月別アーカイブ / 2018年03月

Uberは、"空飛ぶタクシー"「uberAIR」の実現に向け、2020年に米ロサンゼルスで飛行実験を行うと発表した。NASAとも協力する。


[ITmedia]

米Uberは11月8日、"空飛ぶタクシー"「uberAIR」の実現に向け、2020年に米ロサンゼルスで飛行実験を行うと発表した。4人乗りの小型航空機を使った交通システムを、28年ごろに商用化する計画だ。無人交通管理・無人航空システムについて、米航空宇宙局(NASA)と契約したことも発表した。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0713.JPG
uberAIR:Closer than you think(UberElevate) Uber/YouTubeより

uberAIRは、垂直に離着陸でき、騒音も少ないという4人乗り「電動垂直離着陸車両」(eVTOL)を活用し、人口密度の高い都市で運航する計画だ。まず米ダラスで、次にロスで実験する。

ロスに20以上の離着陸の拠点を持つSandstone Propertiesとの協業し、ダウンタウン、サンタモニカ、シャーマンオークスの乗客にサービス提供する計画だ。

クルマで蓄積してきたUberのデータに基づいてシステムを構築。「渋滞を減らし、乗車時間を短縮できるため、将来的には温室効果ガスの排出量も削減する」とアピールしている。

今後、安全性や騒音、空域、環境への影響、ほかの交通手段との乗り継ぎなどの課題を解決し、2028年のロス五輪ごろ商業化を目指す。

2017年11月10日 ITmediaニュースより



今度のオリンピックには
空飛ぶタクシーですね〜












次はこれ










星獣戦隊ギンガマン
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0643.JPG








星獣戦隊ギンガマン
(せいじゅうせんたいギンガマン)
1998年(平成10年)2月22日開始
1999年(平成11年)2月14日終了
テレビ朝日系列、毎週日曜7:30~8:00
全50話が放送された、東映制作の特撮テレビ。

出演者
  • リョウマ / ギンガレッド:前原一輝
  • ハヤテ / ギンガグリーン:末吉宏司
  • ゴウキ / ギンガブルー:照英
  • ヒカル / ギンガイエロー:高橋伸顕
  • サヤ / ギンガピンク:宮澤寿梨
  • ヒュウガ / 黒騎士ヒュウガ:小川輝晃











_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0630.JPG









古代の民族(衣装含む)で構成され、追加戦士はレッドの兄、恐竜戦隊ジュウレンジャーの再来的な面も見られた。
本作では久々に名称が「ㅇㅇ戦隊××マン」の形式に戻った。(以降は再び~レンジャーに戻る。)当初、企画段階では名称が「ガオレンジャー」になる予定であったが、同時期に放送されていた「勇者王ガオガイガー」と被る為に没ネーミングとなり自重してギンガマンになった。
その後、百獣戦隊ガオレンジャーという名前の戦隊が実際に作られたことは周知のとおり。 
90年代以降ではすっかり貴重となった、現時点で最後の「ㅇㅇマン」という名前の戦隊でもある。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0632.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0631.JPG

まずは、有名なのは照英さん。
自慢で有りながら心優しい性格の戦士を演じており、涙もろく泣きな一面もあるため、序盤でギンガのが封印された際には号泣する姿を見せていた。(今とあまりキャラが変わっていない...笑)

サヤ(ギンガピンク)花の戦士を演じた宮澤寿梨さんも有名でアイドルグループ「ねずみっ子クラブ」の元メンバーでもある。(パチスロが大好きでパチスロ攻略本DXのレポーターもしていた。)
現在はスーパー戦隊シリーズOB・OGらと「ニヤニヤブラザーズ&シスターズ」を結成しライブ活動を行っている。

そして悪役であるバルバンの操舵士シェリンダを演じたあの知る人ぞ知る水谷ケイさん。
衣装エロく大胆なビキニアーマーが特徴的。
またAV女優でもある水谷ケイさんは男性の間では超有名人である。











_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0634.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1873.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1865.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0640.JPG












星獣・銀星獣
宇宙の星々が自らを守るために生み出した、惑星の守護する神秘の獣達。
第6章で力尽き石化するが、それぞれ故郷の星からエネルギーを注入されメカメカしい「銀星獣」へと進化する。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1858.JPG
ギンガレオン
ギンガルコン
ギンガリラ
ギンガベリック
ギンガット


機動馬ガレオパルサー
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1861.JPG
バイクのような機動兵器(名が示すとおり設定上は「馬」だがフロントカウル部はギンガレオンの頭部形状で斬新な収納型) 


巨大戦士
ギンガイオー
超装光ギンガイオー
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1859.JPG
「銀星獣」へと大転生した星獣が「星獣合体」することで銀鎧王(ギンガイオー)となる。

重星獣
ゴウタウラス
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1853.JPG
黒騎士ブルブラックのパートナーでバッファローに似た星獣。
黒騎士ブルブラックが消滅した後は黒騎士を継いだ黒騎士ヒュウガをパートナーと認め共に戦う。


重騎士
ブルタウラス
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1854.JPG
重星獣ゴウタウラスが直立し、黒騎士が巨大化した重騎士を体内に格納することで誕生する。
合体する際はなぜかゴウタウラスの立っている地面が盛り上がる。


鋼星獣

ギガバイタス
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1868.JPG
鮫に似た星獣。
ギガホイールとギガウィングを格納する母艦のような役割を果たす。


