ソニーが10月16日、ウォークマンの限定モデル「NW-A100TPS」を発表しました。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6228.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6243.JPG

1979年に発売されたウォークマン1号機の発売から40周年を記念したモデルとして、発売当時のパッケージを再現したスペシャルボックスに、背面に40周年記念ロゴをプリントした「NW-A105」のブラック、1号機のデザインを模した手帳型専用ソフトケース、ウォークマンロゴや40周年記念ロゴのステッカーが同封されるそうです。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6242.JPG

本体の画面を「カセットテープモード」に切り替え音楽再生すると、初代ウォークマンでカセットテープを再生しているような見た目が楽しめるそうです。
また、再生している音楽ファイルの再生品質によって表示するカセットテープが変化するそうです。
このギミックが半端なく懐かしいですね。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6244.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6232.JPG

主なスペックはNW-A105と同様で、AndroidベースのOSを採用しているので、ストレージ内の楽曲だけでなくSpotifyやYouTube、Apple Music、Google Play Musicなどのストリーミング音楽を楽しめたり、パソコンを使わずに直接音楽をダウンロードする事もできます。
圧縮音源も自動的に"ハイレゾ級"高音質にアップスケーリングするというDSEE HXや、デジタルアンプS-Master HXも搭載しており、高音質パーツとして、「Fine Sound Register」や、ZX300のフィルムコンデンサーを搭載しています。
本体サイズはおよそ幅54.8×奥行き11.0×高さ97.3mm、重量はおよそ103g。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6245.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6248.JPG

現在、ソニーの公式通販サイト・ソニーストアで予約受付を開始しています。
12月15日までの期間限定販売で、11月14日から順次出荷を開始する予定だそうです。
直販価格は4万6200円。

1′06″

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6210.JPG
↑ こちらはウォークマン1号機(懐かしい〜!)