人類は遂に、海に浮かぶ大都市を創造するのかもしれない。

国連の副事務総長Amnia Mohammed氏が、先日の会合で水上都市「Oceanix City」の構想について言及した。

この構想は海岸から1.6kmほどの沖合に人工の島をいくつも浮かべ、島同士を橋でつなげた都市を建設する計画。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6635.JPG

75ヘクタール(東京ドーム16個分)ほどの広さを想定しており、1万人ほどが暮らせる都市を目指して構想されている。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6641.JPG
詳しい情報は公式サイトからチェックすることができる。

都市ごとに自律した生活を実現

「Oceanix City」では太陽光発電や、雨水を利用した淡水供給、農産物栽培などを島の上で生成するシステムを構築し、継続的な暮らしを実現する計画だ。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6637.JPG

移動手段は、シェアリングエコノミーを前提にした水上タクシーや空飛ぶタクシーなどを予定している。

国連は地球温暖化による海面上昇のソリューションとして言及

「Oceanix City」が国連によって言及されたのは、地球温暖化の深刻化に伴い地球の海面が上昇し、将来的に水没する島や都市が出現する可能性があるからだ。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6638.JPG

今のところ、まずはニューヨークのイーストリバーにプロトタイプを浮かべることを目指している。

・ ・ ・

地球温暖化の影響で、すでに海抜の低い国では高潮による被害がではじめている。
海面上昇のソリューションは、人類の叡智が生み出す、沈むことのないアトランティスなのかもしれない。

0:38

Oceanix | Leading the next frontier for human habitation
oceanix.org

2019.05.22 bouncyより