ギガライノス
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1869.JPG
サイ型の赤い鋼星獣で、ギガホイールという5台の車両メカが合体して完成。


ギガフェニックス
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1860.JPG
怪鳥型の青い鋼星獣で、ギガウイングという5機のジェットメカが合体して完成。





画像はGoogleより引用


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0543.JPG


HRP-4C & HRP-2 Promet (ROBOFES) 
Plastic Pals
YouTubeより


HRP-4のデモ
YouTubeより


7The Most Advanced Robots
Tech News
YouTubeより


【まるで人間】2足歩行ロボット「Atias」動きヤバすぎバク宙に成功
leap&harvest
YouTubeより


アンドロイド「オトナロイド」日本科学未来館 (National Museum of Emerging Science and Innovation(Niraikan))
日本を今一度せんたくいたし申候。反日国賊を駆除、原発推進、子どもに夢を。
YouTubeより


世界のクールなロボット10選
トップランキング
YouTubeよ


キモいロボットの会社がついに二足歩行ロボットを作った
sora4th
YouTubeより


Humanoid Robot Tells Jokes on GMB!
Good Morning Britain
YouTubeより


石黒浩著『アンドロイドは人間になれるか』出版企画発表会
Bungeishunju LTD
YouTubeより


人手不足「サマンサタバサ」の新入正社員は...
Japan News and Discussion
YouTubeより


表参道「サマンサタバサ」にアンドロイド社員1号 入社前に研修

2018年03月20日
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0542.JPG

原宿・神宮前交差点近くの「サマンサタバサ表参道GATESポップアップデジタルストア」(渋谷区神宮前6、TEL 03-3400-2258)で3月20日、アンドロイド「Samantha U(サマンサ・ユー)」が研修生として働き始めた

今年、「デジタル進化」をテーマに掲げるサマンサタバサジャパンリミテッド(港区)。サマンサ・ユーは、新入社員として人間と同じ雇用形態で4月に入社予定の「アンドロイド社員」1号となる。来店客にアンドロイドとのコミュニケーションを通して「ワクワクや楽しさ」の提供を図るとともに、ロボットは「仕事を奪う」というネガティブなイメージがある中、ランチ休憩が必要ないことなどの観点で「(人間とロボットの)互いを補うチーム作り、共創が働き方改革につながるのでは」という思いを込め、「アンドロイド雇用」を始めた。

サマンサ・ユーの「出身地(製造元)」は、タレント黒柳徹子さんのアンドロイド「totto」や女の子のアンドロイド「ASUNA」などで知られるエーラボ(千代田区)。肌はシリコン製で、「日本人女性の黄金バランス」といわれる顔で化粧もでき、髪の毛も植毛しているためヘアアレンジもできる。そのほか、身長(166センチ)やスリーサイズ(B81センチ・W66センチ・H94センチ)、好きな色(青・ピンク)、休日の過ごし方(昼まで寝る)などの設定もつくった。

入社前研修となる今回は、座った状態で店内に常設。店内のカメラ3台や目に内蔵されているカメラで来店客を認識し、「いらっしゃいませ」などのあいさつや質問に答えるなどの「接客」をする予定。今回はしゃべりに合わせて自動に口が動いたり、表情が変わったりするが、しゃべったり首を動かしたりするのはバックヤードで人間が行う。

初日となったこの日は店舗でお披露目会を実施。同店には同日から約2週間(予定)、米発老舗ラセレクトショップ「Fred Segal(フレッド シーガル)」とコラボレーションコレクションのポップアップショップがオープン。サマンサ・ユウが商品のプレゼンテーションなどを行った。同エリアは外国人旅行客も多いことから「ワールドワイドにサマンサタバサの魅力を発信したい」と意欲を見せた。

入社後は新規事業コラボレーション・イベント事業部に配属予定でイベントへの出席などを予定。給料も発生し、人間の新入社員と同じ金額を予定しているが、メンテナンス費用に充てるという。今後はAIを使い客の顔や好みの色を覚えるなどして、人間の補助無しでの接客を目指す。

営業時間は11時~21時。サマンサ・ユーの研修は4月1日まで。

シブヤ新聞より


人型レスキューロボットが活躍する未来がそこに



イタリアの研究機関が開発した人型ロボット「WALK-MAN」。全長約185cmの等身大サイズで、レスキュー現場などで人のように複雑な動作がこなせる頼もしいヒューマノイドロボットだ。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0554.JPG


消化器のような道具も扱える本格ロボット


「WALK-MAN」は、両腕を自由に使いこなして人のように精密な動きが可能だ。左右それぞれ10kgほどの重さのものを運ぶことができる。

ドアノブを捻ってドアを開けたり、角材を運ぶなどの単純な動作はもちろん、消化器などの道具まで使いこなすことができ、災害時のレスキュー活動をはじめとする様々な現場での活躍が期待されている。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0556.JPG


独自のビジョンシステムで自律的な状況把握も可能


人が外部から行動を遠隔でコントロールする非自律式システムを採用している「WALK-MAN」だが、独自のビジョンシステムで自律的な状況把握も可能で、今後より迅速かつ正確な動作ができるよう自律性能なども向上させていくという。

ロボットの進化が、様々な「現場」の未来を支えていく。


WALK-MAN opereting in a damaged building
Istituto Italiano di Technologia

YouTubeより


2018年02月28日 bouncyより


凄い!
技術はここまで
進んでるんですね〜!

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0537.JPG


↑このページのトップへ