

大晦日の夜にお風呂に入ることを「年の湯」と言い、ここでしっかりと一年の垢を落とし、気持ち良く新年を迎えます。
今と違い、毎日入浴することが当たり前でなかった時代は、大晦日の入浴が特別なものでした。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5907.JPG

年越し蕎麦」を食べる習慣は、江戸時代から始まったと言われています。
別名「つごもりそば」、「三十日そば」とも呼ばれ、細く長い見た目から長寿や健康を願って食べられるようになりました。
また、蕎麦の麺は切れやすいことから「一年の災厄を断ち切る」という意味もあります。
年越し蕎麦を食べるタイミングは、一般的に年が明ける前が良いと言われています。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5881.JPG

また昔は良い新年を迎えるために、新年に変わる大晦日の夜から、お頭付きの魚や雑煮などの縁起の良い物を食べ、一年の無事を感謝し、共に祝いながら家族団欒の時間を過ごします。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5971.JPG

昔の大晦日は家族全員が集まることが当たり前でしたが、最近では全国各地でカウントダウンなどのイベントが行われるようになり、友人や恋人と過ごすという人も増えています。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5986.JPG


Wikipediaより




_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5919.JPG
みなさんが良い新年を
迎えられますように…。

良いお年を!





_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5528.JPG


Last Christmas
去年のクリスマス

I gave you my heart
僕は君に心を捧げたんだ

But the very next day you gave it away
でも君は次の日にそれを捨て去った

This year to save me from tears
今年は涙を流さないように

I’ll give it to someone special
僕は誰か他の特別な人にあげるんだ

※ くり返し

Once bitten and twice shy
一度噛まれたら二度目は臆病になる

I keep my distance but you still catch my eye
君と距離を置いたけどいまだに君は僕の目を奪う

Tell me baby Do you recognize me?
教えてよ 僕のこと覚えてる?

Well, It’s been a year it doesn’t surprise me
まあ、あれから一年経つからもう驚かないけどね

(Happy Christmas)
(よいクリスマスを)

I wrapped it up and sent it
僕はそれを包んで送ったさ

With a note saying "I love you" I meant it
本気で「愛してる」ってメモを添えてね

Now I know what a fool I’ve been
僕がバカだったのは、今なら分かるよ

But if you kissed me now
でももし今君が僕にキスをしたら

I know you’d fool me again
きっとまた僕は騙されちゃうだろうね

※ 2回くり返し

Oh Baby
オー ベイビー

A crowded room friends with tired eyes
混み合った部屋 疲れた目をした友達

I’m hiding from you and your soul of ice
僕は君と 氷のような君の心から隠れてる

My god I thought you were someone to rely on
ああ君なら信頼できると思ってたよ

Me?
僕かい?

I guess I was a shoulder to cry on
僕は都合のよい存在だったんだ

A face on a lover with a fire in his heart
心に火を灯した僕の顔

A man under cover but you tore me apart
隠してたけど君は僕をずたずたに傷つけた

Ooo Huu
ウーフー

Now I’ve found a real love you’ll never fool me again
今は本当の愛を見つけた 君はもう僕を騙すことはできないよ

※ 2回くり返し

A face on a lover with a fire in his heart
心に火を灯した僕の顔

I gave you mine
僕を君に捧げた

A man under cover but you tore him apart
隠してたけど君は僕をずたずたに傷つけたんだ

Maybe next year I’ll give it to someone
来年はきっと他の誰かに愛を捧げるよ

I’ll give it to someone special
誰か他の特別な人に捧げるよ

Special
特別な人に

Someone
誰かと


Video:YouTubeより





↑このページのトップへ