ヘルプマークって知ってますか?
最近ではよく街中で見かける
ようになったと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3229.PNG

ヘルプマークとは
支援を必要としていることが外見からは分からない方々が援助を得やすくするためのものです。
最近街中でも見かけるようになってきたヘルプマークですが活用法を知っていれば、電車内だけでなく、様々な場面で役に立ちます。


今回はそんなヘルプマークとは何なのかをご紹介いたします。 


ヘルプマークは何を表しているのか?

ヘルプマークとは、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を受けやすくなるよう作成されたマークです。


義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方、発達障害、精神障害や知的障害がある方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

疲れやすいために優先席に座っていたら白い目で見られたり、元気そうに見えるのに突然倒れてしまって驚かれたりするようなことがあるのです。

このような方々は、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からないため、周囲の人の理解が得られずに苦しい思いをしていたり、体調の急変時や災害時に、適切な対応を受けられるかどうかを不安に思っていたりします。

そこで、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるような意思表示のかたちとして、ヘルプマークが導入されたのです。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3234.JPG

東京都では、平成24年から、かばん等につけられるストラップタイプの「ヘルプマーク」を作成し、配布しています。
同時に、都営地下鉄の優先席にステッカーを掲示し、「ヘルプマーク」を身につけた方が優先席に座りやすいようにする取組みを実施しています。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3233.JPG


つづく



参考:LITALICO発達ナビ、東京都福祉保健局より