9月19日に、ドイツのハノーバー国際モーターショーでルノーが発表した、ラストワンマイルの配達を担うコンセプトカー「EZ-PRO」。
都市交通量の30%を占めると言われるラストワンマイルの配達を、よりスムーズに変えてくれる未来のコンセプトだ。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6630.JPG

最新のコネクテッド技術を搭載した自動運転EV

「EZ-PRO」は、最新のコネクテッド技術を搭載した自動運転EVで、隊列を組んで走行しルートに応じて分離することでスムーズにラストワンマイルの配達を行ってくれる。

ユーザーはコンシェルジュによる荷物の受け取りのほか、専用アプリから一度限りのアクセスキーを得ることで、24時間365日アクセス可能な車載ロッカーも活用できる。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6631.JPG

シェアモビリティとしての活用も想定

ラストワンマイルの配達の他にも、シェアモビリティとしての活用も想定されている「EZ-PRO」。
物流業界の様々なニーズを満たせるモジュール設計を採用しており、都市に合わせてカスタマイズされた次世代の物流網を構築することができる。

次世代のモビリティが物流の未来を軽やかに描いていく。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6632.JPG





2018.09.26 bouncyより