月別アーカイブ / 2018年03月

Facebookで発生したユーザーの個人データ不正流用問題を受け、同サービスを退会する動きが高まっています。
Twitterでは「#DeleteFacebook」というハッシュタグをつけた投稿が増加。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0582.JPG
英オブザーバー紙とニューヨーク・タイムズ紙の報道でFacebookのユーザーの個人データ不正流用が発覚した。

かつのてケンブリッジ・アナリティカ幹部で今回の内部告発を行ったクリストファー・ワイリー(28)の証言によれば、ケンブリッジ・アナリティカは、英ケンブリッジ大学の心理学者アレクサンドル・コーガン博士が作成した「性格分析」アプリを使って、フェイスブック・ユーザーの個人データを政治的な目的で、本人の同意なしに収集したという。

Facebookは「被害者ではなく共犯者」

不正なデータ取得が明らかになった週末明けの3月19日、フェイスブックの株価は一時6.77%下落した。
個人データを蓄積して収益源とするフェイスブックのビジネスモデルに黄信号が灯ったという見方からだ。

問題が始まったのは2014年。
ケンブリッジ・アナリティカは、コーガンの性格判断アプリを使ってフェイスブック・ユーザーのデータを取得。

性格判断のテストを受けるにはフェイスブックにログインしなければならないが、約27万人のユーザーがログインしてテストを受け、情報を盗まれた。

しかも当時のフェイスブックの利用規定では、このアプリにテストを受けた人の友達の情報にもアクセスすることを認めていたため、ケンブリッジ・アナリティカは都合5000万人分の情報を入手し、第三者であるCA社にデータを売却した可能性があるといいます。


同社はその情報をもとに、どんな選挙広告を誰に表示すればいいかのアドバイスを行っていた。
2016年の米大統領選挙では、トランプ陣営のためにもその情報を使っていた可能性がある。
フェイスブック・ユーザーはこれを受けて「Facebookはもう使わない」宣言をした人が増えるいっぽうだという。

2018.03.25 ニューズウィーク日本版


Facebookヤバイよね
自分の情報だけじゃなく
友達の情報まで不正に
流用していたなんて...。


待って。ミニストップのミニオンタルト、可愛すぎでは?


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0560.JPG

ミニストップ各店では2018年3月27日から、アニメーション映画「怪盗グル―」シリーズに登場する人気キャラクター「ミニオン」をモチーフにしたスイーツが数量限定で販売されます。

絵柄は全6種


新発売されるのは「ミニオンバナナチョコタルト」。
ミニオンの大好物である「バナナ」をフレーバーに使った黄色いタルトにミニオンの顔が描かれた、賑やかで可愛らしいスイーツです。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0562.JPG

サクサクのタルト生地の上はホワイトチョコでコーティング。バナナ味のムースにはレアチーズベースを使うことで、コクのあるタルトに仕上げているのだそう。
中にはチョコソースも入っており、バナナとチョコの相性を楽しむことができます。

タルトの上に描かれたユニークなミニオンの絵柄は、ボブ、ケビン、スチュアートを含む全6種。
カラフルで可愛らしい全4種のパッケージも必見です。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0564.JPG

価格は各220円。

2018.03.22 東京バーゲンマニア



Apple、2020年に折りたためるiPhone発売か アナリスト予想
2018年03月24日 08時21分 デジタルニュース
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0528.JPG

Appleがアジアのサプライヤーと協力し、2020年の発売に向けて、折りたたみ可能なiPhoneの開発に取り組んでいるとの情報が浮上しました。Bank of America Merrill Lynchのアナリスト、ワムシ・モーハン氏が投資家らに向けて配布したメモにおいて述べています。
業界アナリストらの間では、数年前から次世代スマートフォンの主流は折りたたみ式になるとの噂が繰り返し浮上しています。Appleも、折りたたみ可能なiPhoneを実現するための技術の特許を数年前から何度も申請しており、以前から強い関心を持っているようです。
LINE NEWSより

Apple、2020年に折りたたみ可能なiPhoneを発売か〜アナリストが予測 
2018年3月24日 07時19分 iPhone Mania

Appleがアジアのサプライヤーと協力し、2020年の発売に向けて、折りたたみ可能なiPhoneの開発に取り組んでいるとの情報が浮上しました。

Bank of America Merrill Lynchのアナリストが予測

Bank of America Merrill Lynchのアナリスト、ワムシ・モーハン氏は現地時間23日、投資家らに向けて配布したメモにおいて、Appleはサプライヤーと協力し、2020年の発売をめどに、折りたためるiPhone(広げた状態でタブレットとしても利用できる可能性もある)を開発している、と述べています。

モーハン氏はこの報告書をまとめる前に、アジアにおいて複数のAppleサプライヤーと面会したとのことです。

ZTEはすでに商品化、Samsungも年内発表との噂

業界アナリストらの間では、数年前から、次世代スマートフォンの主流は折りたたみ式になるとの噂が繰り返し浮上しています。実際、中国のZTEはすでに折りたたみ式スマートフォン「Axon M」を昨年10月に発表しました。またSamsungは2018年末に折りたたみ式スマホの発売を予定しており、今年1月にラスベガスで開催されたCES 2018において、一部クライアントに試作品を披露したといわれています。

一方Appleも、折りたたみ可能なiPhoneを実現するための技術の特許を数年前から何度も申請しており、以前から強い関心を持っているのは確かです。

Source:CNBC
Photo:iDrop News
(lunatic)
iPhone Maniaより

「折りたたみ式iPhoneが2018年以降に登場か」友沢勘九郎/YouTubeより



折りたためるiPhone
需要あるのかな〜?
どう思いますか?
また、どんなケータイが
あればいいと思いますか〜?


↑このページのトップへ