NASAが主催している、3Dプリンターを使った住居建築の世界大会で優勝した「MARSHA」。
火星で採取できる素材を利用し、すべて3Dプリンターで全自動で作られる。
この新しいスペースコロニーは、宇宙での生活をより現実にしてくれそうだ。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6673.JPG

火星でも十分生活できる

「MARSHA」は玄武岩繊維とバイオプラスチックを使用し、火星で採取できるものだけで作られている。
マシンが全自動で作ってくれるのも頼れるポイント。

火星は最高気温が20°、最低気温が−140°と地球では考えられないほどの温度差がある。
そのため、構造は独自のデュアルシェルシステムを採用しており、火星の急激な気温変化に耐えられる仕組み。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6674.JPG

一度は行ってみたい夢のSF世界

「2001年宇宙の旅」「インターステラー」をはじめとするSF映画は数多く存在する。
そんな宇宙の世界を現実のモノに感じさせてくれる「MARSHA」。
外見のデザインも素敵だが、中身もSF好きにはそそられる内容となっている。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6675.JPG

火星移住はまだまだ遠い未来かもしれないが、一度こんな場所での生活を体験してみたい。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6676.PNG

・ ・ ・

3Dプリンターで作られた未来のスペースコロニー「MARSHA」。
いつか人類が火星に出向いたときには、快適な宇宙空間を楽しめるかも?

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6677.JPG

1:00


AI SpaceFactory
AI SpaceFactory is a multi-planetary architectural and technology design agency, building for earth and space.
www.aispacefactory.com

bouncyより