月別アーカイブ / 2018年08月

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1125.JPG
Image: artist_M / Shutterstock.com

もし解読できたら鉄火巻ができるかもしれません。

かつて大ヒットを収めた映画『マトリックス』3部作。
現実と仮想現実を行ったり来たりし、救世主ネオが世界を救うヴァーチャルでデジタルなSFアクション作品でしたよね。

本編で印象的なシーンはいくつもありますが、特に『マトリックス』らしいシーンは、オープニングで無数の文字が流れ落ちる、緑色のコーディング画面ではないでしょうか?

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1145.JPG
Image: MATRIX/Google

日本人の私たちは、鏡写しのカタカナが混じっていることにすぐ気付きましたが……それは当時の脚本・監督のウォシャウスキー兄弟(現在は性転換して姉妹に)が「日本のサブカルが好きだから」で片付けられていました。

しかし今になり、当時のプロダクション・デザイナーがあの画面の秘密を明らかにしてくれました。
VRrOOmに語られた真実をどうぞ。

皆にこれを話すのが好きなのですが「マトリックス・コード」は、日本の寿司のレシピなんですよ。あのコードなしには『マトリックス』は成立しません。

こう語るのは、現在『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』などにも参加するサイモン・ホワイトリーさん。
イギリス出身で、シドニーのアニマル・ロジック・スタジオに所属する彼には日本人の奥様がいらして、彼女の日本語で書かれた料理本をスキャンしてVFXに使ったのだそうです。

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1137.GIF
Image: MATRIX/Google

腰が抜けるほどビックリしましたが、まさかあのカタカナの羅列が本当に日本語と関係していて、それがお寿司の作り方だったとは……。

『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』でも日本的なテイストを摂り入れていますが、もしかしたら、またそんな遊び心が加えられているかもしれませんね。

では最後に、実際の映像をご覧ください。
どこかにお寿司の作り方は見つかるでしょうか?

Video: Matrix movie title/YouTube


Image: artist_M / Shutterstock.com
Source: GoogleYouTube, VRrOOm
(岡本玄介


2017.10.23 ギズモード・ジャパンより





_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0619.JPG

サンディエゴを拠点に活動する、AR(拡張現実)コンテンツのデベロッパー兼クリエイターであるlook_misterスタジオが作り出すARの世界は、一見の価値ありのクオリティー。
InstagramやFacebookでその作品の数々を見ることができる。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0612.JPG

ドラゴンやクジラが空を飛んでいる世界

look_misterの公式Instagramアカウントでこれまでの作品をチェックすることができる。
ディズニーに出てきそうなドラゴンや噴水の上をクジラが飛んでいたり、ダム穴のような白黒のチェック柄が現れたりと、拡張現実ならではの風景を楽しませてくれる。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0613.JPG

作品は、look_misterスタジオのLookit ARプラットフォームと、AppleのARKitで制作されている。

・ ・ ・

これらの作品は、look_misterのARアプリ「LOOKiT AR」で体験できるようだ。
iOS版とAndroid版があるので、この記事を読んだ人はさっそく拡張現実の世界を味わってみては?

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0615.JPG


Look Misterさん(@look_mister) • Instagram写真と動画
フォロワー8,625人、フォロー中1,233人、投稿139件 ― Look Misterさん(@look_mister)のInstagramの写真と動画をチェックしよう
www.instagram.com

2018.08.14 bouncyより




↑このページのトップへ