母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4852.JPG

アメリカでは、5月の第2日曜日に祝い、日本もそれに倣っているが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。

アメリカでは南北戦争終結直後の1870年、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが、夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり「母の日宣言」(Mother's Day Proclamation)を発した。

これは、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービス(Ann Jarvis)の活動にヒントを得たもの。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4860.JPG
アン・ジャービス(Ann Jarvis)

ジャービスの死後2年経った1907年5月12日、その娘のアンナは、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、母が好きだった白いカーネーションを贈った。
これが日本やアメリカでの母の日の起源とされる。

1913年に青山学院で、母の日礼拝が行われた。
アンナ・ジャービスから青山学院にメッセージが届き、当時青山学院にいた女性宣教師たちの熱心な働きかけで、日本で「母の日」が定着していくきっかけとなったとされる。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4863.JPG
青山学院中等部 母の日礼拝の様子

1937年(昭和12年)5月8日に、第1回「森永母の日大会」(森永母を讃へる会主催、母の日中央委員会協賛)が豊島園で開催された。
その後、1949年(昭和24年)ごろからアメリカに倣って5月の第2日曜日に行われるようになった。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4855.JPG
豊島園で開催された第1回母の日大会の様子

なお、あまり知られていないが、5月5日のこどもの日は、国民の祝日に関する法律第2条によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝すること」が趣旨となっている。

母親が健在の場合は赤いカーネーションを贈り、母親が死去されている場合は白いカーネーションを贈ることが一般的である。

Wikipediaより


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4867.JPG

"カーネーション"という名前の語源は、諸説あります。
その中でも、カーネーションの赤い色がお肉の色に似ていることからラテン語で"お肉の色"を意味する『カルニス』からカーネーションになった…とする説。
イギリスで冠を飾るお花として利用されていたことから『戴冠式』を意味する『コロネーション』がカーネーションになった…とする説が有名だそうです。

カーネーションが日本に伝わって来たのは、江戸時代です。
オランダから伝わって来たので『オランダ石竹(せきちく)』と呼ばれていました。
『石竹』は、日本に古くから自生するナデシコ科の多年草のことです。
この『石竹』と同じ、ナデシコ科のお花がオランダから伝わったことで『オランダ石竹』という和名が付けられたそうです。
現在もカーネーションの和名には『オランダ石竹』の他に『オランダナデシコ』とも呼ばれています。


ニッポン放送より